資格・技術

【大阪】貿易実務(入門)講座:6月30日:貿易初学者向け。貿易必修基礎知識を一日でマスター分かりやすいと好評。受講修了証授与

【大阪】貿易実務(入門)講座:6月30日:貿易初学者向け。貿易必修基礎知識を一日でマスター分かりやすいと好評。受講修了証授与



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

【大阪】貿易実務(入門)講座:6月30日:貿易初学者向け。貿易必修基礎知識を一日でマスター 分かりやすいと好評。受講修了証授与

■商品詳細:

易実務の流れ・全体像、貿易書類、貿易決済、貿易リスクを一日で速習できる集中講座です

セミナー名:わかりやすい『貿易実務(入門)講座【大阪】』  

【特徴】:
☆コンテナ海上輸送施設を動画でバーチャル体験、

☆カントリー・リスクと海外企業の信用調査についてもお教えします。

☆JETRO認定貿易アドバイザーが教える。

☆貿易実務検定試験への第一歩

■商品内容:

貿易実務の流れ・全体像、貿易書類、貿易決済、貿易リスクを一日で速習できる集中講座です。

■ジャンル:

資格・技術

■販売価格:

11000円

■販売者名:

吉田 博彦
★資格・技術☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

【大阪】貿易実務(入門)講座:6月30日:貿易初学者向け。貿易必修基礎知識を一日でマスター 分かりやすいと好評。受講修了証授与
貿易実務セミナー【大阪】 貿易アカデミー【評判】分かりやすいと好評の講座 – 貿易実務セミナー【大阪】 貿易アカデミー【評判】分かりやすいと好評の講座
 ホーム  お問い合わせ特定商取引法に基づく表記
貿易実務セミナー【大阪】
「貿易実務の重要ポイントを速習できた!」 
「分かりやすい!」と人気のセミナーです。
<<セミナー題名>>:
輸出、輸入、貿易実務初心者の為の、
【大阪】貿易実務(入門)講座
2018年6月30日(土): 
貿易必修基礎知識を一日でマスター
<開催日程>:2018年6月30日    ? 講義時間 10:30~17:45
    
