FX

SplashSystem(スプラッシュシステム)【フリー口座版】

SplashSystem(スプラッシュシステム)【フリー口座版】



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

Splash System(スプラッシュシステム)【フリー口座版】

■商品詳細:

エキスパートアドバイザー(EA)

本EAは「追撃ポジション」+「ヘッジング」という2つの売買技術により柔軟にマーケットに対応するEUR/JPY(ユーロ円)を対象通貨とした追撃ポジショニングシステムです。

■商品内容:

「ex4ファイル」「はじめにお読み下さい(PDF2ページ)」「設定マニュアル(PDF5ページ)」

■ジャンル:

FX

■販売価格:

34800円

■販売者名:

トレーディングオフィス 富崎省吾
★FX☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

Splash System(スプラッシュシステム)【フリー口座版】
Splash System(スプラッシュシステム)|トレーディングオフィス ソフトウェアプログラミング 電子出版| インフォトップ
 ソフトウェア名 :
SplashSystem(スプラッシュシステム)
  
 対象通貨

FX EUR/JPY
 トレードタイプ

デイトレード
 最大ポジション数 : 
「4」 ※設定により変更可
 動作環境 :
取引プラットフォーム「メタトレーダー4」上で動作
 バージョン情報

最新バージョン
V1.7
 
※ソフトウェアは販売タイプとなります。月額費用等は一切掛かりません。また本製品は「フリー口座版」です。口座制限等はございません。
本EA(エキスパートアドバイザー)はFXトレードに特化した戦略プログラムです。
対象通貨はEURJPY(ユーロ/円)専用となります。
本EAの特徴はマーケットの1日の動きの中の短期トレンドに対して、順張り方向に仕掛け、そのトレンドに追随して
を取ることにより利益の最大化を図る点にあります。 
またトレンドが持続せず短期的にマーケットがレンジを形成してしまう場合は
を用い損益を固定させ、次のトレンド発生に備えることで追撃ポジションのデメリット分を補います。
本EAは「追撃ポジション」+「ヘッジング」という2つの売買技術により柔軟にマーケットに対応する業界最高水準の追撃ポジショニングシステムです。
※EAとは取引プラットフォーム「メタトレーダー4」上で動作するソフトウェアです。
※データはスタート資金10,000ドル 0.1ロット(1万通貨)固定で検証実施
  システム主要データ Splash
System  対象通貨 EUR/JPY   期間:2010.01~2018.02   損益(ドル):+27,537   プロフィットファクター:1.30   売買回数:4788   勝率:48.98%
ここでEAを選定する重要なポイントについて、また運用のポイントとしてシステムトレードにおける資産増加パターンについて触れておきたいと思います。
EAを選定する重要なポイントとしてまず
・ロジックに再現性があること
が挙げられます。
本EAはフォワードテストを開始してから、既に1年以上が経過しております。上記の「フォワード運用状況」をご覧いただくとお分かりになるかと思いますが
を収めています。これはロジックが机上の空論ではなく、実際のマーケットでも機能する「再現性」があることの証明です。
そして次にEAを選定する重要なポイントとして
・運用失敗時に資金の大半を失ってしまうような過度のリスクを取らないロジック構成であること
が挙げられます。
高リスクなロジックの代表格として
・ナンピンを過度に繰り返すロジック
・マーチンゲールを用いたロジック
が挙げられるわけですが、本EAのロジックにはを採用していますので過度のリスクを取ることなく比較的安全な運用が可能です。特にマーチンゲール型のシステムはリスク管理が難しく、1セットのトレードで全ての資金を失ってしまう場合もありますので注意が必要です。
では次に運用のポイントとしてシステムトレードにおける資産増加パターンについて触れておきたいと思います。
システムトレードにおける資産増加パターンとして、「システムが得意としないマーケット状況(フラットゾーン)」と「システムが得意とするマーケット状況(プロフィットゾーン)」が必ず存在します。この2つのゾーン「フラットゾーン」と「プロフィットゾーン」を繰り返しながらトータルで利益を上げていくことになりますので、実際の運用局面においては中・長期的な目線が必要になります。特にあらかじめ「フラットゾーン」が存在するということを知っておくことでメンタル面におけるストレスも軽減されるかと思います。 
本EAの場合、システムのリスク値等を考慮致しまして
資金10,000ドル(約100万円)に対して0.1ロット(1万通貨)での運用をリスク上限値
の目安とされて下さい。
資金が10,000ドルであれば0.1ロット(1万通貨)程度
資金が1,000ドルであれば0.01ロット(1千通貨)程度がリスク上限の目安となります。
各ユーザー様のリスク許容値に合わせリスクを厳格にコントロールされて下さい。
本EAは「追撃ポジション」+「ヘッジング」という2つの売買技術により柔軟にマーケットに対応する業界最高水準の追撃ポジショニングシステムです。
 
