自己啓発

3時間であなたは変われる。自信をつける幸せMeditation

3時間であなたは変われる。自信をつける幸せMeditation



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

3時間であなたは変われる。自信をつける幸せMeditation

■商品詳細:

「なぜ私はこんなにダメな人間なんだろう」
「なぜこんなに意思が弱いんだろう」
「もっと積極的だったら…」
「成功しているあの人が妬ましい…」
「もっと…もっと…」

きっと、誰しもが一度くらいそのように思ったことがあるのではないでしょうか?
そのような方へ向けて、自分の意思の力を高める方法、
すなわち「瞑想」について解説しています。
瞑想は脳を鍛える作業、この合計時間が3時間を超えたあたりから、
その人の性格や意思の強さなどに変化が現われると言われています。
この瞑想のやり方について、細かくまとめました。

また、

〇自分に自信をつける方法
〇不安を解消する方法
〇精神的疲労を解消する方法
〇怒りをコントロールする方法
〇自分を責めるのをやめる方法

についてもまとめました。
すぐ取り組んでいただけるような、簡単な方法ばかりです。
瞑想とともに、ぜひご活用ください。

■商品内容:

PDF105ページ

■ジャンル:

自己啓発

■販売価格:

3000円

■販売者名:

伊藤 幸子
★自己啓発☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

3時間であなたは変われる。自信をつける幸せMeditation
(infotop)3時間で、あなたは変われる。自信をつける幸せメディテーション
目を閉じて、あなたの「理想の姿」を想像してみてください。
その姿に変化しはじめるまでの所要時間は、わずか3時間だと私が言ったなら…、
あなたは信じますか?
こんにちは、岡野真です。
私は、
「いまの自分を変えたい・理想の自分になりたい」
という方のカウンセリング・コーチングを行っています。
そんな私から、あなたに質問があります。
あなたは、下記のどれかに当てはまっていませんか?
 自分はだめな人間だと思えて、落ち込んでしまうことがある やろうと思ったことになかなか取り組めない・取り組んでも三日坊主に終わってしまう いつまでも過ぎたことをクヨクヨ気にしてしまう もしこうなったらどうしよう…という心配が強く、いつもオドオドしてしまう 怖くて自分の意見を言えない・人前に立てない いつも人間関係でトラブルが起きてしまう 毎回同じようなパターンで恋愛が失敗してしまう 仕事に集中できない・ミスが多い
 もっとこうなりたいという理想はあるのに、いつまでも理想のまま… 劣等感が強く、上手くいっている人を僻んでしまう すぐにカッとなってしまい、自分を抑えられない すぐに落ち込んでしまい、なかなか気持ちを前向きにできない
いかがでしょうか?
なにかひとつくらいは、当てはまったものがあると思います。
あなたは今、
「もっと理想の自分に近づきたい・もっと幸せになりたい」
そう望んでいるはず。
けれど、望むばかりで現実にはならないでいる…。
そんなあなたに、ひとつ聞いてほしいお話があります。
私の好きな寓話に、
「人生の贈り物 あなたの探し物はなんですか?」
というものがあります。
ざっとかいつまんで内容を説明すると、このようなものです。
あるところに、老人と少年がいました。
あるとき老人は、少年にこんな話をして聞かせました。
「世の中には、それを手にすればいつでもどこでも何があろうとも、必ず幸せでいられるプレゼントがある」
…と。
少年は大人になるにつれ、物事は思い通りにいかないということを学び不幸になってゆきました。
そして不幸になればなるほどに「絶対に幸せになれるプレゼント」を手にしたいと思い始めます。
そのプレゼントを探し求め、彼は世界中を旅しました。
どんなに過酷な場所にでもおもむいて、どんな苦労もいとわず探し回りました。
けれどそれは見つからない。
どこを探しても、誰に聞いても、どうしても見つからない。
頼みの綱の老人も年老いて亡くなってしまい、もはやなんの手がかりもない…。
