株式(IPO・現物・信用)

空売り塾

空売り塾



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

空売り塾

■商品詳細:

泉式空売り塾では、空売りの技術を習得頂きます。
「泉式 空売り塾」で教える技術は株が下落する数日前にサインを発見する技術です。
材料や情報を一切シャットアウトします。
テクニカルチャートのみを使い指標を組み合わせます。
指標の使い方という多種多様に様々です。

それを全部分析していては、いろんな結果が出て当然迷いが生じます。
ですが実は、指標には組み合わせがあります。
私が組み上げたシステムは、10年以上に渡って試行錯誤し、効果を最大限に引き出す組み合わせです。

真のトレードシステムというのは、多くの指標を多用するのではなく組み合わせ、簡素化したシンプルなものです。

「泉式 空売り塾」で教える技術は、その指標の組み合わせにより、数々の相場の波動を明確にチャートから読み取りトレードしていく技術です。

■商品内容:

◆教科書(テキスト)PDF62ページ◆テキスト動画 総606分

■ジャンル:

株式(IPO・現物・信用)

■販売価格:

128000円

■販売者名:

株式会社トレードイノベーション
★株式(IPO・現物・信用)☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

空売り塾
泉式空売り塾
–>
株の学校では、年齢も10代~70代まで、性別に関係なくどなた様も次々とトレードの実力を向上させていきます。教えていることは、突き詰めて言えば「情報を無視しろ」「方向線で判断しろ」これだけなんです。シンプルな内容だから初心者でも実行出来ます。パフォーマンスがアップしていくのです。株式トレードに失敗する人は、決まってニュースやネットを見て情報を集めています。これが間違いなんです。株価はニュースとは無関係に動くことが多いです。もしニュースを見るだけで儲かるなら、誰でも儲かりますよね。実際にはそんなことありません。では情報を捨てたとして、どうすればいいのか。実は株価が下落するときには、一定の法則があるのです。突然ですが、お伝えします。
このことに気づいてから、私のトレード分析は一変しました。繰り返しますが株は必ず下がります。上がっているときは想像もできませんが、特に加熱した買い手が多い相場が途切れたときは思わぬ暴落を経験します。そして、多くの人が暴落したから損をしたとか全員も損をしているなどと考えたりします。しかし、現実は違います。暴落する株の中でも、儲けている人間がいるのです。これは極めて重要な情報です。専門的な知識や技術は必要ありません。
申し遅れました。皆さんはじめまして。私は泉 幹(いずみ もとき)と申します。
まずは、簡単に自己紹介をさせていただきます。突然ですが実は私も以前は、株で負けてばかりでした。多くの方と同じように、ふとした事から株を始め、新聞や証券会社の情報を必死に分析し、ニュースも欠かさず見て常に情報をキャッチし、分析を繰り返しながら売買していました。しかし、どれだけ頑張っても・・・全く勝てないのです。そんな日がいつまでも続き、負けの焦りが日に日に重なっていきました。ついに焦りは限界に達しある時大きな勝負に出る事を決意しました。
気が付くと生活が出来なくなっていました。目の前が真っ暗になり、頭を何かで殴られたような衝撃を受けました。最悪の 選択も考えました。考えたというより、ボーっとすると、つい勝手に頭が想像してしまうのです。。。そして、「僕には株の才能がない。真面目にサラリーマンでもして一生を終えよう・・・。」と、一旦株から足を洗おうと決めました。が、しかし、一度株の魅力を知ってしまうと、辞めることは出来ません。(皆さんもそうではありませんか?)負けたことが悔しくて悔しくて、気がつくとまた株の本を読んでいたり、無料~有料のセミナーへ行きまくり、猛勉強をしていました。
僕を動かす原動力は、ただただそれだけでした。一度で数百万円のセミナーに行ったこともありました。しかし、勉強すればするほど、どんどん株がわからなくなります。理論だけが揃っていっても、実際にそれを活かす事が全く出来ないのです。そんなある時大阪のある個人投資家グループをネットで発見し、その門を叩きました。そこはマンションの1室で、部屋全体がモニターに囲まれた部屋でした。今思えば、本当の意味での私のトレーダーとしての第一歩は、そこから始まりました。そこで出会った仲間と毎日朝から晩までトレードの研究を行い、グラフ用紙に当時はイカリ足というチャートを手書きで書いて、相場の癖を見抜いていきました。そして「株価の性質」を発見しました。株価がある一定の法則で動いていたのです。特に重要なのが「ある線」でした。それは相場の原理原則でした。テクニカルチャートはいわば多くの投資家が売買を行った足跡です。要するに人間の行動、集団心理の表れなんです。ですから、そこには癖が出てきます。これを法則化したのが「株価の性質」です。この原理原則からより効果的に利益を出すため、数個の指標を組み合わせ、トレードシステムを確立しました。そこで、私はこの技術をその投資家グループの中で周りのトレーダーに教え始めました。するとそのトレーダーの成績は、みるみるうちにアップし、月間で数百万~数千万の利益を出すトレーダーも現れました。そこで私はこのスキルを体系化し、スクール形式で株で勝てない人々のお役にたとうと決めました。。。