ここでは本EAのロジックの肝となる「追撃ポジション」と「ヘッジング」について解説していきます。
追撃ポジションとはトレンドに追随してポジションを積み増す売買技術となります。
 
実際にプロのディーラーが用いる売買技術となり、トレンドが持続した場合、利益の最大化を図ることができます。
またトレンドが持続しない場合はポジションを積み増すことはありませんので、損失を最小限に抑えるという利点もあります。
追撃ポジションはポジショニング方法自体で「損小利大」を実現できるという優位性を持っており、当オフィスでも以前より注目していたトレード手法となります。
追撃ポジションのデメリットとして先に解説しましたように、トレンドが持続しない場合やマーケットがレンジを形成してしまった場合に損失を出してしまうことが挙げられます。
ヘッジングとはいわゆる両建てのことになりますが、買いポジションと売りポジションを同数量保有しますと、当然のことながら、その後マーケットが上下どちらに動いても損益は変わらず固定されたままとなります。
損益を固定させることから、実際にはポジションを切っていないにも関わらず、決済を行った場合と同じ状況を作り出すことができます。
つまりはヘッジングという売買技術をうまく利用すれば、無駄なロスカットを軽減させることが可能となるわけです。 本EAでは上記のような場合に「ヘッジング」により損益を固定させ、次のトレンド発生に備えることで無駄なロスカットを軽減させ、追撃ポジションのデメリット分を補います。
そして、ひとたびトレンドを捉えれば追撃ポジションにより集中的に利益を獲得します。
先にも触れましたが、いずれ破綻するセオリーとしてリスク管理が甘いナンピンロジック・マーチンゲールロジックが挙げられます。
上記のロジックはいずれもマーケットが逆行した場合に新たなポジションを取っていき、マーケットの反転を待ちますので、マーケットがなかなか反転しない場合は損失がどんどん膨らんでいく高リスクなトレード手法となります。
首尾よくマーケットが反転した場合でもポジション全体でプラスとなった地点で決済となりますので、リスクは大きく利益は小さくなる傾向があります。
 
本EAで採用している追撃ポジションはこれらとはまったく逆の発想で、マーケットが順行した場合にのみ新たなポジションを取っていきますので、自ずと「損小利大」のトレードになる傾向があります。
言い方は少々雑ですが「いずれ破綻するセオリー」の真逆、放置しておけば「いずれ利益を上げるシステム」という発想より本EAは構築されています。
当オフィスではシステムの統計的有意性を得るのに検証期間5年以上、試行回数(トレード回数)1,000回以上を1つの基準としておりますが、今回のシステムは試行回数が約5,000回に及びます。
本EAのトレードタイプはスキャルピングタイプではありません。デイトレードタイプという時間軸でこれだけの手数を誇るのは過剰最適化を行っていないからに他なりません。
正直、過去のデータに合わせ、フィルタリングを掛けることで、エントリーポイントを絞り、過去のデータ上、より高プロフィットファクターなシステムを構築することは可能です。
しかしながらそのようなシステム構築では長期に渡りシステムが実際のマーケットで機能することはおそらく不可能でしょう。
当オフィスでは過去のデータにフィッティングさせていくだけの小手先のシステム構築ではなく、ロジックそのもののエッジを最大限に引き出すことを念頭に置き開発を行っています。
 