しかし、悩んで悩んで悩んで…、彼はついに見つけました。
そのプレゼントが何か、どこにあるのかがわかり、手に入れて幸せになることができたのです。
そして彼は、そのプレゼントのおかげでいつでもどこでも幸せに暮らせるようになりました。
…さて、そのプレゼントとは何なのでしょうか?
答えを想像してみてください。
巨万の富?信頼できる友達?心から愛し合える伴侶?誰にも負けない名声?
いいえ、どれも違います。
ヒントは、
「あなたも絶対に知っているもの」
「あなたも絶対に体験しているもの」
です。
…わかりましたか?
それでは、続きをどうぞ。
その答えは、「プレゼント」です。
英語で「現在」は、プレゼント。
そう、最高のプレゼント(贈り物)とは、プレゼント(今この瞬間)のことだったのです。
たとえば、あなたがダイエット中なのにお菓子を食べてしまったとき。
「なんで食べちゃったんだろう…」
と過ぎたことを後悔することは、「過去を生きること」です。
いまこの瞬間、してしまった出来事にいかに対処するかを考えていない。
だからその次も対処できず、食べてしまい、また過ぎたことを後悔し、また過去を生きることになる。
たとえば、あなたが仕事でうまくいかないとき。
「明日、プレゼンで失敗したらどうしよう…」
そうしてまだ起きていないことを心配することは「未来を生きること」です。
今この瞬間、失敗しないためにすべき資料の見直しなどをしていない。
だから本当に失敗し、また起きていないことを心配し、また未来を生きることになる。
私は日々、多くの方からご相談のメールをいただきます。
ほんのわずかの期間で劇的に変化する方もいれば、なかなか変われない人もいます。
変われる人の共通点は、
「今日、自分にできることをやってみようと思います」
「とにかく、仕事をしているときにはそれに集中するようにしてみます」
と、「いま・ここ」に集中しようとするという点です。
すると、
「思った以上の成果が出たんです!」
「なんだか、自分にもやればできるんだという自信が湧いてきて…」
となる。
反対になかなか変われない人は、
「もしああなったらどうすればいいですか?」
「あの時のことをどうすればいいですか?」
というふうに、まだ起きていないことや過ぎたことに限定した話をする…というのが特徴です。
目の前にあることを見ていない。
「いま・ここ」にはないものに、ずっと心を奪われ縛られてしまっているのです。
寓話の中の少年は、いつも自分が過去と未来にとらわれ、
目の前のこと、今この瞬間のことをおろそかにしていたために不幸なのだと気づきました。
そしてその後は過ぎたことにとらわれることも、まだ起きていないことを思い悩むこともなく、今現在に生き続けた。
この瞬間を大切にしつづけた。
そして、生涯幸せに暮らすことができたというお話です。
きっとこれを読んだあなたは、
「まぁ、そう言われればそうだよね」
くらいには思っていると思います。
確かに、昨日こうだった、ああだったとクヨクヨ悩むことがなければ幸せですよね。
確かに、明日ああなったらどうしよう、こうなったらどうしようという心配に惑わされることがなければ幸せでしょう。
何かに挑戦するときだって、
「前に失敗したし…」
「もしこれから失敗したらどうしよう」
と必要以上に恐れることがなくなる。
昔こんなことがあった、あんなことがあった。悔しい、悲しい、許せない。
これからこうなるかもしれない、どうしよう、どうしよう…。
あの人があんなことを言ったから忘れられない。
この人は本当は私のことが嫌いかもしれない…。
そんな思いに支配されることなく、ただ目の前のことに全力を尽くし、相手に心を尽くし、生きる。
それができるならば、今よりもあなたがよりよく変化することなど当然です。
それは、本当に素晴らしいことです。
確実に物事はうまくいき、幸せになれることでしょう。
しかし…ひとつ大きな、そして決定的な問題があります。
それは、
「じゃあ、今日から今この瞬間を生きてくださいね」
などと言われたってできない。
それができれば、最初から悩んでなどいないということです。
突然、今日から過去のことも未来のことも考えずに生きられるようになるなんてことが、実際のところあるでしょうか?
実際の問題として、そんなに簡単なものではありませんよね。