       講義後、同会場で、茶話会あり。質問・相談可(自由参加、無料、約30分)
 【場所】:【大阪】京阪電車、枚方市駅前
    ◎枚方市市民会館【本館】 第2会議室  
            
   (住所):大阪府枚方市岡東町8-33
 (アクセス):京阪電車、枚方市駅から徒歩7分、
       (大阪、淀屋橋から枚方市駅まで特急で15分)     
        今話題のTSUTAYAの日本一大きい店「枚方T-SITE」のそばです。
        会場マップ→  http://yahoo.jp/ZsvZa5 ?
貿易実務初学者、
輸出、輸入、貿易業務に転職、就職を目指す人のための
?
貿易経験ゼロから学べる貿易実務セミナー
①貿易実務基礎知識を習得すると共に、②輸出入法令規制リスクやカントリーリスクなど、貴社の企業存続に直結する国際ビジネスリスクや保全対策についても言及します。
商社、フォワダー、コンソリデータ―社員研修にもご利用いただいております。
貿易実務の流れ・全体像、貿易書類、貿易決済、貿易リスクを一日で速習できる集中講座です
セミナー名:わかりやすい『貿易実務(入門)講座』  
【特徴】:
☆コンテナ海上輸送施設を動画でバーチャル体験、
☆カントリー・リスクと海外企業の信用調査についてもお教えします。
☆JETRO認定貿易アドバイザーが教える。
☆貿易実務検定試験への第一歩
ビジネスの国際化に備えよう! 世界を舞台に活躍したいあなた。
「貿易事務の仕事にチャレンジしたい!
貿易マンになって世界の舞台で活躍したい!
でも、どこから勉強を始めていいか分からない・・・」
そんなあなたが、はじめの一歩を踏み出すために、1日で貿易実務の流れ・全体像を速習できる、人気の講座です。
<主催>: 貿易アカデミー 
<こんなことをお教えします。>
・貿易取引の実際、海上保険、国際複合運送、外国為替、輸出入法令規制等の実務や、貿易に使う英語のご紹介、アッと驚く貿易トラブルの実例、海外取引先の信用調査、カントリーリスクなど、
商社マン、貿易マンが、実戦に飛び出す前に知っておくべき必須知識の基本固めが出来ます。
<こんな方におススメ>
・貿易ビジネスの実戦経験が無くて不安な人
・海外営業の仕事に就きたい人
・海外仕入調達の仕事に就きたい人
・貿易を始めたいが、何から勉強したらいいか分からない人
・急に貿易業務に就くことになった人
・明日から輸出、輸入の仕事をすることになった人
・すでに貿易業務をしているが、貿易全般の体系的知識を持ちたい人
・貿易実務検定の合格への勉強方法を知りたい人
・海外調達に必要な貿易実務の基本知識を整理したい人
・通関士を目指すために、まず貿易業務全般を俯瞰し概要を理解したい人
<講義風景 録画>
*******<こんなことをお教えします>*********
貿易実務をこれから勉強する方へ
①貿易実務基礎知識を習得すると共に、
②輸出入法令規制リスクやカントリーリスクなど、
貴社の企業存続に直結する国際ビジネスリスクや保全対策についても言及します。
?
世界を舞台に活躍したいあなたのためのセミナー。
セミナー名:わかりやすい『貿易実務(入門)講座【大阪】』
①アッと驚く輸出入ビジネスのトラブル事例(転ばぬ先の杖)
  ・インコタームズFOB条件で大損害
  ・輸出許可が下りず輸出不可。そして損害賠償へ。
  ・海外プラント工事。英文契約書のタイプミスで大損!
  ・国際契約の中の一文で,大損害が発生し赤字決算へ(上場企業)
   他
②カントリー・リスクと海外企業の信用調査
③貿易取引の全体像
  ・貿易取引の流れ
  ・貿易取引と関係機関
  ・市場調査と取引先発見
  ・信用調査
  ・契約書の基礎知識
  ・品質条件・数量条件
  ・民事紛争解決の手段(国際商事仲裁、裁判)
④インコタームズの基礎知識
  ・Incoterms2010の11種類の取引条件とは?
  ・2000年版と2010年版の違いとは?
  ・輸送方法とインコタームズ
⑤貿易の代金決済
  ・外国との代金決済手段
  ・荷為替手形とは?
  ・一覧払手形と期限付手形(ユーザンス)
  ・信用状取引
  ・信用状の実務
⑥ 貿易運送と貨物海上保険
  ・輸送形態の種類
  ・海上輸送
  ・航空輸送
  ・国際複合一貫輸送
  ・コンテナ運送システムと施設(映像で見る神戸港の例)
