FX

トラリピ&ナンピン難平で勝つ最新戦略法DVD

トラリピ&ナンピン難平で勝つ最新戦略法DVD



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

トラリピ&ナンピン難平で勝つ最新戦略法 DVD

■商品詳細:

トラリピやナンピンで勝つ最新戦略法を学ぶDVDです。トラリピとナンピンによるトレードを理解して効率的に利益を稼ぐ方法を解説しています。ナンピントレードをやる上で大事なポイントを基礎から解説します。チャート上に水平線やトレンドラインを引いて分析する方法を詳しく解説しています。またシステムで難平シミュレーターを再現して損益分析結果を公開致します。トラリピやナンピントレードをこれから覚えたい方にオススメする内容です。

1.トラリピ&ナンピン最新戦略法
2.トラリピ・ナンピンとは?
3.トレンドとレンジの理解
4.高値安値の理解
5.水平線とトレンドラインの理解
6.価格と確率の理解
7.ナンピンと指値の仕掛け
8.ナンピンを仕掛けるタイミング
9.ナンピンと期間の理解
10.ナンピンの方向性を理解する
11.ナンピンと移動平均線の利用
12.ナンピンのリスクを理解する
13.難平シミュレーション解説
14.難平シミュレーション損益分析
15.トラリピ&ナンピンの注意点

■商品内容:

DVD1枚

■ジャンル:

FX

■販売価格:

12700円

■販売者名:

舟城 伸一
★FX☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

トラリピ&ナンピン難平で勝つ最新戦略法 DVD
トラリピ&ナンピン難平で勝つ最新戦略法
‘)
トラリピやナンピンで勝つ最新戦略法を学ぶDVDです。トラリピとナンピンによるトレードを理解して効率的に利益を稼ぐ方法を解説しています。ナンピントレードをやる上で大事なポイントを基礎から解説します。チャート上に水平線やトレンドラインを引いて分析する方法を詳しく解説しています。またシステムで難平シミュレーターを再現して損益分析結果を公開致します。トラリピやナンピントレードをこれから覚えたい方にオススメする内容です。
1.トラリピ&ナンピン最新戦略法
2.トラリピ・ナンピンとは?
3.トレンドとレンジの理解
4.高値安値の理解
5.水平線とトレンドラインの理解
6.価格と確率の理解
7.ナンピンと指値の仕掛け
8.ナンピンを仕掛けるタイミング
9.ナンピンと期間の理解
10.ナンピンの方向性を理解する
11.ナンピンと移動平均線の利用
12.ナンピンのリスクを理解する
13.難平シミュレーション解説
14.難平シミュレーション損益分析
15.トラリピ&ナンピンの注意点
※トラリピは株式会社マネースクウェア・ジャパンの商標登録です。
※DVD収録時間は60分前後です。
トラリピ&ナンピン難平で勝つ最新戦略法 DVD
特別販売価格 12,700 円(税込、送料無料)
トラリピ&ナンピン難平で勝つ最新戦略法 DVD
ナンピンって最悪ですか?今4銘柄株を購入しています。勉強しても、なかなか思うようにはいかず、値動きの少ない銘柄と値動きが少しある銘柄とで分散して、株価がここまで下がったらナンピン、利益が少し出たらさっさと撤退、というルールを決めました。損切は重要とはよく聞くし、その通りだとは思うのですが、損切すると翌日株価が戻る経験を何度もしているので、損切は一切やめてしまいました。1年ほどの塩漬けは覚悟です。結果、株価が上がっている銘柄は買い増しを全くしていず、下がっている銘柄ばかり株数が増えてしまいました。で、負債が増える一方です。このルールは間違えだったのでしょうか。
ナンピン肯定派です。ナンピンするんなら、資金と相談して、計画的に行わないと利益につながりません。私は株の場合は、おおきな波を細かい分割で買って行きます。直近では次のように売買しました。銘柄選びは、東一からできるだけ出来高のあるものを選びます。上がったり下がったりの波があるものがやりやすいです。買いは、日足を見て、直近高値から2回月を跨いだら買い始めるのを基本とし、2ヶ月間、下げたら買う、をひたすら続けます。値動きによりますが、20分割くらいになるでしょうか。私の手がけた銘柄のひとつは横浜ゴムです。日足を見てください。7月中旬くらいが山の頂に見えます。そこから、8月-9月-10月を経て、11月から買い始めます。下げたと思ったら翌日寄り成りで買います。大きく下げたら、枚数を増やします。これで平均値が下がります。12月まで細かく買いました。現在、まだ持っています。そろそろ、つなぎを入れる予定です。つなぎも、一発で入れるのではなく、細かく入れます。基本は、吹いたら即つなぎ売りです。さて、このような分割買いは、厳密には「買い下がり」ではありません。時間を分けて買っていることになります。銘柄を分散するのではなく、時間を分散しているのです。お分かりになりますでしょうか?チャートは縦軸に価格、横軸に時間です。価格と時間は私にとって同じくらい重要なのです。相場で利益を出すためには、いろんなアプローチがあって良いと思います。私も商品と短期のFXは順張りです。ですが、逆張りも有効です。ナンピンがだめとか書籍を鵜呑みにするのではなく、ご自身なりのアプローチを確立するように工夫を凝らしてください。
仮想通貨、ナンピンとは、何ですか?
株式など相場の売買手法の一。買い建てた後に価格が下落した場合、下値で買い増しすることで、1株あたりの買い値(平均取得価格)を下げる手法である。
株の損切りができません。よく株の売買では損切りラインをきめてとか、%ルールでと言われるのは理解できるのですがいざその場になるとたかだか5%、10%で回復不可能なのかと思ってしまう自分がいます。★皆さんはどのように損切り対処していますか?またそれで納得、その方が全体には儲かりますか?ちなみに私は5~10%前後下げている株がいくつか塩づけになっています。損切り方針はいい半面、実際塩漬け銘柄が回復ケースも何件かあるので本当にいいの?と半信半疑です。ちなみに回復銘柄としては今秋優待欲しさで買った7616(コロワイド)買9月/¥1050、そこから見事に¥930まで下げられたが、11月末に同値に戻った段階で処分とか。他にも同様に春に買った9783(ベネッセ)/¥3850もその後、放置している間にいつしか、¥3400程になっていたのが、又最近戻してきているといった感じです。相場の未来に私が期待しているのでそうなるのですが、全部が確かにそうではなく悲惨なものもあります。みなさんの考え方もご教授下さい。補足この質問を出した早々ですが、ついにコツコツドカン!その日が来てしまいました。今まで渋っていた損切りもさすがに皆さんのコメントを読んでいて実感であきらめがつくラインを今日割ってしまったからです。冬のボーナスはとっくに全額これでなくなりました(涙)。自分の状況を察していたかのようなコメントをして下さったddditanさんをベストアンサーにさせていただきました。他の方のコメントもとても親身で改めて自分の愚かさを痛感しました。でもこの失望を今度は笑顔に変える気で参戦します。ありがとうございました。
自分は昔ナンピン派でしたが今は損切り派ですナンピンの頃より、損切りに切り替えてからの方が月の利益が倍くらい増えました何より安定した利益が入るようになったのが大きいです自分の経験上、ナンピンしていけば8割その株は救われますですが残りの1割弱の可能性で戻らず、戻る方に賭けていた分、損失は大きく稼いだ利益を飛ばします典型的なコツコツドカンなやり方ですね自分も株価は戻ると信じて塩漬けトレードしていた頃は、コツコツドカン、何回ものトレードで得た利益をその一回の“不運な損切り”で飛ばしていましたでも、いま考えるとそんなの全然不運ではない最初から起こる事がわかりきっていて、回避手段もある、なのにそれを講じてこなかったのだからそれは必然自分もその時々起こる一回の損切りが痛くて、どうにかならないものかと考えた結果、損切りラインを取り入れました損切りラインを取り入れた頃は、ナンピンに比べて利益が落ちると考えていましたですが蓋を開けたら、損切りの方がパフォーマンスがいいおもしろいことに損切りをすることによってお金の回転が速くなったんです一度塩漬けになるが5日で2%の利益が得られる株を持つよりも戻ると分かっていたとしても、そんなの-1%で損切って残り4日1%づつ稼いだ方が利益が大きいんですしかも大損することもなくなるので利益も安定するもちろん売った瞬間にその株が上がり悔しい思いをしたこともありますが、その一回の利益よりも自分の決めた損切りラインで切っていた方が総合的には利益が大きいと分かっていますから平気です、もちろん悔しいですがただ損切り貧乏という言葉もあります損切りは下手だと余計に損をするよく本などでは損切りは%を決めてやるものだと言っていますが、損切りは%ではなく場所ですここのラインを割ったら売りが大量に出てくるという所でやるんです経験がないとその場所がわからないので、素人にも分かりやすいように本などでは%表記ですが、ベストは場所その場所は自分で見つけてください
ナンピンして利益が出たら利食い。これでトータル勝てますかぁ??ドッカン負けを賄える訳ないか?
ボックスの中ならあり、でも、ブレイクすると大火傷なのが、ナンピン手法だと思います。普通に、レンジはサポレジエントリーで、ブレイクには抜けた方向に乗っていくやり方のほうが、長い目で見ると良い気がします。
ナンピンはマーチンゲール法のように、1回読みが外れたら最初にかけたロット数の2倍のロット数をかける、2回読みが外れたら4倍のロット数をかける、、3回読みが外れたら8倍とのロット数をかける・・と、どんどん2倍にして行くのが普通なんですか?これだと資金を工面するのが大変なので、1回読みが外れても最初と同じロット数をかける、2回読みが外れても最初と同じロット数をかける、方法でもいいのですか?これだと買い単価が半分までしか下がらないですが。ナンピンが上手い人はどうやっているのですかね?
ナンピンというのは買い下がって、購買平均単価を下げることでとくに2倍にしていくというルールがあるわけではありません。資金量によって人それぞれでしょう。