私は、この寓話が大好きである反面、
「でも、これを読んですぐに『いまを生きる』ということができる人など、いるのだろうか?」
とも思います。
いまを生きられなくて悩んでいる人に、「今を生きればいいよ」と言っても…、
なんだかそれって、
「早く走れない」と悩んでいる人に、「早く走ればいいよ」と言うようなもの。
「だから、その早く走る方法が知りたいんだろうが!!!!」
という感じだな…と。
この話はとても正しいものである反面、ただ正しいだけでしかないものでもある。
実際、「いまを生きる」ということをするためにはどうすればいいかというその方法については、
一切教えてくれてはいない…。
私は、そのようにも思うことがあるんです。
…では、この物語の少年のように、「今を生きる」ということができるようになるためには、どうすればいいのか?
過ぎたことにとらわれず、起きていないことにもとらわれず、目の前のことに集中して生きるために、
具体的にはいったい何をどのようにすればいいのか?
その方法はなんなのか?
私自身も、長年これに悩んできました。
何度、
「いまを生きるんだ!」
「過ぎたことをクヨクヨしちゃダメ!」
「まだ起きてないことを心配しても意味ない、考えるな!!」
と自分に言い聞かせても、無理…。
すぐに後悔してしまうし、すぐに心配してしまう…。
結局、この寓話はただのきれいごとでしかないのか…。
実際に今を生きるというプレゼントを、手にすることなどできないのか…。
けれど、そうして諦めてしまったら、私はいつまでも自分のことが嫌いで辛いままじゃないか…。
そう思い、何か方法はないかと探し続けました。
そして、寓話の少年のように、「いまを生きる」ということ…。
幸せになれるプレゼントを手にする方法を、やっと見つけたんです。
その方法とは、なんだと思いますか?
それは、瞑想です。
きっとあなたは、いまびっくりしていると思います。
「え??なんで急に瞑想になるの?」
と思っているでしょうから、詳しくご説明しますね。
あなたは、瞑想というものにどんなイメージを持っていますか?
なんとなく、
「なんか、仙人がやっているもの…」
「えーと、宇宙のパワーと一体になるとかいうヤツ」
「なんか、正直ちょっとうさんくさいんですけど…。変な宗教にハマってる人がしてそう」
そんなふうに感じたかもしれませんが、これは全くの誤解です。
瞑想というのは、
「いまこの瞬間に起きていることに集中できるようになるための、トレーニング方法」
なんです。
「今を生きる」というと…、なんだかどうしても、哲学的な感じがする言葉ですよね。
ですがこの言葉、もう少し科学的にとらえてみましょう。
たとえば、夢中で何かに取り組んでいたり、
真剣に相手と向き合って話を聞いていたり、
目の前の仕事に集中していたり、
ダイエットのジョニングに目いっぱい取り組んでいたり、
今できることに、全力で向き合っているとき…、
そうして「今を生きる」ということをしているとき、
人は脳の「前頭葉」という部分を使っているんです。
この前頭葉は、
 物事に取り組むときの集中力を出す 人間の意思を強くする 行動力を出す 物事を先延ばしにしない力を出す 後悔や悩み、恐怖、自責、心配する感情をコントロールする 人に対して「あの人はきっとこうなのかな?」と他者の気持ちを想像したり、共感する力
などを司っている部分です。
そう、つまり「今を生きられない、過去を悔む、未来を心配する」ということは、
今を生きるための役割を担っている前頭葉の力が弱いから起きてしまうことなんです。
ならば、前頭葉を鍛えればいい。
それによって、
勉強しようとしても、すぐに集中力が切れて明日のドラマのことを考えたりして未来を生きるのではく、今この瞬間やっている目の前の勉強に集中できるようになる。「どうせあの人はああいう人間に違いない」と決めつけて空想の中を生きるのではなく、「もしかして、あの人にはこういう事情があったのではないだろうか?」としっかりと今ここで考えることができるようになる。「また今日もやろうと思っていたことを先延ばしにしてしまった…なぜこうしてしまったんだ…」
と後悔し過去を生きていたのが、「よし、今これをやろう!」と今この瞬間取り組めるようになる。「怖くてできない。だって、もしこうなったら…」と未来にとらわれていたことが、「だったら、そうならないようにこう対策を立てよう!」と今できることをする行動力がつく