なぜ、株で負けるのか?
結論から言います、個人投資家が株で勝てない理由は、大きく分けて以下の3つです。
「株の知識」を勉強してしまう
「情報」に頼ったトレードをしてしまう
負けないためのに「ノウハウ」を知らない
ではひとつひとつ説明していきましょう。
1.「株の知識」を勉強してしまう
どれだけ「株のお勉強」をしても、儲けには繋がりません。
こんなことを言うと怒られそうですが、事実です。
これは、車の運転に似ています。
どれだけ車やエンジンの構造を勉強しても、
それだけで車を運転できるようになるわけでは無いですよね。
そんなシンプルなことは誰にでもわかりますが、
これが「株」となると、専門用語も多いし、
難しい世界の気がしてしまいます。
その結果、「株のお勉強」を始めてしまうのです。
もちろん、これも不要なものではありませんが、
ただ車の構造を知ったからと言って、
上手に車が運転できるようにはなりませんよね。
車以上に、経済はさまざまな要因が複雑にからみあっています。
ですから、どれだけ「経済の仕組み」を理解したところで、
それを現実の売買に役立てることは不可能に近いのです。
2.「情報」に頼ったトレードをしてしまう
一般的な株式投資の常識として「情報を集め」「それを分析して」「売買する」というものがあります。そのために、多くの方が経済新聞や雑誌、アナリストの レポートを読み、四季報を読み、必死にテクニカル分析を勉強します。しかし現実のケースでは、「ある会社の業績が上がりそうだ」という情報は、機関投資家であればほぼリアルタイムに、即座に手に入れることが出来ます。そのため、株価が上がる前の「本当の底値」で買うことが可能です。というよりも、自分で底値をつくるのです。しかし、そういった情報が、アナリストのレポートや新聞記者の調査を得て、記事となり、印刷され、配送されるころには、すでに機を逃がしています。機関投資家と、機関投資家の動きに気づいたプロ個人投資家の買いによって、すでに株価が上がった後なのです。そして素人・初心者は、一番高値で株を買うことになってしまいます。
3.負けないためのに「ノウハウ」を知らない
それは、「負けない技術」です。一般の個人投資家は、一回一回のトレードの勝ち負けにこだわりますが、プロの個人投資家は、最終的な利益にこだわります。
実は、プロの個人投資家は、3勝7敗もしくは、4勝6敗のなかで、手堅く利益を確定しています。つまり、適切なロスカットポイントで損きりを行って、トータルで利益を堅実に重ねていきます。ところが、初心者の方にこの話をすると「えぇ!7割も負けるんですか!9割~8割は勝つものだと思ってました!」と言われます。この考え方をしている限り、個人投資家が利益を出し続けることは出来ません。しかし非常に多くの初心者が、こう考えて、投資を始めてしまうのです。はっきりいって推測が甘すぎます。どうしても学校では100点をとる事、正解する事が正しいと教えられてきているので、日本人は全部勝つことが正しいという固定観念があります。しかし、トレードの世界は当然ですが100%当てる事は不可能です。100%勝てるノウハウがあれば、相場は崩壊してしまいます。ですので、損失を抑え利益を伸ばすにはスキルが必要です。プロの個人投資家は、そのスキルを日々磨いています。とはいえ、そのスキルは何も特殊な能力を必要としている訳ではありません。それを知っているか知らないかの世界です。
始めてすぐに儲かったという人の話というのは、良く聞きますよね。問題は、負けたとき、つまり損失が出てしまったときに、それを最小で防ぐのが、非常に難しいのです。負けたときに、「もう少し待ってみよう」といってズルズルと負け続け、最終的に勝ちの利益も吹き飛んでしまうような、大きな損失を出します。これが、殆どの人の典型的の負けパターンです。実際に、書店に並ぶ書籍を見てみてください。多くの書籍が、儲け方についてはノウハウを公開していますが、損失を防ぐノウハウはあまり書いていません。これは、その見極めに独特のスキルが必要なのと、投資家のメンタルが影響を与える部分が大きいからです。このノウハウについては、実際のトレードを通じて、ケースbyケースの実践でしか学ぶことが出来ないのです。そこで私は空売りという手法を推奨しています。それも、私の空売り手法は原理原則に基づいた手法を使います。とりわけ株価が世界的に長期にわたり低迷している今、現物株を保有することはリスク以外のなにものでもありません。相場全体が弱気になっていますので、ネガティブな情報に過敏に反応しやすいです。
空売りで勝てた理由
