FX

システムトレード人工知能プログラミング最新戦略法DVD

システムトレード人工知能プログラミング最新戦略法DVD



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

システムトレード人工知能プログラミング最新戦略法 DVD

■商品詳細:

システムトレード人工知能型プログラミングの最新戦略法を学ぶDVDです。システムトレードと人工知能型プログラミングの思考ロジックについて解説しています。人工知能とは何なのか基本的概念や今あるコンピュータシステム事例を上げながら実践的なロジックを解説しています。人工知能型システムトレードを用意しましたので事例としてロジックの考え方をご紹介致します。システムトレードや人工知能プログラミングをこれから覚えたい方にオススメする内容です。
※本DVDは「FXシステムトレード&メタトレーダー講座 DVD10枚組」に収録されているものと同じ内容です。

1.人工知能トレードプログラミング
2.人工知能の基準とは?
3.パターン認識(選択基準)
4.ポイント計算(選択基準)
5.機械学習(思考方法)
6.統計確率計算(思考方法)
7.システム事例(将棋、オセロ)
8.ジャンケン攻略法ロジック
9.トレード種類(順張り・逆張り)
10.インジケータ思考ロジック
11.ライントレード思考ロジック
12.統計確率思考ロジック
13.ポイント計算思考ロジック
14.チャートパターン思考ロジック
15.人工知能トレードの注意点

■商品内容:

DVD1枚

■ジャンル:

FX

■販売価格:

12700円

■販売者名:

舟城 伸一
★FX☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

システムトレード人工知能プログラミング最新戦略法 DVD
システムトレード人工知能プログラミング最新戦略法
‘)
システムトレード人工知能型プログラミングの最新戦略法を学ぶDVDです。システムトレードと人工知能型プログラミングの思考ロジックについて解説しています。人工知能とは何なのか基本的概念や今あるコンピュータシステム事例を上げながら実践的なロジックを解説しています。人工知能型システムトレードを用意しましたので事例としてロジックの考え方をご紹介致します。システムトレードや人工知能プログラミングをこれから覚えたい方にオススメする内容です。
※本DVDは「FXシステムトレード&メタトレーダー講座 DVD10枚組」に収録されているものと同じ内容です。
1.人工知能トレードプログラミング
2.人工知能の基準とは?
3.パターン認識(選択基準)
4.ポイント計算(選択基準)
5.機械学習(思考方法)
6.統計確率計算(思考方法)
7.システム事例(将棋、オセロ)
8.ジャンケン攻略法ロジック
9.トレード種類(順張り・逆張り)
10.インジケータ思考ロジック
11.ライントレード思考ロジック
12.統計確率思考ロジック
13.ポイント計算思考ロジック
14.チャートパターン思考ロジック
15.人工知能トレードの注意点
※DVD収録時間は60分前後です。
システムトレード人工知能プログラミング最新戦略法 DVD
特別販売価格 12,700 円(税込、送料無料)
システムトレード人工知能プログラミング最新戦略法 DVD
知り合いに、人工知能をパソコンのプログラムかなんかで作って株の自動売買のシステムトレードをしてる人がいるのですが、それってすごいんですか?なんか難しそう。アルゴリズムがどうのこうの言ってたりします。
カテゴリマスターかなり、凄いでしょうね。AIを利用して自動トレーディングシステムを構築できるなど、そんじょそこらの人では出来ません。自分の株取引のノウハウをアルゴリズム化してプログラミングしたんでしょうね!
FXの自動売買(シストレ)と手動トレードでは、どちらが初心者におすすめでしょうか?また、これからAI(人工知能)が活用され誰でも片手間に儲けることができるのでしょうか?
最初は自己裁量でやりましょう。自動売買は、システムの仕組みが分かっている人が、自分で相場付きに合わせて、そのつどリバランスを行う必要があるので、知識が無いとリバランスが出来ないので、まずは、自分自身にテクニカルの知識を身に着ける方が先。>また、これからAI(人工知能)が活用され誰でも片手間に儲けることができるのでしょうか?そんなわけないでしょ。片手間に素人でも、誰でも儲かるならば、皆やってます。わからない人が知識もなく、片手間に儲かるストラテジーは存在しないと思ったほうが良いでしょう。ちゃんと知識のある人が、その時の地合いにぴったり合うストラテジーを組み合わせて、そのバランスを、変化する時々の地合いに合わせて変えていく、そういう半裁量をしっかり出来る人が、自動売買でも儲かるのであって、機械に任せきりで儲かる物ではありません。
FXについてFXで「自動売買」という言葉をよく聞くのですが、何かをセットしておけば勝手に売買してくれる?のですかそれで儲かるのですか私に機械の操作は無理なので、メルマガみたいなもので自動売買の売り買いの指示をしてくれるのってないでしょうか?とにかくFXで利益を出したいです
自動売買はIFO注文などの注文方法も広くは、自動売買です。恐らくご質問は、システムトレードの中でも機械的に条件通りに反復売買を行ってくれるアルゴリズムトレードのことをおっしゃっているのだと思います。夢を壊すようですが、はっきり断言します。人がつくった人工知能の90%以上は損するものばかりです。本当にアルゴリズムトレードで利益を出したいなら、ご自分でつくってフォワードテストをして検証して、良いものをつくって使うのが一番です。「簡単に儲かる」というキャッチフレーズの意味は「簡単に損する」ということだと思ってください。業者は自分たちが儲かれば、会社的にはOKなんですよ。質問者さんの財産を一番大事にできるのは質問者さんだけなので、いそがばまわれと思って制作方法を勉強されてはいかがでしょうか?今は、プログラミングができなくても、無料や廉価なジェネレーターでEAがつくれますよ。あとは、フォワードテストの結果次第です。まずは、ネット上のシストレ用語集を熟読されることをオススメします。
自動売買と手動売買は究めていくとしたら、どちらがいいんでしょう以前朝まで少額でデイトレしてみたのですが、辛うじてイーヴンでした。疲れだけ残りました
“究める”というのが「世界レベルになるまで究めた場合」と仮定させていただき、お話させていただきます。質問の回答ですが、システムトレード手法の自動売買だと思います(アルゴリズムトレードというものです)。ラリー・ウィリアムズをご存知でしょうか。システムトレードの神様と言われる人です。彼は、1年間で1万ドルを114万ドルにしました。これは114倍です。この記録はいまだに破られていません。ところで、“システムトレードによる自動売買は頭で考えてもできることを、わざわざ取引が楽だという理由だけで自動で取引している”と見る人が多いですよね?確かに、裁量でできることをわざわざ自動化しても寝てる間も取引できること以外にたいしたメリットはありません。実際、そうゆうEA、ストラテジー、人工知能は多いです。でも、システムトレードの真髄はそこじゃないと思います。機械的な統計的な分析を行うことは“複雑系経済学から相場にアプローチする”ということです。裁量トレードでは「サポートラインで反発したら買い」、「国にマイナス材料が出たら、基本的にその国の通貨安」こういったことを予想することは可能です。ただ、「多数の企業の決算日と多くの国の休みが重なったらどうなるか」とか「何時から何時にエントリーしたら勝率が上がるか」、「どのタイミングでパッシブ運用目的の企業ディーラーの売買が入るか」といったことを裁量で簡単に分析することは非常に難しいです。最悪全部が重なったら...?できてもそうとうな手間がかかりますし、複数の要因が重なった場合などは目視で分析して、結果を統計的に予知することは困難です。これが、アルゴリズムトレードならできます。多数の企業の決算日とか有利な時間帯とか、ディーラーの売買タイミングとか全て含んだ上で、“儲かるポイント・相場の歪み”を見つけることができます。これがシステムトレードの場合の手法の最適化です。つまり、人間が頭で考えること以上のことができる場合が多々あるんです。これらの理由で、究めた場合、強いのは自動売買のシステムトレード(アルゴリズムトレード)だと思います。ただ、アルゴリズムトレードも万能ではありません。システムトレードは統計にないサプライズには弱いです。ラリー自身、「メカニカルな手法だけでは限界がある」と言っています。結局のところForexMoriさんがおっしゃるように、自動売買を究めた者と手動売買を究めたものがタッグを組むか、一人の人間が両方究めたら最強だと思います(当然ですが、実際は、一人の人間が両方究めるのは困難ですから、2人の達人がタッグを組むほうがまだ現実できだと思います)。-余談-アルゴリムトレードでは、普遍性の高い要素を見つけられれば、10年など最適化期間を長くしなくても長い期間を予知できます。これは複雑系経済学が、相場の多様性に順応しやすい証明になると思います。画像は先月、自分が作ったブレイクアウト手法のEAです。最適化期間1年、ウォークフォワードテスト期間4年半強です。ラリー・ウィリアムズのシストレには到底およびませんが、短い最適化期間で、資産を3倍近くにしています。取引回数は299回です。シストレもつきつめて勉強していくと何かとお得ですよ。というよりおもしろい。「こんなにいろんな可能性があったのか」ってきっと思います。日本はまだまだ遅れてるので、シストレの世界は詐欺まがいなものだらけですが、10年たったら、まともなシストレのほうがきっと当たり前になってるでしょうね。特にこの世界ではアメリカの文化が常に10年ぐらい遅れて日本に入ってきているので。
昨日~今日の為替で大きな変動があったらしいんですが具体的になにがあったんですか?
こんばんはー☆昨日から今日の明け方は大きな変動でしたね(^_-)-☆1番の直接的要因はシティーグループのトレーダーによる誤発注です。金融機関のシティーグループってございますよね?そこのトレーダーが誤って注文を出したことがトリガーとなりました。まだこれからニューヨーク証券取引所や米証券取引委員会が共同で調査していくらしですが。今後その詳細がわかると思います。(故意的ではという疑いも視野に入っているらしいですが・・)NY時間が始まっては米国株や商品市況もギリシャの財政懸念から下がって始まりました。徐々に下がり安値圏で推移していたのですが、、日本時間午前2時40分頃シティーのトレーダーがプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)社の株取引で、誤ってアマウントを100万通貨(million)と10億通貨(billion)を間違えて入力した。そして約定。アルゴリズム取引と言われるものがあり、要は自動売買の一種なんですが、向こうの注文方法は自動売買がけっこう使っております。それは超高速の注文とか人工知能とかを入れた最先端のトレードシステムで注文しており(けっこうアメリカでは流行っている)、1秒間に1000件の注文を発注したり売買させることが可能。強引に約定しに行った結果、止めることも出来ず(止める間もなく?)、異常な安値での取引が成立してしまった可能性が高いんではなかったのではと思うんですが。その結果ダウがー700ドルになり・・・-1000ドルに近づいてきました(まずありえない数字^^;)(ただすぐに戻ったのは、反対売買をした・・らしいというウワサ)で、そういうことだからその後もマーケットには『シティーグループが10億ドル損したらしいぞ』というウワサが広まった。その後CNBCがしっかりと報道したんですよね。(情報が早い・・)で為替はというとストップとか売りを巻き込んで急落。商品市況を見ればより具体的によくわかります。金だけがなぜかプラス(゜o゜)午前7時までの流れはそういった感じです(^_-)-☆