こういう変化が起きてきます。
そして、前頭葉を鍛えてそのような変化を自分に起こすための手段が「瞑想」なのです。
人は「今を生きる」ということを、とても曖昧で抽象的なものだととらえています。
実体のない、精神論のようなものだと。
しかし、本当はしっかりと「前頭葉」という実体が存在しているのです。
今を生きるということは、哲学や精神論ではなく、脳科学なのです。
多くの方が、自分の意思が弱いこと、過去を悔んだり未来を思い悩む事に対し、
「自分が弱い人間だからこうなのだ」
と考えます。
いいえ、それは違います。
弱いのはあなたという人間ではなく、あくまでもあなたの「前頭葉」にすぎません。
多くの方が、「これは性格だから変えられないのだ」と考えます。
いいえ、それも違います。
性格というものは、脳から作られています。
そして、性格を作っている脳は、瞑想によって変えられる。
ハーバードやオックスフォードをはじめとする有名な大学などでの研究により、
はっきりとこのような研究結果が出ています。
「人は、瞑想の合計時間が3時間を過ぎたあたりから、性格に変化が現れ始める」
と。
「性格は生まれつきだから変えられない」?
そんなの、とんでもない誤解です。
本当はあなたの性格は、たった3時間で変わりはじめるんです。
瞑想の効果は、本当にさまざまです。
代表的なものは上にあげたように、
物事に集中して取り組める過去をくよくよ悔やまなくなる未来を心配しすぎなくなる先延ばしの癖がなくなる相手を思いやる気持ちが生まれる
といったものですが、他にも、
ダイエットの効果美肌・アンチエイジング(若返り)の効果病気にかかるリスクが激減する本番でパニックになってしまうことがなくなる寝つき・寝起きが良くなる睡眠の質が上がるため、疲れがたまらなくなるアイディアが湧きやすくなる
などの効果もあります。
初めて聞いた方ならばちょっと信じられないようなことかもしれませんが、
これは既にたくさんの実験の結果証明された、本当のことなんですよ。
人はより良くなりたいと願うとき、そうなれるためのヒントやチャンスをどこか遠いところに求めてしまうものです。
手の届かない遠いところにチャンスがあるような…そんな気がしてしまう。
そうして遠くを見つめていると、(今じゃないところを見つめていると)
「いまこの瞬間、自分が息をしていることこそが答えなのだ」
ということにはなかなか気づかないものです。
灯台もと暗し、と言いますがまさにそれですね。
瞑想は簡単に言ってしまえば、深くゆっくり呼吸をして、意識を一点に集中するというだけのものです。たったそれだけで、あなたは今抱えている悩みから解放される。
まさかこの瞬間、自分が呼吸していることが自分を変えるチャンスだなんて、
誰もそんなふうには思わないでしょう。
ただ、呼吸の仕方や意識の集中の仕方などにはやり方がありますので、
「とにかくただ、息をしていればいいんですね?」
というわけではありません。
瞑想での息の仕方には、守るべきコツがあります。
そのコツを守らないと、うまく前頭葉が鍛えられずに、
「悩みから抜け出す・理想の自分に変わる」ということができません。
ですから私が、瞑想の正しいやり方についてまとめました。
…ただ、これをまとめている間、こうも思いました。
「瞑想すれば変われますから!じゃ、そういうことで!」
というのでは…、
「そんなの、本当?これからただ瞑想してるだけで?他になにもしなくていいの??」
と心配になる気持ちが消えないのではないのかと思います。
そこで、瞑想のやり方についてだけではなく、
今日からすぐに取り組める、「自分に自信をつけていく作業」についてもまとめました。
私がまとめたものは、こちらです。
自分に自信がなく、物事を先延ばしにしてしまう。いつもいつも「次こそは」と根性論で取り組もうとして何度も挫折してきた。そのたびに、自分はだめだと責める気持ちが強まる。ちゃんとやらなければという焦りが強まる…。それなのに、なぜか毎回先延ばしを繰り返してしまう…。そんな方が、今日という日に、しっかりとやるべきことに取り組めるようになる簡単なワーク
