FX

MT4・EA・極1・移動平均線 CD-ROM

MT4・EA・極1・移動平均線 CD-ROM



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

MT4・EA・極1・移動平均線 CD-ROM

■商品詳細:

メタトレーダー4のEAを収録しています。
kiwame01_ma_zyunbari(ex4データ)
移動平均線を活用した順張りトレード、 ユーロドル(日足)で最適化しています。
トレード成績(10万通貨、バックテスト)
2007年 +852000円
2008年 +452000円
2009年 +47000円
2010年 +1138000円
2011年 +261000円
2012年 +620000円
2013年3月まで +71000円
2006.4~2013年3月までバックテストは右肩上がりの成績です。大きな損失もなく安定した成績を毎年残しています。
20移動平均線と200移動平均線を利用してスイングの順張り、数日から数週間のスイングトレードを得意としています。

kiwame01_ma_doten(ex4データ)
移動平均線のドテン型順張りトレードです。
古典的でシンプルなドテントレードですが、パラメーターを変更することでパフォーマンスを調整できます。

EA解説マニュアル(テキストデータ)、 MT4基本操作マニュアル(PDFデータ)

【EAパラメーターの一覧】
変更できるパラメーターは以下の通りです
・インジケーターの設定値
・利食いpips数
・損切りpips数
・ロット数
・マジックナンバー
・トレーリング値幅pips数
・トレーリングステップpips数
・パスワード
・売買開始時刻
・売買終了時刻
・売買曜日設定(月曜-土曜)

【動作環境】
対応OS Windows XP・VISTA・7・8・10(32/64bit)全て動作可能
CPU 800MHz以上(1GHz以上推奨)
メモリの容量 1GB以上(2GB以上推奨)
ハードディスクの空き容量 512MB以上(1GB以上推奨)

【内容物】
Windows CD-ROM1枚
MT4・EAプログラム2種類、EAマニュアル(text、1ページ相当)、MT4基本操作マニュアル(PDF、19ページ相当)

■商品内容:

CD-ROM 1枚

■ジャンル:

FX

■販売価格:

12700円

■販売者名:

舟城 伸一
★FX☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

MT4・EA・極1・移動平均線 CD-ROM
MT4・EA・極1・移動平均線(CD-ROM)
‘)
メタトレーダー4のEAを収録しています。
kiwame01_ma_zyunbari(ex4データ)
移動平均線を活用した順張りトレード、 ユーロドル(日足)で最適化しています。
トレード成績(10万通貨、バックテスト)
2007年 +852,000円
2008年 +452,000円
2009年 +47,000円
2010年 +1,138,000円
2011年 +261,000円
2012年 +620,000円
2013年3月まで +71,000円
2006.4~2013年3月までバックテストは右肩上がりの成績です。大きな損失もなく安定した成績を毎年残しています。
20移動平均線と200移動平均線を利用してスイングの順張り、数日から数週間のスイングトレードを得意としています。
kiwame01_ma_doten(ex4データ)
移動平均線のドテン型順張りトレードです。
古典的でシンプルなドテントレードですが、パラメーターを変更することでパフォーマンスを調整できます。
EA解説マニュアル(テキストデータ)、
MT4基本操作マニュアル(PDFデータ)
【EAパラメーターの一覧】
変更できるパラメーターは以下の通りです
・インジケーターの設定値
・利食いpips数
・損切りpips数
・ロット数
・マジックナンバー
・トレーリング値幅pips数
・トレーリングステップpips数
・パスワード
・売買開始時刻
・売買終了時刻
・売買曜日設定(月曜-土曜)
【動作環境】
対応OS Windows XP・VISTA・7・8・10(32/64bit)全て動作可能
CPU 800MHz以上(1GHz以上推奨)
メモリの容量 1GB以上(2GB以上推奨)
ハードディスクの空き容量 512MB以上(1GB以上推奨)
【内容物】
Windows CD-ROM1枚
MT4・EAプログラム2種類、EAマニュアル(text、1ページ相当)、MT4基本操作マニュアル(PDF、19ページ相当)
MT4・EA・極1・移動平均線 CD-ROM
特別販売価格 12,700 円(税込、送料無料)
MT4・EA・極1・移動平均線 CD-ROM
MQL4(MT4)プログラミングについての質問です。自分でMQL4でMT4上で動作するEAを作成しています。先日作ったコードで、EAを動作させていなかったのに、[OrderSendError]:4109tradeisnotallowedintheexpertpropertiesがでて不思議に思っています。(エラーの意味は理解しております)動作させていなかったというのは、1チャート上のニコチャンマークをクリックして「全般タブ」の「自動売買」の「自動売買を許可する」のチェックをはずし、かつ2「ツール」>>「オプション」>>「エキスパートアドバイザ」タブの「自動売買を許可する」のチェックをはずしていました。上記をどちらもはずしていたので、そもそもEAのプログラム自体が動作していないはずなのに、上記エラーがでることが不思議に思った次第です。(どちらか一方をはずしているだけでもEAは動作しないはずと理解しています)どなたかお分かりになれば教えてください。
カテゴリマスターMT4→ヘルプ→ヘルプトピックス→ClientTerminal→クライアントターミナルの設定→エキスパートアドバイザタブの説明によると「?自動売買を許可する?このオプションは、エキスパートアドバイザやスクリプトによる取引操作の有効・無効を切り替えます。無効になっている場合、スクリプトやエキスパートアドバイザは動いていますが、取引はできません。」との事で、EAは基本的に設定値によって停止するという事はなく、トレード用の関数を呼び出した時に注文が通るか通らないかという事のようです。
MT車の操作について教えてください車種はインプレッサstiGVBになります。5速→4速にシフトダウンする時に、回転数を合わせる為アクセル煽って回転数を合わせてるのですが、たまに煽ってるのに回転数が全然あがらずそのまま繋いでしまいショックが起きちゃう時があります。この現象の原因は何が考えられますでしょうか?また改善方法はありますでしょうか?この現象は5速→4速にシフトダウンするときのみ起こります。ご回答よろしくお願いいたします
>この現象の原因は何が考えられますでしょうか?乗り手の技術不足>また改善方法はありますでしょうか?無理せずに基本に忠実に運転しましょう。教習所でシフトダウンするときにアクセル煽るような操作を習いましたか?
FXズブの素人です。mt4をパソコンとアンドロイド版で触ってます。勉強はじめたてですが、デモトレードにて、操作方法を触りながら覚えている段階です。(メンターはいますが、設定や、基本操作、最低限の事はなるべく自己理解しなければな状況です。)質問ですが、PCのmt4のチャートにて、USDJPYH4→このH4はどんな意味でしょうか。ドル円のチャートが複数出ていて、H4となっているものが表示されない状態です。また、なにか分からない単語や1操作ごとに検索していますが、若干非効率だなと感じてます。初期に操作方法、基本事項などどのような方法で覚えたのか、経験者の方にアドバイスいただきたいのですが。