⑦外国為替と為替変動リスクの回避
  ・為替相場と為替市場
  ・直物相場
  ・為替変動リスクの回避
⑧輸出・輸入の法規制と貿易リスク
  ・輸出を規制する法令
  ・輸出規制法令と安全保障問題(企業を取り巻く世界情勢)
  ・輸入を規制する法令
⑨海外貿易トラブルの解決ワーク・ショップ
  実際に起きた国際商事仲裁事件の例でグループ検討ワークをします。
  ・実際の仲裁事例を仲裁人として自分ならどのような判断を下すかを考え、
   企業防衛に必要な対策を考えるワーク
?
⑩ 振り返り、質疑応答
*************************************************************
※受講生の理解進捗、関心事項に合わせ内容が一部変更になる場合があります。
【特典】:
・講義後、30分ほどの茶話会あり。【自由参加】(無料)
・修了証を参加者に授与します。
ハリー先生や参加者といろいろ相談してみましょう。
こんなことを聞きたいというテーマがあれば、メッセージでお教えください。当日の授業に反映させてまいりたいと存じます。受講生と質疑などやり取りをしながら楽しく進めていきたいと思っております。  【メッセージはこちらへ】←クリック
? ? ?
? ?
?
← 受講生に修了証を進呈します。
?
就活、転職、社内自己申告にご利用ください。
////////////////////////< 講師プロフィール >//////////////////////////
貿易アカデミー 講師:
<名前>:
ハリー・ヨシダ (Harry Yoshida)
<資格>:
・JETRO認定貿易アドバイザー(認定番号No.283)
・通関士(東京税関第2376号)
?・元 ユアサ商事㈱ 管理部長、審査部海外与信担当部長
?・安全保障輸出管理実務能力認定試験 (STC Associate)
・関西学院大学商学部 卒
・関西外語専門学校 講師(貿易実務、国際ビジネス入門)?
・ECC外語学院(英語非常勤講師)
・貿易アカデミー 代表講師
 (貿易実務、貿易英語 検定合格指南)
・LEC東京リーガルマインド 講師
?
【講演実績】:
・関西外語専門学校(貿易、国際ビジネス)
・名古屋外国語大学 (貿易実務)
・三菱商事グループ企業MCトレーディング様
・日本貿易実務検定協会様
・あらた監査法人経営研究会様
・エヌ・イーケムキャット(株)様
? ?他
【社員研修ご利用企業様】?
・川崎重工冷熱(株)様
・日本通運(株)様
・㈱がまかつ様
・(株)リンドバーグ様
・堺商事㈱様
・タイガー魔法瓶(株)様
・アルインコ(株)様   
他多数の有名企業の社員様が学ばれています。
<略歴>
ジェトロ認定貿易アドバイザー No.283
?
?関西学院大学 商学部卒 (専攻:貿易実務と貿易英語)
?
東商一部上場企業入社後、国内海外営業に配属、国際オークション事業の立ち上げ、チェーンストアー向け商品の開発輸入、
海外商談会のマネジメント責任者、輸出管理室課長、管理部長、審査部海外担当部長を経験。
社内論文コンテスト「わが社のこれからの経営戦略」で最優秀証を受賞。
?
海外での経験、貿易実務知識を更に生かすべく、1999年、
当時、合格率がわずか8.4%であり、日本全国で400名もいない超難関資格「ジェトロ認定貿易アドバイザー」を取得。
?
ジェトロからの派遣アドバイザーとして世界的家具メーカーIKEA社にてアドバイスを行うなど、その他各方面で貿易アドバイスや講演を行う。
?
心理カウンセラー、NLPの資格を取得し、コミュニケーション心理学を応用した個人コンサル、講義、講演が、「腑に落ちる!分かりやすい!楽しい!」と好評になり、各方面から講演の依頼を得ている。
?
現在、難しい貿易実務を分かりやすく解説できる数少ない貿易アドバイザーとして、数多くの講演依頼、相談依頼を受け、関西を中心に全国的にも活躍中。
?
?
著作出版物:
本屋さんでは買えない情報を提供する動画教材を発表
「Incoterms 2010講座(録画動画)」←https://incoterms2010.jimdo.com/
「アッと驚く貿易トラブル・リスク」← https://boueki-risk.jimdo.com/
「貿易実務(入門)講座(録画動画)」← https://boueki-academy-2.jimdo.com/
?