その前にまず、空売りとは何なのかを簡単に説明します。空売りとは、信用売りとも言われる、投資手法の一つで実際に株を所有していなくても、その株を証券会社から借りて売る行為の事を指します。つまり、これから株をはじめるような方でもまず株を買うのではなく、いきなり株を売るという事が可能なのです。ではなぜ、空売りが有効なのか?売るという行為から始める事で、株価が下落していく局面でも利益を得る事が可能です。つまり、空売りは暴落を利益に変えるための最善の手法なのです。いろいろな講演やメディア出演で私が言い続けている事は、個人投資家は空売りの手法を覚えてください、という事です。僕の感覚では、個人投資家が「買い」で儲けるのは至難の業だと思っています。なぜなら、これから上がって行く有望な銘柄を探し当てるのは、凄まじく難しい事だからです。闇雲に地面を掘って、宝を探すようなものです。しかし、なぜか多くの人は、こういう宝探しが大好きです。僕はこのような銘柄探しは一か八かのギャンブルだと思っています。この宝探しをしている人達の頭の中は、未だ高度経済成長中の日本のままです。既に日本の高度経済成長は終わっています。現状は下降中です。もし買いで儲けたいのなら、今から高度経済成長に入る国の株を買う事です。実際、有名な資産家は大量の資金を持って、そういう国を探しています。一度あの三大投資家の1人、ジム・ロジャースさんと一緒に講演をし話をした事がありますが、彼もそういう視点で投資先を決めると言っていました。しかし、皆さんは日本株を運用する個人投資家です。確かにこの日本でも、これから上昇してくる銘柄もありますが、その数は少ないわけでそれを見つけるのは難しいです。逆に今上昇している銘柄を見つけるのは簡単です。今上昇している銘柄は、いずれ必ず下げてきます。それを虎視眈々と狙うわけです。さらに、「リーマンショックなどの、暴落の周期」「日本崩壊説」「中国バブル崩壊による、アジア全体の株への影響」など買いで入る場合には大きな痛手を受けますが、
殆どの人が損失を膨らませる中、空売りトレーダーが何もせずに大きな利益を得る事になるでしょう。下げている銘柄がこれから上昇するかどうかは解りません。ただ、上昇している銘柄は、いずれ必ず下げてきます。下げるチャートの形さえ覚えてしまえば、空売りは本当に簡単で、有効な手段になります。株を簡単にする方法、それは「空売り」と言っても過言ではありません。まさに長く使える財産です!
泉式空売り塾で教えること
「泉式 空売り塾」で教える技術は株が下落する数日前にサインを発見する技術です。材料や情報を一切シャットアウトします。テクニカルチャートのみを使い指標を組み合わせます。指標の使い方という多種多様に様々です。それを全部分析していては、いろんな結果が出て当然迷いが生じます。ですが実は、指標には組み合わせがあります。私が組み上げたシステムは、10年に渡って試行錯誤し、効果を最大限に引き出す組み合わせです。真のトレードシステムというのは、多くの指標を多用するのではなく組み合わせ、簡素化したシンプルなものです。「泉式 空売り塾」で教える技術は、その指標の組み合わせにより、数々の相場の波動を明確にチャートから読み取りトレードしていく技術です。過去の個別銘柄でのチャート分析をみて見ましょう!
3632グリーは4/24に2263円で逆指値で空売り。この場合の利益確定は5/11の寄り付き(始まった値段)1531円で利益確定の買戻しになります。732円の値幅、1000株で732,000円の利益です。
8136サンリオは5/9の寄り付き(始まった値段)3350円で空売り、5/22の寄り付き2770円で利益確定の買戻しになります。
580円の値幅、1000株で580,000円の利益です。
87203トヨタ自動車は7/9の寄り付き(始まった値段)3170円で空売り、7月19日の寄り付き3030円で利益確定の買戻し。140円の値幅、1000株で140,000円の利益です。
2432ディーエヌエーは7/23に2108円で逆指値で空売り、7/27の寄り付き1850円で利益確定の買戻し。258円の値幅、1000株で258,000円の利益です。
6752パナソニックは7/10に614円で逆指値で空売り、7/19の寄り付き548円で利益確定の買戻し。93円の値幅、1000株で93,000円の利益です。
このように、この空売り塾のノウハウを使えば、売買する為の「明確な値段」が出ます。時代が変わっても、この相場の動きは不思議と変わりません。ほんとに不思議と変わらないのです。そして、ケースbyケースでの注文の出し方も明確になります。(値段を明確にして売買します)人間は明確にならないと行動を起こせないものです。この空売りの技術は常に明確です。トレーダーにとって明確に行動できる事は、なにより重要な事なんです。損失を限定し、利益を積み重ねる最も重要なトレードスキルを身に着ける事ができます。
泉式空売り塾はこんな方におすすめします。
株は分析に時間がかかると思っている方
時間をかけないサイドビジネスを探している方
(空売り塾は分析に3分しかかけません)
ボーナスカットやリストラなど会社に頼れないと思っている方
今まで株式投資をしたけど、思うようにいかなった方
年金も期待できない、可処分所得が減っていくという不安の方
経済低迷する中で、投資で儲けたい方
401Kで損失を出している方
泉式空売り塾 体験談
泉塾長をはじめ講師の方々お一人お一人の心のこもった講義、一つ一つの心のこもった教材に感謝します。長い人生で株を一度も買ったことがなく、むしろ株は怖いものと考えていた私が何かのきっかけで株に興味を抱きました。そこから空売りという真逆の手法があることを知り、色々と調べだし、株の学校123、人柄がにじみ出る泉塾長を知り入塾させて頂いたことは、振り返ってみて私の人生にとっては奇跡だったと思えます。講義で習ったことは忠実に実行し、一歩一歩向上を目指してゆきます。本当にありがとうございました。皆様方の健康とご活躍を祈念いたします。