本EA「Splash
System(スプラッシュシステム)」は「追撃ポジション」+「ヘッジング」という2つの売買技術により柔軟にマーケットに対応する業界最高水準の追撃ポジショニングシステムです。
  
ポジショニング方法自体で「損小利大」を実現できる「追撃ポジション」に加え、トレンドが持続しない場合のデメリットを「ヘッジング」という売買技術で補うことにより、バランスの取れたシステムに仕上がっていると自負しております。
 
また本EAはすべてのメタトレーダー4採用ブローカーに対応していますので、様々なトレードシーンで活躍するEAです。本EA「Splash
System(スプラッシュシステム)」が皆様のトレードの一助となれば幸いです。
 
  
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
1
証拠金取引は価格変動リスクを伴い、投資額を上回る損失を被る可能性があります。また取引業者の売買手数料がかかる場合があります。
2  
本製品のシステムデータは過去のデータに基づき計算したものであり、将来の利益を保証するものではありません。
3  
本製品・サービス内では投資助言に該当する内容のご質問等にはご回答致しかねますのであらかじめご了承下さい。
製品はすべてダウンロードでのご提供となります
「ex4ファイル」「はじめにお読み下さいPDF
2ページ」「設定マニュアルPDF
5ページ」
ソフトウェア動作環境
CPUメモリHDDOS
Core2 Duo 1.8GHz以上2GB以上空き容量1GB以上Windows XP,WindowsVista,Windows
7 
  