/////////////////< 貿易アカデミーとは? >//////////////////////////////
貿易アカデミーとは、プロの貿易マンを養成するスクールです。 セミナーや、自宅で学べるWeb教材で、あなたを世界に羽ばたくビジネスマンに育てます。
講師は、JETRO認定貿易アドバイザーのハリー・ヨシダです。
貿易アカデミーHP ⇒ http://boueki-academy.jimdo.com/ 
?
ハーバード大学で行われているアクティブ・ラーニング式講義手法で、受講生との質疑、積極的な双方向コミュニケーションをしながら進めるハリー・ヨシダの貿易実務セミナーの風景です。
「腑に落ちる授業」と大好評。
?
←配布テキスト 
?
 紙に書けない、ここだけの話を
 たくさんお話ししたいと思います。
?
 少人数セミナーだから、できるんですね。
【参加者の声】
ハリー先生、
先日は、楽しいセミナーをありがとうございました。
早速、今日の仕事で役立つ場面がいくつかありました。「FOB」や「MOL」といった単語が会話の中に出てきた時に、図や船のイメージがすぐに頭に浮かびました。参加して良かったです! 
(女性 会社員 まり子さん)
——————————————————————————————–
?
ハリーの貿易実務セミナーに参加した方が、
ブログで感想を書いてくださいました。
↓↓
(抜粋)「これまたユニークなアイスブレークからスタート。 内容は実例を豊富に交えて。 
中には動画コンテンツで魅せ。 飽きない! 
受講生限定のボリューミーな動画コンテンツも用意してくださっていました。」
?
詳しくは、かおらべさんのブログへどうぞ。
 ↓
https://kaorabe.com/2017/03/18/boueki-academy/
?
『 ハリー先生 こんばんは。
土曜日は1日講義お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました!
まだ貿易を初めて2ヶ月目の未経験者ですが、
ハリー先生の講義は大変有意義な時間でした。
これからもっとたくさん学んでいきますね。
今後益々のご活躍を期待しております!
お身体ご自愛ください。』
(セミナーに参加されたTMさんよりのメール )
こんばんは!昨日貿易実務セミナーを受講した川本です。この度は有意義な時間をありがとうございました(^^)/
大阪まで行こうか悩んだのですが、やはり先生を始め業界で働いている方たちとお話出来たのは、貴重な経験となりました。
先生のお話をお聞きし、教科書に書いてある知識だけでなく、世の中の動きや国策など、何事も広い視点で知識を取り入れることが重要なのだと分かりました!
昨日セミナーを受けて、もっと広い見識を持つことを意識して、前向きに挑戦してみようかなと思えました。
大変なことも多いと思いますが、自分がやりたいことに挑戦出来るよう、頑張っていきます!
ありがとうございました(^^)/
2018年3月19日(月)   (↑岡山県から出席された川本さん(女性20代)からのメール)
「めっちゃ、分かりやすい !」と大好評。
☆ 教科書の文字だけでは分かりにくかったことが、イメージでつかめました。
?
☆ 実際に貿易の現場で起きている信じられないようなトラブルの話も聞けて役立ちました。
☆ 海外企業の信用調査会社四社のレポート方法の違いなど、市販の本では学べないことがたくさんあり、よかったです。
?
☆ 貿易実務の本を数冊読んだ以上の豊富な知識を得られました。
☆ 今迄、なにも分からずに貿易の仕事をしていたんだなと気づき、参加してよかったです。
☆ 少人数なので、私が知りたい事の質問に答えて頂け、満足でした。
<開催日程>:
2018年5月26日 
?講義時間 10:30~17:45 【10:20より受付開始】
    