株には興味ありましたが、株のトレードは全くの未経験でした。ある時、インターネットで「空売り塾」というのに目がとまりました。株というのは買って利益を出すものだという考えしかなかったので、まず売って利益を出すという方法に、すごいおもしろそうだと興味をもち、たまたま知ったその日に、インターネットで発見して、それを見てその日に入会してしまいました。全くの初心者で不安でしたが、詳しい説明の動画とテキストがあり、株の売るタイミングとポイントがわかるのです。チャートを見ていると誰でもわかるので、そのポイントで仕掛けるだけです。毎回利益が出るわけではないのですが、ロスカットの方法も詳しく教えてもらえるので、負けるときはマイナスの金額があらかじめ計算できます。トレードは勝ったり負けたりですが、小さく負けて大きく勝つという感じですので、利益が出せる感じです。株価は下げるときは大きく下げることも多いので、利益が出やすいです。その後、123の「買い」の理論も学び、「買い」でも「売り」でもトレードできるようになりました。株というのは、上昇相場でも一直線に上がるわけではなく、上がったり下がったりしながら上昇しているので、両方のポイントがあるので売りと買いで勝負できるのは面白いです。株をギャンブルではなくビジネスとしてとらえるという考えがとても良いです。
空売り塾では、空売りのタイミング、空売りを仕掛けるチャートの形を学びました。この上昇相場でも2,3回空売りのタイミングがあり、学んだ通りに行うことで大きく利益を出すことができました。空売りは、短い期間で大きな利益を出すことができるのでこれからの下降相場に向けて大きな武器を手に入れることができたと思います。
空売り塾に入って変わった事は、ちゃんとトレードができるようになった事です。塾に入るまでは訳がわからずおこなっていました・・・。勉強で学んだ事は、非常にシンプルで、いくつかの指標を組み合わせて行うだけなので、初心者には解りやすい内容でした。最近は、しっかりと利益がとれるようになってきました。
空売り塾に入って変わった事は、ちゃんとトレードができるようになった事です。塾に入るまでは訳がわからずおこなっていました・・・。勉強で学んだ事は、非常にシンプルで、いくつかの指標を組み合わせて行うだけなので、初心者には解りやすい内容でした。最近は、しっかりと利益がとれるようになってきました。実際にプロの現役トレードトレーナーが講師なので、質問等も直接出来るので非常に勉強になりました。
「安藤さんもメンタル教えるからには、投資をやらないとね」これが僕が泉さん指導の下で投資を始めた理由でした。こんにちは、安藤俊介です。僕は泉さんの株の学校123でトレーダーのためのメンタル講座をお教えしています。メンタル講座を教えるにあたり、トレーダーの心理を勉強するというのがそもそもの動機でしたから、とくに勝てるとも負けるともほぼ何も思わない状態で投資をスタートしました。ところが、いざ始めてみたら、、、トレード成績は最初の3ヶ月で+1,130,019円、、、正直、こんなに数字が上がるものなのかと。僕がこれまで投資にほとんど興味がなかったのは、自分で事業やって稼いだ方が早いと思っていたからです。でも実際に泉さんのやり方でここまで結果が出せるとなると、考え方を改ざるを得ないな、と。ただ、だからと言って僕が株に今詳しいかというと、全然そんなことないです。技術的な用語はほぼ知らないです。まあ、これは投資に限ったことではないのかもしれないですが、知識が深いのと、利益を出せるの間には大きなギャップがあるんですね。株はギャンブルではなく、ビジネスと言い切る泉さんの言葉は、本当に理にかなっています。僕が泉さんから教わったことで本当にそうだなと思うのは、「上がった株は必ず下がるが、下がった株は上がるとは限らない」一昔前に超優良だと言われた会社の株価を見てください。バブル崩壊にはじまり、リーマンショックで株価は下がったままです。だから、多くの人が塩漬けという辛酸をなめているわけですね。では、僕が毎日どれくらいの時間と作業を投資に費やしているかというと、僕はアンガーマネジメントの講演、セミナー、研修が2、3日に1度程度の割合で入っています。PCに張り付いてずっと画面を見るのは物理的にできないんです。なので、普段はiphoneで朝、昼、夕方に株価などをちょっとチェックする程度です。それでも、正しい知識、ルール、仕組みさえわかってしまえば、これくらいの労力で非常に大きな成果をあげてしまえるんですね。繰り返しますが、泉さんの投資理論、技術は本当に理にかなっています。僕自身、アンガーマネジメントというコンテンツを提供する側なので、仕組みが本当に考えられてつくられているか、ただの体験談でつくられているだけなのか、簡単に見極められる自信があります。だからこそ、泉さんの理論と技術に心底惚れて、投資を、空売りを続けているわけです。余談ですが、僕はギャンブルはほぼしませんし、興味もありません。パチンコは生涯で5回もやったことがないです。唯一、カジノにはたまに行きますが、ギャンブルが好きということではなく、あの雰囲気が好きだから行くだけです。空売りはビジネスです。たまたまあたった、はずれたという世界ではないです。僕が3ヶ月で100万円以上の利益を出したのは、実は取引は120回以上しています。それだけ繰り返し取引をしても、まず負けてないんです。負けてないどころか、大幅なプラスになっています。これがいかにすごいことかは、投資をやっている方はすぐにわかるでしょう。日本としては株価は上がらないといけないでしょう。しかし、残念ながら日本の株価は下向きなんです。個人が自分の資産を守る、資産運用をしていくのであれば、その下向きの流れに乗る空売りという方法が最適です。投資に興味がある、始めてみたいということであれば、泉さんの空売りの技術を覚えることをオススメします。空売り塾で負けない強い個人投資家になってください。