いつもいつも、先のことを考えて不安になってしまう。ああなったらどうしよう、こうなったらどうしようと思うと夜も眠れず、今がおそろかになってしまう…。そんな方が、未来の不安を手放せるようになるワーク何がどうってわけじゃない。でも…いつも漠然となにか不安がある。気づくとつい、過ぎたことを考えていたり、何かを心配していたり…気が重くやる気が出ない。肉体的な疲れよりも、精神的な疲れが強い。
そんな方が、劇的にやる気を上げて、憂鬱な気分から解放されて今に集中できるようになるワーク自分の欠点が認められない。どうして私はこんなに弱点だらけの人間なんだ…。人は弱点があってもいいっていうことは頭ではわかっているけど、どうしてもどうしても…、私はこの、自分の弱さが許せない!そんな方が、自分自身の弱さを受け入れていくワーク
怒っちゃいけない怒っちゃいけないって思ってるのに、ついカッとなってしまう。関係ない人に八つ当たりしたり不機嫌になって、あとで後悔する…。やめようと思ってるのになかなかやめられない。どうすればこの怒りっぽさが直るのか?そんな方に、怒りを手放すことで人間関係をよくするワークすぐに自分を責めてしまう。何かうまくいかないことがあると、
「どうせ私がだめな人間だから…」と思えてしょうがない。そんなに自分を責めることないって、頭ではわかっているはずなのに…。そんな方が、自分を責めるのをやめて人間関係をよくするワーク
これらのワークなのですが、もしあなたが、
「自分の性格を変えることなどできない。そんなことはすごく難しいことなのだ」
と思っているとしたら…、
きっと、私のご紹介するワークがあまりにも簡単すぎて拍子抜けしてしまうかもしれません。
「え?こんなことで??こんなことで変われるの?」
「もっと難しくて複雑怪奇なことが書かれているのかと思ったのに…こんな簡単な方法で大丈夫か?」
と、簡単すぎてかえって本当に効果があるのかと疑いたくなってしまうかもしれません。
けれど…、もしあなたが見たワークの内容が、ものすごく難解だったりしたら困ってしまいませんか?
それを読んだあなたは、
「あーあ、なんかよくわかんない。大変そう。やっぱり、自分を変えるのは難しいことなんだ…」
と諦める気持ちが強くなってしまうだけです。
大切なのは難しい講釈やテクニックではありません。
むしろ、可能な限りまで無駄をそぎ落として「これなら毎日続けられそう!」というくらい簡単にすることです。
自分を変える方法があろうとも、それを実践できなければ意味がありません。
だからこそ、誰でも実践できる!というくらいに簡単な方法にしてあります。
「本当にこんな簡単なことで自分が変わるのか?」
と思うかもしれませんが、まずは取り組んでみてください。
早い方ならその日のうちに、
「なんだか、心の中に変化が生まれてきた!」
と気づくはずですよ。
本当は、自分を変えるなんてこと、簡単にできるんです。
「難しいに決まっている。できるわけがない。」
そう決めつけているから、できないだけなんです。
「チャンスはきっと、今ここ以外のどこかにあるんだ」
そう決めつけているから、今ここにあるチャンスが見えないだけなんです。
私は最初、この瞑想と自分を変えるワークを作りながら、
「うーん、これが完成したら、6000円くらいで販売をしようかなぁ…」
と思っていました。
でも、
「早くみなさんに瞑想を実践してほしい、早く効果を感じてほしい。
それなのに、値段が高いせいで誰も買わずに、誰にも実践してもらえなかったら本末転倒だな…」
とも思いました。
ということで思い切って半額の、
3,000円
にいたします。
(お支払い後、すぐにダウンロードしてご覧になれるダウンロード教材・PDFデータ105ページ分です)
売上の一部は児童虐待防止のための寄付金として使用させていただきます。
あなたの中にも、こんな思いがあるかもしれません。
「お母さんにダメな人間だと言われた。その過去が今でも忘れられない」
「お父さんが無関心だった。これからも誰にも愛されないのではないかと思うと、未来に希望が持てない」
このように、人がいまこの瞬間を生きられなくなる大きな要因は幼少期にあります。
1人でも多くの子供が満たされた幼少期を送るため、
そしてその子が、いま現在をめいっぱい笑って生きられる大人に育つため、