https://www.amazon.co.jp/FX%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%88%E3%83%AC%E3%…このシリーズの本はMT4を覚えるのに最適です。初心者様に出来ています。H4=4時間足D=日足W=週足MN=月足M=分足頑張ってください。
MTのギアチェンジについてです。路上では主に3を使っています。まっすぐな道路が多いところで制限速度が50や60の時には4に変えていますがMTに乗るならもう少しギアチェンジをしたいと思いました。そこでギアチェンジをする回数を増やしたいのですが、基本的に4、坂道がきたら3、まっすぐな道なら5にするという変え方で大丈夫でしょうか?それとも基本的には5にするのがいいのでしょうか?
MTの場合、「臨機応変」ということが重要になってきます。逆に、そういう判断をするためにはきちんとした理由が必要。理由があるから、そのシーンで適切なギアを選択します。最近は見かけなくなりましたけど、昔は3速MT、4速MTがありましたし、今でも6速MTがあります。そういう車に巡り合った時にどうするのですか?「路上では主に3を使っています」・・・どうして3速を使うのですか?「坂道がきたら3」・・・どうして、4速、2速、1速じゃダメなのかな?「MTに乗るならもう少しギアチェンジをしたいと思いました。」・・・これも、どうしてそんなことを考えたのでしょうね?その方がカッコイイと思ったから?それならそれで結構ですよ。キチンとした動機があるんですから学習もできるはず。基本になってくるのはエンジンの回転数です。車によって多少の差はあるでしょうけど、1000~3000rpm:巡行で使う回転域。2500~4000rpm:(低いギアで)加速するときに使う回転域4000~6000rpm:急加速あるいはスポーツ走行で使う回転域こんな風に考えます。別の考え方になりますけど、自動車のエンジンは600~6000rpm程度の範囲でしか使えません。これが0~20000rpmなんて言う特性だと、トランスミッションはいらなくなります。エンジンのパワーが出る回転域とそうじゃない回転域を使い分けるのがトランスミッションで、ドライバーが自分の意志で切り替えるのがマニュアル。トランスミッション自体が自動で行ってくれるのがオートマチックという事。巡行で使う回転域は、速度で大きく変わってきますが、50km/h以上なら一番高いギアで考えればいいはず。速度によって回転数が変わってきます。その速度で、よりエンジンの回転数を抑えるわけですから、燃費もよくなります。発進からの加速、巡航速度までの加速で使うのが次のゾーンで、1速ではフォローしきれなくなるので2速、さらに3速とシフトアップしていきます。ここでも加速のさせ方の考え方によって、ギアの切り替え方が変わります。1速で6000rpmくらいまで引っ張るという走り方もあるんですけど、街中ではたいてい速度違反になります。そこでいきなり4速とか5速にシフトするという方法もあります。前に車がいると、そんな事できませんから、1速で2000rpmくらいまでゆっくり引っ張って、シフトアップしていくという方法もあります。一般的に引っ張るほど燃費は落ちます。加速が完了して巡航速度に達したからといっても4速とか5速にシフトしないことだってあります。目の前にカーブが来ているとか、先が分かりにくくてひょっとしたら障害物があるかもしれない場合など、色々です。低いギアのまま急加速して切り抜ける場合もありますし、強力なエンジンブレーキで危険を避けることだってあります。基本的には、状況を見て自分がどのように走りたいかで決めることですから、一概に「こうする」なんて言う話じゃないです。ただ、サーキットとかであれば、「早く走る」というはっきりした目的がありますから、操作の選択肢は少なくなるはずです。
MT車の運転(AT限定解除)この度AT限定解除するため教習所へ行き始めました。AT歴は14年ほどになります。現在2時限の教習を終えた段階で、発進時、停止時の基本的な作法はなんとなくわかるようになってきたのですが、微妙な場合、完全に一旦停止する場所でないところ(例えば交差点の右折、左折待ちや、前が詰まっててトロトロ前進しているような場合や、ちょっとしたカーブなど)での足の動かし方とシフトチェンジがイマイチよくわかりません。ほんとうに一瞬だけでもグッとブレーキを踏むような場面(完全停止ではない)では、クラッチを切ってロ-ギヤから入れ直すもんですか?そこはギヤそのままでクラッチの操作(半クラ)だけでいっても大丈夫なんでしょうか?微妙~でどうしたらいいかわからない時、いつも左足が中途半端にクラッチを踏んでしまいなんとなくフワっとやり過ごしてしまいます。アドバイスをお願いします。
発進時にしかローにはしません。ローは発進用と考えてよいのではないですか。シフトのことなど気にしなくても、そのうち分かる様になります。要はエンストしなければ良いのですが、エンストする前は車がガタガタいいますので、そうしたらクラッチ切って、シフトダウンをすれば良いのですから。また、3、4速のまま低速走行していると、再加速するときに加速できなくなります。でも、それも、再加速するときにシフトダウンすれば良いので、とりあえずシフトのことなど考えず運転してみれば良いのですよ。そうすれば、必然的にどうすれば良いのか、車が教えてくれます。