仕事柄、上場企業の企業価値を理論的に分析し、上場企業に対して企業価値をたかめるための戦略などをアドバイスしてきたので、株式投資でも、買いばかり考えていました。経営分析、戦略分析は海外で関連する学位を持ち、日米の証券アナリスト資格ももっているので、株価分析も非常に得意だと思っており、この知識をもって安い株を見つけて投資活動を行えば儲かるはずだとおもっていました。しかし、長い目で見て多少プラス程度であり、上場企業にアドバイスして仕事をしている分析力の高さから見ればもっと高いリターンを得てもよいはずだという思いが非常にありました。そこで、実際に市場で利益を出しているプロの技を勉強したいと思い、いろいろと調べたところ、株式投資のノウハウの伝授で定評があると知人からの紹介で株の学校123に入学し3か月たちました。そこで学んだことは、空売りの重要性でした。当たり前の話ですが、単純に言ってしまえば、株は上がるか下がるか、どちらかです。@買って儲ける技術しかない投資家と、A買いも売りでも設ける技術を持っている投資家と比べれば、Aにとって投資機会がほぼ倍増するという当たり前の話に気が付かされました。こんな当たり前のことを知らずに、何をやっていたのかと衝撃を受けたぐらいです。自分の得意な理論的な視点で見ても、空売りは、実は資本市場の健全な発展に欠かせないと思っています。例えば為替取引で利益を出そうと思っている投資家同士で、ドルを売って円を買う取引が成立したときに、ドルを売って利益を出そうとする投資家と円を買って儲けようとしている投資家が50%ずついることになります。この場合、売りと買いの思惑が瞬間、瞬間では丁度50%です。ところが、株式投資はほとんどの人が買い主体で投資活動を考えており、売りで儲けようと考える人は1割程度と言われています。ただ、買い主体だといってもどこかで必ず売って利益を確定するので、実は買い目線の投資家が多いことは将来の売り圧力を増大させていることに他なりません。空売りは一見、売り圧力を増大させるだけかと思われがちですが、そうではありません。将来必ず買戻しにつながるので、将来の買い圧力を増大させていることになるわけです。よって、買いで儲けようとする人と売りで儲けようとする人が本来は50%ずついることで、一方的に将来の買い圧力や売り圧力が増大すること緩和され、結果として急騰や急落がなくなり、安定した株価形成がなされることになります。為替ではだれもが売りと買いの双方で儲けようと考えて投資活動をしていると思います。円ドル投資で、円の買いだけで儲けようと考えている人はあまりいないと思います。株だって同じことです。空売りでも儲けることができる技術をもつ投資家が増えることは、じつは資本市場の健全な発展に寄与するわけです。よく空売りで急落が起きたといわれますが、たいていは空売りはあくまで切掛けにすぎず、本質的な原因は、買い主体で投資してきた投資家が多すぎて、将来の売り圧力が増大したためにそれが健在化して急落したと考えるべきです。空売りで儲けようとする投資家が少ないからこそ、将来の売り圧力が増大して過ぎて、株価の暴落が起きやすくなるわけです。ただし、そうは言っても、現実は、買い主体の投資家が多い構図は変わりません。よって、買い目線の投資家は、常に暴落の危険と隣り合わせというのが株式投資の実態であるわけです。以上を理解すれば、空売りを学ぶことが、株式投資を行うための気構えとしていかに重要なのかわかります。買いの技術だけでは、暴落のリスクにさらされているだけです。空売りの技術を持てば暴落で同一銘柄を空売りすれば簡単にリスクヘッジができますし、また、他の銘柄を空売りすれば、逆に儲けがでるわけです。また、現状、買い目線の投資家が多いので、下がるときは、結果としてチャートや、板情報を見れば、非常にわかりやすいパターンが現れます。実感ですが、泉さんのノウハウで学んだ空売りの分析ノウハウによって下がるとおもった株はほぼ8割程度下がっているといっても過言ではありません。各種チャート分析をして、念のために財務データもチェックした上で、朝方寄り付き後30分程度の板情報や3分足のローソクチャートなどを見て、売りだと判断し投資して、その日のうちに手じまいすれば、10銘柄投資して全体的に投資金額の1%から0.5%程度は毎日利益を上げられるという実感です。まだ、未熟なわたくしでもそのような結果をだしているので、おそらく今後さらに経験を積めばもっと確率は高くなると思います。なお、空売りばかり話をしていますが、株の学校123では、買いの技術もしっかり教えてくれます。相場全体が上がるときが、1年で数か月程度おとずれますが、そのときは買いで当然儲けることが出来ます。下げ相場でも上げ相場でも一年いつでも利益を設けることができる技術を持つことが泉さんのノウハウで可能になります。