株式(IPO・現物・信用)

日経225自動売買プログラム「R_H_225]

日経225自動売買プログラム「R_H_225]



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

日経225自動売買プログラム「R_H_225]

■商品詳細:

日経225自動売買プログラムです。
操作は簡単で、パラメーターをセットしてスタートするだけです。
ハイリスクハイりたーの設定も、ローリスクローリターンの設定もできます。

■商品内容:

日経225の自動売買プログラムです。

■ジャンル:

株式(IPO・現物・信用)

■販売価格:

59800円

■販売者名:

株式会社ファーストテクノロジーサービス
★株式(IPO・現物・信用)☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

スポイラーのタイトル
” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””] Nikkei225自動売買のホームページ
本文へスキップ
Nikkei225自動売買
簡単操作! \59,800.-
500万円で毎月70万円の利益も可能!
日経225専用自動売買プログラム
ダウンロード版 EA1点/マニュアルPDF2ページ
→ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから商品をダウンロードしてください。
本プログラムはMT4のEAで、ロジックは、売り買いの両建て方式、一方に規定以上の利益が出た時に決済する方式です。
ボラティリティが小さく比較的安全な日経225専用の自動売買プログラムです。
左下のデータ例の場合最大ドローダウンは4.72%となっています。
証券会社(ブローカー)はCFDで日経225を扱っていて、MT4が使える所でしたら国内外を問いません。
手持ち資金を着実にプラスにしたいと考えている方、ぜひご検討ください。
ギャラリー
初期設定
パラメーターをセットします。
AccountNo.:口座のアカウントナンバーです。当方に教えていただく必要があります。
wsysmbol:ブローカーにより異なります。JPN225、Japan225等があります。
minilots:最低ロット数です。0.1(1万通貨)が初期値です。
pips1:エントリーの刻み幅です。初期値は100(円)です。
Max_Position:売り、買い各々の最大ポジション数です。
国内証券会社(ブローカー)実行例
両建てで、売りと買いが各々1ポジションあります。
指定刻み幅は100円になっています。
スタート金額は250万円です。
ローリスクローリターンの設定です。
最大ドローダウンは5%にもなっていません。
7月3日より20日で117,000円程度の利益になっています。
海外証券会社(ブローカー)実行例
レバレッジが100以上と大きいためミドルリスクミドルリターンの設定にした例です。
刻み幅を小さく(pips1=14)、最大ロット数(MaxPosition=20)にしています。
初期資金は500万円です。
3カ月弱で約40%(200万円)の利益が出ています。
ボラティリティーが小さいと思った時にはこのような設定もできます。
最大ドローダウンは32%です。
プログラムの運用に慣れてからこのような設定をされることを推奨します。
実行中の画面
最初にパラメーターをセットしてスタートすれば、その後の操作の必要ありません。
経過を見るだけです。
ご自分のパソコンでも、VPSサーバーでもどちらでも使えます。
パソコンですと実行中は電源を切れませんし、再起動もかけられませんのでVPSサーバーが便利です。
ブローカーでVPSサーバーを無償で提供している所もあります。
参考 200万円を月5%複利で回した場合
初回入金2,000,000
1月   2,100,000
2月   2,205,000
3月   2,315,250
4月   2,431,013
5月   2,552,563
6月   2,680,191
7月   2,814,201
8月   2,954,911
9月   3,102,656
10月  3,257,789
11月  3,420,679
1年   3,592,000
2年   6,450,000
3年  11,584,000
4年  20,800,000
5年  37,358,000
※商品ファイルの閲覧には、アイドック株式会社が提供する無料ソフト
「bookend」がインストールされている必要がございます。
【投資に係るリスクおよび手数料について】
当商品は、著者と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
株取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。
株取引には取引業者の売買手数料がかかります。
ナビゲーション
ご購入はこちら
特定商取引法に基づく表記
このページの先頭へ
