医療

自宅で出来る今野式近視改善エクササイズ

自宅で出来る今野式近視改善エクササイズ



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

自宅で出来る今野式近視改善エクササイズ

■商品詳細:

お金をかけずに、レーシックなどによらない独自のエクササイズ方法による近視対策です。商品の形式は、配送によるDVD販売となります。

半年間実践されても、効果が発現ない場合には、視力証明書の画像付きの実践レポートをご提出いただいた場合には、全額返金保証をお付けしています。返金保証の詳細は、特定商ページを御覧ください。

■商品内容:

DVD片面一層・2枚組(49分+25分)

■ジャンル:

体の悩み・健康

■販売価格:

9800円

■販売者名:

江連 誠
★体の悩み・健康☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

自宅で出来る今野式近視改善エクササイズ
88.8%の方がその場で効果を実感!自宅で出来る今野式近視改善エクササイズ
「手術やお金をかけずに視力を回復させたい」
「裸眼で生活を送れるようになりたい」
もしも、あなたがこう思っているのでしたらこのサイトはきっとお役に立ちます。
あなたの視力はまだまだ回復するという証拠でもありますので、決して諦めないで下さい。
          
–>
一度悪くなってしまった視力が回復するなんて事はあり得ないと思いながらも、
もし本当だったら・・・と、今野先生の血流改善法を試しました。
結果は、左目が0.08から0.09、
そして何と右目は0.09から0.2まで上がりました。
視界がくっきりして頭まで冴えるような気分になり、気持ちも明るくなりました。
43歳 女性
たった1回で効果が出たという事が何よりも驚きでした。
道具も必要なくいつでもどこでも実践出来るので、とても手軽です。
自宅に戻ったら夫や子供にも教えて、家族で実践しようと思います。
今野先生には、心からお礼を申し上げます。
44歳 女性
1回実践しただけで目の疲れも取れ、いつも重たかったまぶたも軽くなりました。
パソコンを使う事も多いので、目が疲れたときには必ず実践しようと思います。
やればやるほど目が良くなるのですから、とっても嬉しいです!
同じように、目を酷使する方や手術などに抵抗がある方には、
是非試してもらいたいですね。
39歳 女性
あなたの近視が改善するのには理由があります!
この方法は現在までに3万人以上の方が実践し、
更に88.8%の方が“その場で”視力が回復した事が証明されています!
では、この人たちはいったいどうやって視力を回復させたのか…
今から、その秘密を初公開します。
私は、約20年前に目の美容室・日本リバースを開業し、
10万人を超える方の体の不調を整えるお手伝いをさせていただきました。
目に関しましては、日本中から患者様が訪れ、
3万人以上の方の視力を回復させてきました。
その効果は約90%に上り、メディアからも取材を受ける事も
御座いますので、もしかしたらご存知の方もいるかも知れませんね。
私がこのサイトを立ち上げた理由はとても単純です。
視力が悪くて、悩んでいる人があまりにも多いから。
そして、その人たちに「視力は回復出来る!」という
喜びを実感していただくためです。
「でも、視力を回復させるためには手術しかありませんよね?」
という声が聞こえてきそうですが、心配はいりません。
私のところに相談にいらっしゃる方も、次のような悩みを抱えています。
「近視は治したいけど、手術は怖い」
「リスクや高額な費用をかけてまで手術には踏み切れない」
また、視力回復の為にトレーニングを試してみても、
「なかなか効果が現れない」「全く効果が現れない」「忙しくて続けられない」
といった事もよく耳にしてします。
一般的に、近視を改善させるためには
手術しかない…と。
しかし、私は「本当に手術以外で近視を改善させる方法はないのか」
という課題を掲げ、20年以上研究を続けてきました。
世間に出回っている、様々な原因説を検証してみたり、
マッサージの効果を試してみたり、目だけではなく身体との密接な関係をも
視野に入れ、様々な研究と実践を繰り返してきました。
その研究が10年を過ぎようとしていたとき、
私は画期的なものと出会いました。