このような回転の速い売買は、おそらく大規模な機関投資家では資金規模が大きすぎて無理だと思います。ぜいぜい1000万円程度の資金であれば、流動性のある東証1部を中心に1銘柄100万円で、10銘柄投資してわたくしのような形で毎日5万円から10万円程度は稼げるようになることは、泉さんのノウハウ通りにやればだれでもできるようになると思います。また泉さんのノウハウでは、空売りにおける、いわゆる踏み上げリスクに対処するためのロスカット技術についても実践に基づいたわかりやすいノウハウを伝授してもらえます。よって1000万円投資しても、かりに投資がうまくいかなくても損はせいぜい1日10万円程度に抑えられます。過去3か月で合計で1000万円の元本で、述べ数千万円投資を繰り返しましたが、未熟な投資技術だったころでも泉さんのノウハウで学んだロスカットを実践していたので最大損失は50万円を超えませんでした。まさに長い人性を生き抜く力を得たと思っています。この技術は世界で通用するので、そのうち世界の市場にチャレンジしたいと思っています。また、ネット環境さえあればどこでも投資活動できるので、将来的はリタイヤして、海外で投資しながら余生をすごしたいとも思っております。本気で株式投資を考え人生の選択肢を広げるために、泉さんのノウハウで、空売り技術を学ぶことをぜひお勧めします。
以下のことをマスターします
暴落を数日前に読み取る技術
上昇する瞬間と下降する瞬間を見破る技術
※株式トレードはこれだけ解れば実はそれ以外には必要ありません
普遍の真理 損失を限定する技術
空売り銘柄か買い銘柄か数秒で判定する技術
利益確定を明確に着実に行う技術
相場の上限下限の判定法
下落する可能性が高い価格帯の発見法
積極的に利益を増幅させるための方法
空売りに最適な銘柄の選出法
プロの思考(トレードマインドセット)
成功者のルール
泉式 空売り塾概要
動画とテキスト(PDF)で学習します!授業の内容に関する質問回答はございません。*テキストと動画視聴のサポート期間は2ヵ月です。
 サポート回数制限は無制限になります。
【サポートに関するお問い合わせ先】メール:otoiawase@123kabu.jp電話:03-6721-5948※この塾では投資判断に基づく助言行為は提供いたしません。◆教科書(テキスト)PDF 62ページ ◆テキスト動画 総606分◆期間閲覧:回数無制限
テキスト(PDF)・動画
ステップアップ動画配信
勝率をあげる為のノウハウの効果的なインプット法です。動画とテキストが2~3日に1回、1ヶ月間届きます。配信される動画に従って1日1時間程度、学習して下さい。
※ステップメールと同時に一つずつ新しい項目が閲覧できるようになります。
忙しい方でも、無理なく吸収できる内容になっています。日々、実践で使っているノウハウとスキルだから生きた生の実力がついてくるでしょう。
一人一人にマイページをご用意
塾生一人一人にマイページを用意いたします。各種問い合わせなどご利用いただけます。
テキスト(PDF)・動画
第1回  買い目線から売り目線に変えるマインド転換第2回  トータルで利益を目指す思考法を身に付ける第3回  さあ、信用取引を始めよう!!第4回  ビートダウントレードを活用したシステム売買第5回  マウントトップストラテジーで初動をとらえる第6回  泉式MACD戦略第7回  泉が考えるプロの思考法第8回  空売りを注文してみよう。逆指値の活用法第9回  ノンタッチエントリーでエントリーしてみよう。第10回  銘柄選択の大切なポイント!第11回  相場の上限で空売り、下限で利益確定をする方法第12回  ロスカット経費という考え方第13回  泉式空売り塾の売買法とは。第14回  トレードトレーニング法と未来予想図の作成方法
特典
【特典1】セットアップ動画【特典2】トレードマインドセットアップセミナー動画【特典3】図解!!売買ポイントチャートリスト【特典4】銘柄分析テンプレート【特典5】トレード成績管理表【特典6】100銘柄を3分で分析する方法【特典7】空売りチャート分析100選
※特典は、メールにて順次配信されます。
お申し込み
以下の利用規約に同意頂けましたら画面下のチェックを入れてお申込みください
※利用規約をご覧になりたい方、もしくはPDFファイルが見つからない方は、こちらをクリックしてください。
上記利用規約に同意して、お申し込みをする:
※クレジットカード分割払いはVISAかMASTERカードのみの取り扱いです。
※ご利用限度額をお確かめ下さい。商品金額以上の限度額がないと購入できません。
※クレジットカードによりご利用回数が異なります。予めご利用回数をお確かめ下さい。
※VISAデビットカードは分割決済をご利用いただけません。
※分割払いの回数により別途分割手数料がかかります。
(分割手数料についてはご利用のクレジットカード会社にお問い合わせ下さい)
※分割払いの回数は最大24分割になります。
 (1・3・5・6・10・12・15・18・24分割)
お問い合わせ
パソコンが苦手でもご安心ください。
動画がなぜか見れない。ダウンロードできない。
など塾を進めることができない場合は、事務局にて対応させていただきます。
お問い合わせ先:otoiawase@123kabu.jp
最後に泉塾長よりみなさまへ
P.S.株式相場には公言されないガラ空の手法があります。