あなたのお金を使わせていただきます。
「買う前に聞きたいことがあるんだけど…」という場合には、お気軽に、
hikiyose_makoto@yahoo.co.jp
までお問合せください。
あなたも、「いま・ここ」を生きてください。
あなたが理想を叶え、1日を「最高のプレゼントだ」と思い生きられますように。
特商法に関する表記
Copyright (C) 2018 (infotop)3時間で、あなたは変われる。自信をつける幸せメディテーション All Rights Reserved.
3時間であなたは変われる。自信をつける幸せMeditation
前頭葉の痺れる感覚現在、脳の前の方辺りが痺れている状態です(前頭葉?辺りが炭酸のようなシュワーっとした感覚になっています)この症状は、8年前に(17)初めて発生して、3ヶ月から半年ほど痺れが続いて、いつの間にかなくなって、また一年後とかに発生しての繰り返しです。痛みはなく、寧ろドーパミンやアドレナリンみたいなのが放出されているかのような感覚なので、何か考えがまとまったり、脳の働きがよくなっている吉兆なんだとポジティブに捉えていますが、実際はどんな症状なのか気になるので質問してみました。
カテゴリマスターしがない医者ですどうしても脳と関連ずけたいようですが脳は関係ありません脳は知覚がありません三叉神経と言う末梢神経が関係しますいずれにしても病気でも脳とも関係ないでしょう
スマホゲームをしていると前頭葉が働かないので脳に悪いなど聞きますが何もせずにボーっとしてる時やテレビを見てる時ましてやうんこしてる時だって前頭葉働いてないんだからスマホゲームしても一緒じゃないですか?スマホが脳に影響を及ぼすってのは本当ですか?もしスマホは脳をダメにするなら言ってください、極力使わないよーにするので。(スマホによって勉強時間が少なくなるから頭が悪くなるっていうのは分かるけどそんなの誰だって分かる。)
本当なんじゃないかな。前頭葉が働かないってのも結果として働かなくなるってこと。目を酷使したり、肩や首が緊張するから血流が悪くなり脳が疲労する。結果として、前頭葉が正常に働かない。脳の疲労を取るのには身体を動かすのが一番。
前頭葉に異常があるのは先天的なものに限られるのですか?それとも脳の前頭葉は成長過程で後天的にショッキングな出来事に遭ったりしたら壊れたり異常が出たりするのでしょうか?
現在の医学において、前頭葉の異常を客観的に検出できません。fMRIなどで、なにかをしているときに脳のどの部分が活性化するかは計測できますが、それでも正常か異常かを判断するほどではありません。発達障害などで知能が低下していますが、前頭葉に特異的に異常があると診断しているわけではありません。最近、聴覚神経系の応答は客観的に計測することができるようになってきたので、発達障害の一種として、聴覚神経系の異常は注目されています。とはいっても、聴覚神経系のみが特異的に発達が遅れているというものでなく、神経系の他の部分も発達が遅れていることが多いとされています。
脳梗塞画ありMRの撮影になります白い部分が前頭葉脳梗塞ですまた数カ所古い脳梗塞がありいつのかは分からないと言われました。前頭葉をやっているのですが歩行はゆっくりながら出来ます手の麻痺は無しただし右足は弱くなっています前頭葉脳梗塞になり言葉が出づらい数字の計算が苦手になり認知症と言われました。記憶は短期記憶があり古い話はもちろん新しい記憶もあり出来る事出来ない事がはっきり目立つ程苦手になった記憶が薄れる不安は本人も自覚ありまた無関心になりどうでも良い拘りが強くなりました。医者ならは認知症と言われ認知症にも種類がありこれは脳血管性認知症でしょうか?既に梗塞が起きていたのかもしれないですが脳梗塞前の3カ月前辺りから吐きまたしゃっくりが続きました喋りは今よりはっきりしていまて脳梗塞を起こす2カ月前辺りからボーっとしているような感じはありました喋りも無口になったと思い深くは考えていませんでしたですが急に体の一部が勝手に動きコップを持ち置いたり持ったり良く分からない感じになりご飯も食べる気せず捨てたと言った日に泊まり込み様子を見ていましたまず、ないない探し物をしていて既に名前が言えないくらいのパニックを起こしてた。