<プライバシーポリシー>
当オフィスは関係法令等を遵守し、実施するあらゆる事業において、個人情報の保護に努めます。当オフィスが取得した個人情報は使用目的をできる限り特定するとともに、その使用目的の範囲でのみ使用致します。法令等の規定に基づく場合を除いて、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく第三者に提供することはございません。
<リスク警告>
外国為替取引はすべての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。レバレッジは一層大きなリスクと損失の可能性を生み出します。外国為替
取引を決定する前に、投資目的、経験の程度およびリスクの許容範囲を慎重に考慮してください。当初投資の一部または全部を失うことがあります。したがって
損失に耐えられない資金投資をしてはなりません。外国為替取引に関連するリスクを検討し、疑義があるときは中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
Splash System(スプラッシュシステム)【フリー口座版】
fxの追撃について追撃すると、ポジション値は平均されるのでしょうか?
そうですね、平均と言うより(平均か)損益分岐点が変わります
FPSゲームについての質問です。皆さんは、C4爆弾などってどの辺に仕掛けていますか?僕の場合は建て物の入り口などの、詳しく見てみないと気がつかないところなどに仕掛けています。このような使い方って正しいでしょうか?また、手榴弾などってどのタイミングで使いますか?僕はあまり使わないので、正しい使い方を教えていただきたいです。回答待っています…
個人の考えですが爆発系はキル目的ではなく牽制や索敵、追撃の運用が主だと思います。敵が居そうなところにグレを投げれば兵士が声を出したり場所を移動せざるえなかったりします。また障害物に隠れてしまいトドメをさせない相手に対して追撃したり、厄介なポジションにいるキャンパーに牽制を加えたり、集団でドンパチしてる輩にプレゼントボムしたりなど、リーサル単体でのキルは目的としません。C4は任意起爆で地雷じゃないですよね?自分は上記の使い方で変わりませんが即起爆できるのと近距離でも扱いやすいということでクリアリングや確実に来るであろう敵に対してカウンターに食らわせるって感じです。C4の方がキル主体の運用になりやすいかもしれません。C4をバレにくいところに置いていつ起爆するのかはわかりませんが、もし出待ちなら効率的ではないのでオススメしません。まぁキャンパーとしては常套手段なのでアリかとは思いますが、その運用ならクレイモアや地雷系の方が安定と自分は思ってしまいます。あえて見え見えの位置に置いておいて発砲させて索敵に使うなんてのも面白いかもしれません。
政府の外貨準備金―全部ドル建てであると仮定します―について質問します。円高ドル安になれば、日本政府は為替損を被る。しかし、円の購買力が高まれば、国民の富が増大するので、先引きトントン・・日本国総体的には損得なし・・という理解は正しいですか。ドル=円のレートが同じで、ドルがユーロに対して安くなった場合・・ヘッジングをしていない場合と比較して、政府も国民も損をする・・という理解は正しいですか。よろしくお願いします。
日本の場合、外貨準備は日銀と財務省の外国為替資金特別会計が保有しています。外国為替資金特別会計は、ドル買い円売り介入などで買い入れたドルなどを、外貨のまま保有・運用しています。このため、円高ドル安になれば、含み損が発生しますが、原則としてドル売り円買い介入以外円に戻すことがないので、実現損にはなりません。「円の購買力が高まれば、国民の富が増大する」という説は「?」です。日本経済は円高になると不況に見舞われますし、外貨建て資産を保有している金融機関や個人、年金も痛手を被ります。もちろん、購買力が高まる(輸入品などを安く買える)というメリットもありますが、メリット・デメリットどちらが大きいかは立場によって変わるのでしょう。ドル/円のレートが同じで、ドルがユーロに対して安くなると、ユーロは円に対して高くなります。でも、ユーロ建て資産を持っていなければ、政府も国民も損をするとはいえないのでは?それなら、これまで米国株での運用比率が低かった日本の年金受給者は大損をしていることになります(笑)。ご参考になれば幸いです。
クロスカレンシーヘッジングとは。対円で似た値動きをする通貨A、通貨Bがあり、通貨A国の金利>通貨B国の金利ならば、通貨Bの売り予約をしておけばヘッジコストが削減できるらしいのですが、よくわかりません。通貨Bで運用してたらコスト削減にはなりませんし、通貨Aで運用してたら通貨Bの売り予約をしたところで意味がないのではないのですか?
>クロスカレンシーヘッジングとは。>(略)意味がないのではないのですか?Yes!意味無いです。意味ないっていうかほぼ必ず損します。でも手数料は2回分いるし業者にとってはイイお客さんです。どっかの初心者のアホが考えだした「必ず損する技」にさらにどっかのアホがカッコイイ名前つけただけです。バクチのリスクヘッジにもう一個バクチやるとか「相場を誤解」してるとしか思えません。
全盛期のアリスター・オーフレイムとクリス・バーネットが総合格闘技ルールで対戦したら、どんな展開で勝つ?。補足肘打ち:3点膝:4点膝:踏みつけ:サッカーボールキック有効5分5ラウンド:延長5ラウンド:オーフレイムは265.9ポンドクリスは335.8ポンドTKO・KO・判定・ドロー・一本決着場所は金網出来れば試合経過でも書き込め。
リクエストマッチクリス・バーネットも良い選手ですな。あの身体であの動き。互いに打撃が得意。パンチや蹴り、膝を交換する両者。それぞれ単発でヒットするが決定打にならず。バーネットの打撃はやや軽い。アリスターの打撃は威力はあるが、バーネットが打たれ強い感じ。2ラウンド。バーネットがパンチを出しながら突進し、アリスターを金網に押し付ける。そのままアリスターをテイクダウンし、サイドポジションを取る。アリスターは横に回転し逃れようとするが、バーネットはそれを利用して、中腰のアリスターのバックポジションを取る。そして、そのまま左右のスイングパンチをアリスターの頭部に連発する!アリスターピンチ!前方に前転し、距離を取ろうとするアリスター。追撃を狙うバーネットだが、ここで2ラウンド終了のゴング。3、4ラウンド膠着が続き、最終5ラウンド。再びパンチを出しながら突進するバーネット。ややスタミナ切れか。そのままタックルにいこうとした瞬間、アリスターの左飛び膝蹴りが、斜め下からアゴに炸裂!たまらず片膝を着くバーネット。アリスターは間髪入れず、バーネットのテンプルにスイングの右フック1発。亀になるバーネットにサッカーキック!更に上からパンチの雨を降らせる!レフェリーストップでアリスターの勝利!