毎日株式市場では数兆円の取引が行われています。毎日毎日数兆円です。あなたがそこから、たとえば毎月数十万円稼ぎ出そうが、数百万円稼ぎ出そうが株式市場全体への影響は極めて僅かです。つまり無限にお金が転がっているわけです。あなたはそこから、あなたが思うだけ、好きなだけ利益をすくい取っていいのです。そして、株式市場で行われるトレードの9割は「買い」です。「売り」は、全体の取引きのわずか1割でしかありません。これは需要と供給のバランスが大きく崩れています。株式相場は実はアンバランスです。つまり、9割の人間が知らないガラ空きの市場で取引を行えるわけです。あなたが思う理想の生活はどんなものでしょうか?海外旅行にいったり、高級な車や時計を買ったりすることでしょうか?それとも家族との時間をたっぷりと過ごすような、幸福な家庭を築いていくことでしょうか?あなたの夢がどんなものであれ、空売りトレードを一度学んでしまえば、その夢をぐぐっと現実に引き寄せることができます。現にこれまで何人もの受講生達が理想を実現化してきました。空売りの手法を手に入れることは理想への最短経路だと思います。そして、これまで受講した方々が口を揃えて、「人生変わりますね。こんな世界があったとは、早く知りたかった」というようにおっしゃいます。今このタイミングでここまで読んでいただいていると言うことは、あなたにも多かれ少なかれ、なんらかの人生の変化が働いているのかもしれません。ひょっとしてあなたも心のどこかで、何かを感じ取っているのではありませんか?とはいえ人生の変わり目では、躊躇することもあると思います。私からもう一つお伝えすることがあるとすれば、「人生を大きく変えるのはあなたの行動である」ということです。今までと同じ行動では、何も変化は起きません。今までと違う行動すれば、それだけ物事は動いていきます。今このチャンスをものに出来るかどうかは、ひとえにあなたの決断と行動にかかっていると思います。どうか、一歩踏み出すことに躊躇しないでください。あなたが成功するための全ての情報は、用意されているのです。あなたがすることは、動画とテキストでノウハウとスキルを手に入れる事です。私からは以上になります。また、お会い致しましょう。
よくある質問
初心者でも大丈夫でしょうか?
テクニック的に難しいことはありません。繰返し動画をご覧になってください。
資金はどれくらい必要ですか?
空売りは信用取引になりますので、証拠金として約30万円は必要です。(証券会社により異なります)
本文中に7割は負けるとありましたが、負けている間に受講期間が終わってしまうようなことはありませんか?
利益を得るというのは、実際には、勝率ではないんです。3勝7敗でも、利益を出すことは、可能です。10000円ずつ7回負けて、10万円ずつ3回買ったらトータルで大きく買っていることになります。ですので、勝率ではないんですね。空売り塾では、利益を伸ばす方法を勉強しますので、短期間の結果を目指します。(個人差があります)
1日最低どれくらいの取引時間が必要でしょうか?
私は、1日にチャートを見るのは、30分くらいです。あとは、別のことをしています。なるべく時間を使わずに最大限の利益を出す、難しいことを考えないというのが、私のポリシーですので、 そのやり方を動画では伝えられればと思っています。
初心者が実践した場合、どのくらいの期間でいくらくらい稼げるようになることを想定していますか?
動画の内容すべてを視聴して理解していただければ、
すぐに実践を始めることが可能です。
個人差は、ありますが、早い方で、1ヶ月もすれば、
資金の10%~20%を稼ぐ方もいらっしゃいます。(個人差があります)
なぜこれほどまでの情報を公開するのか不思議です。
持論ですが、ノウハウややり方を公開する人ほど、更に大きな利益を得られるという考え方を持っています。隠す必要がありません。私が、実践していることを、多くの方に伝えることによって、喜ばれ、そして、更に私自身も大きくなれると思っているからです。
現金の分割払いには対応していますか?
申し訳ございません。対応しておりません。
–>
【投資に係るリスク、手数料および業者の情報について】
当サービスは、金融商品取引法に基づく投資助言契約ではありませんので、有価証券の対価の額又は有価証券指標の動向など、あるいは金融商品の価値等の分析に基づく投資判断は提供いたしません。また、お客様において必ず利益が出ることを保証するものではありません。
現物株式の取引には価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。信用取引やFX取引は価格変動リスクを伴い、また証拠金を上回る取引を行うことがありますので、場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があります。現物株式の取引、信用取引ならびにFX取引にはには取引業者の売買手数料がかかります。金融商品取引業者 株式会社トレードイノベーション 関東財務局長(金商)第2423号
Copyright © 泉式空売り塾 Rights Reserved.特定商取引法に基づく記述
空売り塾