 ※ 講義後、同会場で、茶話会あり。質問・相談可(自由参加、無料、約30分)
 【場所】:【大阪】京阪電車、枚方市駅前    ◎枚方市市民会館【本館】 第2会議室  
    (住所):大阪府枚方市岡東町8-33
 (アクセス):京阪電車、枚方市駅から徒歩7分、
       (大阪、淀屋橋から枚方市駅まで特急で15分)     
        今話題のTSUTAYAの日本一大きい店「枚方T-SITE」のそばです。
(会場マップ)→ http://yahoo.jp/ZsvZa5??
☆ご昼食について:
付近に 王将、松屋、ラーメン、サイゼリア、コンビニ等あります。
会場で、ご持参のお弁当を食べて頂けます。会場に飲み物自動販売機あります。 
?
?
?<領収証の発行>:会社名での領収証が必要な方は、お知らせくだされば、作成し、会場にてお渡し致します。 メッセージでご連絡いただければご用意しておきます。
【メッセージはこちらへ】←クリック
?
<受講料> 11,000円 (税込)
?お申込みフォームの頁へ
    ↓↓↓
「とても分かりやすい!」と大好評。
 
←クリック
?
<キャンセル・ポリーシー>:
万一、主催者側の不可抗力にて、コース日程を変更または中止する場合、原則として受講者に対してその内容に応じてあらかじめ電話、電子メール、当ウェブサイトなどでの告知を行います。
天災地変その他の不可抗力や主催者および講師の事情などにより、講義を一部あるいは全部、中止(不催行)させていただく場合がございます。
中止の場合は原則、別日程に講義を振り替えて催行させていただきますが、主催者の事情により完全に提供されない講義については、
受講料を無利子にて受講者が指定する銀行口座に振り込むことによって返却します(返金時の振り込み手数料は弊社負担)。
ただし、受講料以外に受講者側で発生した宿泊費・交通費などその他の費用については、主催者は補償いたしかねます。
お客様の都合でのキャンセルは、ご返金致しかねますので、あらかじめご了承いただければ幸いです。
ECサイト業界大手のInfotop社へのお支払いだから安心。
各種お支払方法を選べます。
<セミナー参加要領のPDFファイルが必要な方へ>:
セミナーの詳細が書かれたPDFファイルは、お支払完了後14日以内に、infotopユーザーマイページよりダウンロード可能です。ご参加に印刷は不要です。
会場でお会いできるのを楽しみにしております。
貿易アカデミー 講師:Harry Yoshida
(運営事務局:ハリー事務所  大阪府枚方市香里ヶ丘2丁目4-1)
←貿易アカデミー(ハリー事務所)へのお問い合わせ