それを使い、視力を失って歩く事もままならない患者様を1度治療しました。
その結果。
たった1回の施術で、5m先を指差し「あ、時計だ…」と言ったのです。
視力を失っていた患者様が、
たった1回の施術で光を取り戻した瞬間でした。
更に、数日後2回目の施術を行いました。
すると、今度は時計の針が動くのが見える…そう言ったのです。
私は、嬉しくて仕方ありませんでした。
しかし、同時に
「何故眼科医は、こんなに簡単に視力を回復出来るのに、患者さんを治してあげないのか…」
という苛立ちを覚えました。
更に日が経った頃…
歩くことすらままならなかった患者様は0.01の視力が0.5にまで回復し、
それはそれは、とても喜んで光のある生活へ戻られました。
もちろん、角膜を削るような手術は一切行っていません。
つまり、事実上不可能とされていた
手術などを一切行わずに、視力を回復できたのです。
通常、近視を改善するためには角膜を薄くして屈折力を弱め、
矯正するという手術が一般的です。
しかし、この方法は手術を行わなくても、近視を改善させる事が出来るのです。
その効果の高さが注目され、以前マキノ出版さんより、取材をうけ、
特集がくまれました。
更に、購読者様からの要望により、
マキノ出版本社ビルで特に視力の悪い購読者様を集め、
2時間のセミナーが開催されました。
応募人数をはるかに上回るお申込みが殺到し、
近視、乱視、飛蚊症などを患っている人が、そのセミナー内で
私がお伝えしたエクササイズを実践し、何と88.8%の方が、視力を向上させたのです。
この“視力回復”の素晴らしいとことは他にもあります。
それは、専門的な知識も必要なく、手軽に行えるのに、
手術を行った場合よりも、高い効果を誇っているという事です。
「視力回復の手術の効果ってどのくらい?」と思う方もいますよね。
では、近視改善で最も代表的な手術をご紹介します。
視力回復のための手術は、
レーシック、イントラレーシック、エピレーシック、ラセック、ウェーブフロント、
フェイキックIOL、PRK、フレックスPRK、放射状角膜切開術、など様々なものがありますが、
現在最も一般的なのは、レーシックです。
では、レーシック手術についてお話しましょう。
2000年以来、エキシマレーザー装置(レーザー光を発生させる装置)が
医療機器の承認をうけ、販売が許可されたことから、
日本でもレーシック手術が行われるようになりました。
レーシックは、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、
角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術であるため、
角膜に一定の厚さが必要であり、角膜が薄い場合や
眼に疾患等を抱えている場合は、手術が受けられません。
更に、近視の進行する10代の若年者も同様、手術を受ける事が出来ません。
また、レーシックの歴史は浅く、長期に渡る後遺症の安全性は未確認だともいえます。
2000年、レーシック手術導入当時は、手術を受けた患者数は2万程度でしたが、
2008年には年間に40万人もの人が、レーシック手術を受けています。
しかし、その中で多く報告されているのが、後遺症。
何と、手術を受けた6ヵ月後には
33.36%の人がドライアイになってしまっているのです。
ドライアイと聞くと、誰もが大した事ではないと軽視するかと思いますが、
深刻な場合は、人工涙液や涙点プラグなどが必要になる事もあります。
他にも合併症としては、
術前より矯正視力が低下し、
眼鏡やコンタクトレンズ、再手術によっても矯正できないことがある事をはじめ、
など、多くのリスクがつきまとっているのです。
また、現段階ではレーシックは保健適応外になっており、
費用も患者様ご自身の全額負担になってしまいます。
快適な生活を手に入れる為に、決心して挑んだ手術が、
後遺症を残してしまっては何の意味もありませんよね。
特に、人間は視覚に頼る生活の割合が高いため、目に不自由があるというのは、
とても耐え難いものです。
私のもとに相談にいらっしゃる人たちのほとんどが、このレーシック手術に
不安や心配、そして金銭的な面で悩んでいる事が多いのです。
「視力は回復したいけど、手術は心配…」
「大金をかけてまで手術をする余裕がない…」
「知り合いはレーシックで視力が良くならなかった…」