空売りについてしつもんさせてください。一般的に株は下がった時に購入し、上がって売るものと思います。空売りはその逆の上がった時に買って下がって売る、このようなイメージで良いでしょうか?今は日経平均も上がるのか下がるのか曖昧で手を出すのは怖いですが、任天堂に関しては個人的に天井に近いような気がします。スイッチが予想外に売れて株価が上がりましたが、よくよく考えればスイッチに革新性は無く、今後も目を見張るようなソフトも出ないように思えます。結果として任天堂の株は下がる、、と踏んでいます。皆さんの空売りの戦略や見込み銘柄などご紹介いただけたら幸いです。何卒よろしくお願いいたします。
空売りは、うまくいけば買って売るよりかなり効率はよいですが、万が一売り手が全員売り注文を取り消してしまうと、買い戻しの際にいきなりストップ高。それでも買い戻しができなければ、延々とストップ高が続く恐ろしい状況になります。(実際に見たことはありませんが)私は怖くて、手を出しませんけどねぇ・・・。
空売りの特徴教えてください。現在ホットリンクを空売りポジションで持っています。480?780まで急上昇。出来高2000万まであがり、今、現在は急落中。609円。一体、どこでリバウンドするか警戒しています。リバウンドしなければ、しめしめですが、質問なのは、空売りのポジが、どんどん大量に買い戻しがあると、買いの増強になり、陽線ができやすいのか?です。基本的な事でしょうが、教えてください。よろしくおねがいします。
空売りは、買いよりもスピードが速くなりがちで、踏み上げの可能性が怖いので、空売りするなら、テクニカルをしっかりマスターした方が安心だと思います。テクニカル上で反発しやすいポイントは、前回高安値やサポート・レジスタンス、フィボナッチ数(リトレースメント)の50%や61.8%移動平均線のMAや、一目の雲など、様々な止まりやすいポイントがあり、複数のテクニカル上の要点が重なり合うレートは、より抵抗が強力と言えるでしょう。この銘柄のチャートを見ると、週足では、長い期間のレジスタンスで上髭をつけ、毛抜き足を描いて下降しています。止まるべきところで止まったチャートです。今後どこまで下落するかは、分かりませんが、反転しやすいポイントは、現在のフィボ50%のレート、上昇初めのフィボ61.8のレート、大きなレジスタンスがあるり、かつ窓うめを完了する、上げ始め直前までのレート、前回サポートとフィボ0.76が重なるレート、そして週足のサポートで全戻しでもあるレート、と要点がいくつか見られます。今含み益があるならば、逆指値をトレールしつつ、チャートが反転しそうな形になるまでキープしてはいかがでしょうか。トレンド指標だけでなく、オシレーター指標も合わせて使うと、チャートが分かりやすくなります。色々勉強されると面白いですよ。
空売りの際の委託保証金率の引き上げとは?53%の率で手持ち資金100万円一株200円(1000株単位)だとどのくらいの空売り株を購入でき、株価はどのくらいまで安全でしょうか?
>どのくらいの空売り株を購入でき空売りできる株数…9.000株。100万円÷53%=約188万円188万円÷200円=9.400株>株価はどのくらいまで安全200円×9.000株(180万円)空売りして『追証』になる株価…271円。建玉180万円×最低保証金維持率20%=最低保証金36万円保証金100万円-最低保証金36万円=64万円の含み損までオッケー64万円÷9.000株=71円200円→271円(含み損-71円)※逆日歩がついた場合は、もっと早い段階で追証になる。てか、東芝のことでしょ(笑。
空売りと確定申告について。株取引きを始めたばかり、現在現物のみの取引きをしながら勉強中です。1、空売りというのをする場合、口座は信用取引口座を使うことになるのですよね?2、そうすると、信用取引で利益が出た場合確定申告が必要になりますか?20万以下なら申告不要、などありますか?3、もし確定申告が必要だとすると、特定口座(源泉徴収あり)での利益についても申告が必要になりますか?私は家族の扶養に入っている無職なので、特定口座での利益が大きい場合確定申告をすると損になるため、もし信用取引で利益を上げた場合に特定口座分の確定申告もしなければいけなくなるのなら信用取引には手を出さずにおこうと考えているのですが…。どうかお教えください。よろしくお願いいたします。
信用取引で利益が出た場合確定申告が必要になります。会社員ならば20万以下なら確定申告不要です。住民税の申告は必要です。特定口座(源泉徴収あり)での利益については確定申告不要です。
空売りをして、現渡をすることについて教えてください!たとえば株価1000円で現物を100株買い保持した状態で、株価1500円になって100株空売りをした場合、現渡というのをすると、どういう状態になるという事でしょうか?現在1800円であれば、現物+800と空売り分-300→+500現在1300円であれば、現物+300と空売り分-200→+100手数料等を考えなかった場合、上記の考えでいいのか教えてください!
>手数料等を考えなかった場合、上記の考えでいいのか教えてください!間違い。現物を持っていて空売りしたら、現物をその価格で売ったのと同じ。その後株価が変動してとしても、利益が変わるわけがありません。>現在1800円であれば、現物+800と空売り分-300→+500正しい>現在1300円であれば、現物+300と空売り分-200→+100空売りはー200ではなく+200なので、この時も+500で変化なし