スポイラーのタイトル
” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””] 1pipsは、何pointですか?mt5でcrosshairでpointsとでてくるpoints。
POINT=取引の最小変動単位です.最小変動単位がレートの小数点以下2桁(USD/JPYなど)/4桁(EUR/USDなど)で扱う業者と,小数点以下3桁/5桁で扱う業者があります.PIPSとPOINTは下記のとおりです.★最小変動単位が小数点以下2桁(USD/JPYなど)/4桁(EUR/USDなど)業者USD/JPY1PIP=0.01円,=0.01円EUR/USD1PIP=0.0001ドル,1POINT=0.0001ドル★小数点以下3桁/5桁業者USD/JPY1PIP=0.01円,1POINT=0.001円EUR/USD1PIP=0.0001ドル,1POINT=0.00001ドル2桁/4桁業者と3桁/5桁ではpointの単位が違ってきますので,扱いに注意が必要です.MT5のcrosshairは使ったことないですが上記のことじゃないですか?
1pipsを動かすには何円必要ですか?調べても1億円や100億円や500億円だったりと、サイトごとに幅がありすぎます。ある程度、真に迫った金額を教えてください。できれば、その分析方法も教えてください。
>サイトごとに幅がありすぎます。それは当然です。1pips動かすために額が決まってはいません。外国為替市場というものを理解されていればこのような疑問も持たないかと思います。「pips」とは為替レートの単位だということはご存知だと思います。為替レートはある通貨とある通貨の取引により決まります。為替レートは通貨の価値を表します。通貨の価値も、物の価値と同じように需要と供給のバランスで変わります。それが市場原理と言うものです。ある物の需要が高まると値上がりします。同じものを買うのに、100円で買えていた物が、110円出さないと買えない時もあれば90円で買える時もありますよね?通貨も同じですよ。例えばの話をします。米ドルと日本円の取引がされているとします。現在レートが1$=100円とします。ある人が100円を出して1ドルを買う一方で、ある人が1ドルを出して100円を買うと、双方の需要は同一です。これが何を意味するかと言うと、価値が双方とも変わらないので、レートも動かないということです。もしこの時、どちらかの取引がなかったとしたら、或いはどちらかが少なくてどちらかが多ければレートは動きます。例を出します。1ドルを買う人が9人、100円を買う人が10人ならば円の需要が高いので円高になります。この場合、100円x10人=1000円でレートが円高に動いたことになります。しかし1ドルを買う人が11人、100円を買う人が10人ならばドルの需要の方が高いのでドル高になります。この場合も100円x10人なので1000円と変わりないのにレートはドル高=円安に動いています。1ドルを買う人が10人、100円を買う人が10人ならば、レートは動きません。この場合も100円x10人なので1000円です。同じ1000円なのにレートが円高になることもあれば円安になることもあればレートが動かないこともあります。言い換えると、例えばですが、同じ1000円で1pipsの円高になることもあれば、1pipsの円安になることもあれば、全く動かないこともあるということです。なのでサイトによって言い方がマチマチなのです。そのサイトでおおよその目安を伝えているわけです。常日頃から流動性の高い通貨ペアもあれば低い通貨ペアもあるわけで、そういう意味でも取引額は全く異なります。米ドル円だと数百億円でやっと1pips動くか動かないかくらいかもしれませんが、これがNZ円だと数pipsは簡単に動くかもしれません。同じ米ドル円でも、年末の著しく流動性が低下する時期は同じ数百億円でも10~数十pips動くこともあるかもしれません。ということです。
1pipsはだいたい利益、何円ぐらいですか?
1000通貨は10円1万通貨100円5万通貨500円10万通貨1000円50万通貨5千円100万通貨1万円20万通貨で1日20pips取れたら4万です。
「1日10pips取れれば万々歳」という考え方と、「なんとしても1日50pips取ってやるぞ」という考え方では、前者の方がトータルでプラスになりやすいのかしら(´・ω・`)
なんとしても50pips・・・という意気込みは、私の経験では無駄なトレードが増えます。無理でおっちょこちょいなエントリーやルールを超えた利幅狙いなど。特に負けトレード後に取り返そうとして、そういう無理トレードが多くなる=負を増やす傾向があり、かえって逆効果。10pipsで万万歳はともかく、なんとしても1日50pipsとか鬼気迫る気迫のトレードはしません。よく動く値幅の大きい日は、終わってみれば200pipsの時もあるし、値幅も狭く平均足のヒゲが多い日は20pips程度の日もあります。あくまでもルールどおりにがベストです。
1日平均何pipsとってますか?
20~30くらいです。。
おすすめの情報