その日の午前中は勝手に手が動く自分でも何をしているかわからず急に記憶が鈍りナイナイ記憶を探していたのです。前頭葉の大きな脳梗塞を起こす前に小さな梗塞をし意識があるてんかんを起こしたのか?てんかんの脳波は出ていないですが脳梗塞を起こし5カ月後に全身痙攣長い発作を起こしました。症候性てんかんといわれました脳梗塞をして退院して初めての発作でしたそこからてんかんの薬を内服していて今は落ち着いています。この脳梗塞は心房細動からの脳梗塞と言われました。長い歩行は出来ないけど階段などは頑張って上がっています右足は弱いながら頑張っています他の古い梗塞はどの部分かは詳しく聞いても治しようもないので細かい説明がなかったです。小さい梗塞から意識あるてんかん発作不整脈で大きく前頭葉に飛んだのかも知れないですが不整脈が出ててんかん発作で脳梗塞ってありえますか?小さい梗塞でてんかんが起き前頭葉に大きな脳梗塞になり一気に言語障害など勘違いする事も多々ある被害妄想、自己中、やれる事やれない事がはっきりしているあるけるが右足は弱いです。これは今回の前頭葉からくる後遺症でしょうか?また古い梗塞がどの一からで後遺症も変わりますよね?詳しい方がいらっしゃれば教えて欲しいです。また脳の収縮の度合いも知りたいです今の医者は余り詳しく教えてくれません介護側ですが不安でたまりせん。
左の中大脳動脈領域の脳梗塞ですね。この部位では失語症(運動性:言葉がでにくい)が生じます。また、計算なども苦手になります。運動麻痺は、この部位だと出てもいい画像な気もしますが、幸い軽度で済んでいるということでしょうか。。もちろんこの大きさの脳梗塞では脳血管性認知症も発症します。ただし、ご本人を見ないと判断できません。この画像はMRIのディフュージョンという画像で委縮などは見にくいですが、前頭葉が少し委縮している印象がありますね。ただ、委縮しているからと言って認知症があるとも断言できないので、ご本人をみて、、、としか言いようがないです。不整脈→てんかん→脳梗塞はありません。順序が逆です。不整脈→脳梗塞→てんかんはよくあります。ただ、脳に損傷がなくてもてんかんが生じるひとは結構な頻度でいるそうですよ。※リハビリ職の画像をかじった程度に勉強したものの言うことなのであまり信用しきらないようにお願いします。
前頭葉の働きを活性化、高める訓練方法を教えて下さい。補足パソコンを使っていると読むことはあっても書かない、計算しなくなっちゃいますね
脳のトレーニングをおこないことが一般的です。この場合に、ご質問者様の記載されています、前頭葉を活性化させることを考えるのが大切になります。前頭葉とは、解剖学的に、運動前野と前頭前野、運動野の3つに分けることができます。但し、一般的には前頭前野を指して前頭葉といい、重要な働きをしています。前頭葉は、現状を把握し、次にどういう行動をとれば良いのかを考え、目標達成のための計画を立てて実行し、その結果を自己分析するという脳の司令塔のような役割があります。脳トレをしていく中で、前頭葉に効果がある脳トレをプログラムに加えることはとても重要な意味を持っています。前頭葉の機能が低下すると、記憶力が極度に低下する健忘症になったり、自分の状況を把握し計画を立てて生活を送ることができなくなる認知症になってしまう確率が高くなるためです。脳に占める前頭葉の割合を哺乳類で比較すると、最も多いのが人間で29%です。一番人間に近いチンパジーでも17%、ペットとして身近な犬が7%、猫はさらにその半分の3.5%とされており、人が人らしくあるためには前頭葉の働きはなくてはならないものといえます。なかでも、「読み・書き・計算」が前頭葉を活性化することは下記のサイトでも述べられています。http://www.geocities.jp/tanbowaii/sougou-etc/s016.htmlまた、ぬり絵も前頭葉の働きを高める効果があるとされています。ぬり絵開始30秒後には。脳が活性化したという実証があるということです。視覚野のある後頭葉や、色や形の記憶が保存されている側頭葉を使い、何色で、どうやって、どのように塗るのかなど、作業プランを立てているときは、前頭葉にある前頭連合野が働き、実際に色を縫っている時は、前頭葉にある運動野によって、手の動きがコントロールされているためです。