?
概要 | プライバシーポリシー | Cookie Policy | サイトマップ
ログイン
ログアウト
|
編集
Jimdo あなたもJimdoで無料ホームページを。 無料新規登録は https://jp.jimdo.com から
閉じる
【大阪】貿易実務(入門)講座:6月30日:貿易初学者向け。貿易必修基礎知識を一日でマスター 分かりやすいと好評。受講修了証授与
インコタームズとその負担について私は、AIRの通関業務について1年ほど経つのですが、どうしても分からない事があり質問させて頂きます。通関業務をしていますと、毎日インコタームズの様々な条件を目にします。そこで疑問に思っている事を例を挙げて説明いたします。例えばDDP条件で輸入する商品があります。DDPというのは全て売主負担の条件であると理解しています(本やネットでもそう説明されています)ところが、そのお客様のINVOICEはCIFとして輸入申告をするのですが、全て売主が負担するのにINVOICE価格がCIFって既に"全て売主負担"ではないですよね?何か矛盾があるように思うのです。それはDAP条件の輸入時も同じで、お客様によっては、FOBで申告したりC&Fで申告したりします。そこで質問なのですが、①通関時のINVOICEはそのままSHIPPERとCONSIGNEEの商取引に請求書として使用されるものでしょうか?②通関時にDDPやDAPであっても、それはSHIPPERが一時的に立て替えているのであって、実際のお金の流れとして航空運賃・保険・商品の代金等は、全てCONSIGNEEがSHIPPERに支払うのでしょうか?SHIPPERやCONSIGNEEの立場で仕事をした事がないのでどうもピンときません。貿易に携わっている人間なら知ってて当然なのかも知れませんがご回答の程、よろしくお願いいたします。
ごめんなさい。基本的な疑問なのですがどのような貿易条件(インコタームズ)で取引をしたとしても輸出申告はFOB価格輸入申告はCIF価格でしなければならないと日本では関税法という法律で(輸入申告価格についての詳細は関税定率法)定められていることはご存知の上でのご質問でしょうか?万が一?と思って解説します。ご存知の上でのご質問でしたら失礼をご容赦ください。日本の輸出入の申告は、税関の許可を受けるという目的の他に統計を取るという目的もあるので、輸出は日本を出て行くときの価格(経済価値)輸入は日本に到着したとき(日本に持ち込まれる)までの価格(経済価値)に統一して申告をすると決められています。また、輸入は課税対象となる価格ですのでDDPで輸入申告をすると関税込みの価格に重複して関税を課すことになってしまいますし取引条件通りで輸入申告をすることができるならみんなEXWどころか、売り買いをできる相手を探して物々交換をして、無償(支払ないなし)で輸入すれば関税がゼロですよね。そのような不平等な課税システムは成り立ちませんので、どんな条件で取引をしても申告は皆同じ条件に揃えてします。なので、輸入申告価格をFOB価格でしていることはないと思います。輸入申告時に提出するインボイスがFOBであることは可能ですが、その場合は、日本到着までの運賃や保険料の明細を添付して、それらを加算して、『申告価格』はCIF価格で申告をしているはずが・・・・。ご質問の回答ですが①通関用インボイスは実際の取引とは別に通関用に輸出はFOB、輸入はCIFにして(実際の取引DDPであっても)作成したものです。取引がFOBやCIFなら共通で使うのでしょうが、取引契約のインコタームズが違うのであれば、それは『通関用』に作られたものです。②DDPなら売主が買主の国の指定場所まで通関費用及び関税も支払った上で届けます。ですので、買主が売主に請求する価格には通関費用及び関税も込みの価格です。あとで返される等のことはありません。せっかく通関を1年も経験されていることですので、貿易実務の基本が書かれている書籍を一冊読んでご覧になってはいかがでしょうか?輸出はFOB輸入はCIFと決められていることをご存知の上での、もっと違う趣旨のご質問だったら大変な失礼をご容赦ください。
この場合のインコタームズは??インボイスを作る必要があるのですが、前任者が逃げるように辞めたとのことで、社内に詳しい人がおらず、調べてもイマイチ確信が持てません。「なんでもFOBにしとけばいいのよ」と言われたのですが、調べてみるとFOBは船の時の指定らしく…。自社便を持つ航空運送会社からインボイスにインコタームズの記載を義務付けられ(当たり前ですが;)、何がふさわしいのか困っています。とりあえず今までFOBで送って何か不具合があったわけではないので、FOBと同じ危険・費用負担の範囲にしたいのですが、その場合CIFでOKでしょうか??なんでしょうか?
カテゴリマスターCIFだと運賃と保険料負担が変わります。貴方が輸出者側なら、負担が増えますのでその分の経費を乗せないと利益が減ります。FCAが一番FOBに近いです。ただ、費用やリスクが移転するタイミングが微妙に変わります。
インコタームズのEXWについて教えてください。現在EXWの案件がありますが、①一般的にどういう時に使用する建値なのか?②危険負担はどこからなのか?工場渡しなのはわかりますが、輸出梱包をしたうえで渡すのか、それとも国内用梱包で渡し、買主に輸出梱包してもらうのでしょうか?③国内でかかった費用、たとえば港まで搬入するトラック代とか梱包代とかは一旦売主が支払うことになりますが、こういう費用の清算は一般的にどのようにされてるのでしょうか?細かい部分が分からなくて困っております。適切なご回答をお待ちしております。
EXW(Ex-Works:工場渡し)は、インコタームズの貿易条件の一つで、売主が約定貨物を輸出国の工場所で買主(非居住者)に引渡すというもので、インコタームズの中で売主にとってリスクと費用負担が最も少ない引渡し条件です。①EXWはドイツ等ヨーロッパではよく使われる建値で、買主にとって輸出者に手続きした場合より、フォワーダーの手数料や海上運賃が安く済むような場合指定してくる場合が多いようです。多分買主は日本において貴社以外の貨物を同時に調達し、取りまとめて出荷する事を考えているのではないかと思われます。②危険負担は貴社工場内で、買主の指定したフォワーダーに貨物を引き渡した時点です。同時に貴社が売上を計上する日になります。決済手段がT/T送金かL/Cかは分かりませんが、Invoice、Packinglist等の他に貴社レッターヘッドによる貨物引渡し状を作成し、実際の引渡し日の明示とフォワーダーによる受領署名を取得し、客先に送付する事になると思います。梱包は当然ながらコンテナ輸送に耐えられるような輸出梱包を貴社で実施しなければなりません。カートン等の簡易梱包ではフォワーダーが引受ない事が考えられます。③梱包費用は貴社のEXW価格に含まれなければ回収できません。仕切り価格には輸出梱包費用を必ず加えてください。その他内陸輸送費や輸出諸掛かりは、買主の負担となります。もし貴社で立て替える事があるのなら、Invoiceに記載された売掛金に含めず、立替金として別途請求書を発行、送付する事になります。
インコタームズについてわかる方いたら教えていただきたいのですが、航空輸送でインコタームがFOBの場合、航空会社の上屋でダメージが発生した場合は荷主と荷受人のどちらの責任ですか?
カテゴリマスターインコタームは2010でしょうか。本来はFOBは海上および内陸水路輸送の条件なので、航空輸送に使うべきではありません。ただ、両者でfreeonboardの条件で合意しているのなら、責任負担は合意どおりにすればいいでしょう。その上屋に荷物があるのがonboard前なのか後か(飛行機に乗る前か到着後か)だけの問題でしょう。
インコタームズについて教えてください。会社の人が『この場合、売主がDDPだから買主がDAPになる』と言ってました。(もしかしたら逆だったかもしれません。。)売主はインボイスやBLにインコタームズを記載する場面が想像できるのですが、買主もこれに対応するインコタームズを記載する場面があるのでしょうか?『また売主がOOOのインコタームズだったら、買主はOOOの条件になる』というきまりはどうやって考えればいいのでしょうか?よろしくお願いします。
売り手と買い手で条件が違っていたらおかしいです。DDPで売るといっているのにDAPにしたいのですか?DDPは輸入通関一切の費用も売主が負担する仕向地持ち込み渡しでDAPは輸入通関一切の費用は買い手が負担の仕向地持ち込み渡しです。売主と条件をしっかりご確認の上ご契約されるのがいいと思います。