あなたも、こんな気持ちになった事はありませんか?
最近では、私たちの周りでもレーシックを受ける人が多くなり、
100%安全!と思うかも知れませんが、
絶対に安全だという事は言い切れません。
実際に、レーシックでの失敗や後遺症はニュースにもなりましたよね…
インターネットで「レーシック 失敗」で検索していただければ、
現実をご理解いただけるかと思います。
他にも近視の方には「メガネやコンタクトレンズは煩わしい」という悩みもあります。
普段から、メガネやコンタクトレンズを使っている方も大勢いらっしゃるかと思います。
しかし、メガネやコンタクトレンズは視力を回復させてくれません。
それどころか、悪化していく一方です。
今、あなたが使っているメガネは、何年前に購入したものでしょうか?
もう、合わなくなってきているのではありませんか?
メガネやコンタクトレンズは、
使用している時こそ矯正効果を得られますが、
裸眼になると、結局元に戻ってしまうわけです。
近視の原因を解決せずに、その場限りの矯正を行っていても、
当然目が良くなる事はありませんよね。
そんな悩みが多かったからそこ、私はこの「近視改善エクササイズ」を確立させたのです。
本来、正しい知識さえ持っていれば
例え手術を受けられないお子様でも、角膜が薄い人でも、近視を改善出来るのです。
もし、あなたがこのように思っているのであれば、大きな勘違いをしています。
近視、視力低下の原因は血流障害です。
しかし、多くの方はこの事実を知りません。
身の周りの人に聞いてみてください。
「近視になる原因を知っていますか?」と。
すると、ほとんどの人が「目の使いすぎ、親の遺伝」などと答えるでしょう。
でも、事実は違います。
血流障害は、目の周囲の眼筋や角膜や水晶体や網膜の各細胞・視細胞などや
脳に伝達する視神経などを弱らせ、あらゆる器官に影響を与えます。
近視の種類でも、屈折性の近視や軸性の近視も
血流障害でレンズの湾曲や眼軸の長さに影響を与えます。
そんな影響を受け、屈折異常を起こし、ピントが合わなくなってしまうのです。
人間の病気の根元は何かと問われれば、酸素欠乏症です。
酸素不足が血流障害を引き起こし、栄養障害を引き起こしたり、
細胞の活性化や本来人間が持っている生体エネルギーを弱らせます。
血流促進は、皮膚・筋肉・骨を同時刺激することで、自律神経の乱れを改善し、
脳や内臓に自分の役割の信号を的確に送ります。
皮膚には情報管理システムがあり、
筋肉も太ももなどにも心臓をしなやかにするセンサーがついています。
全身からの刺激は、体全身を整え、各器官に良い情報を伝え、
健康体維持の働きが起こるのです。
親子間では、幼少時代から同じ環境で育ち、
食生活も類似しています。
結果、親子で近視が強く出たりするのです。
多くの方は、そういった知識がなく、
近視を改善する為にはレーシックなどの手術しかないと思っています。
正しい知識と方法さえ知っていれば、視力は回復するのです。
あなたもこの方法で近視を改善しませんか?
確かに、自分でも出来るかな…と不安に思うかも知れません。
または、お子様の為に知りたいという方もいるかと思います。
ご安心下さい。
これまでに3万人以上の方が視力を回復し、6歳のお子様でも実践出来る近視改善をお伝えします。
この方法は何も難しい事はありません。
6歳の小さなお子様でも、88歳のお年寄りの方でも出来ます。
おおまかにいうと、たった3つの事をやっていただくだけです。
たったこれだけのことです。
これだけのことを実践していただくだけで…
気付いたら、あなたの近視は改善している事を実感するでしょう。
それは、見慣れたはずの景色がくっきりと鮮やかに見えたときかも知れません。
はい、この方法を直接あなたにお教えしたいところなのですが、
私は現在目の美容室を運営しており、
毎日多くの患者様が私の治療を受けに日本中からいらっしゃいますので、
忙しく、直接お教えするのには限界があります。
ですので、近視、視力低下でお悩みのあなたの為に、
この近視改善エクササイズの全てを初公開するDVDを制作致しました。
その一部を紹介すると…
全身からの刺激は、体全身を整え、各器官に良い情報を伝え、
健康体維持の働きが起こるのです。
まぶたのまばたきは1日平均1万7千回前後です。
あなたが思っているよりも目元は運動をしているため、
血流障害が起きやすいのです。
お子さんの近視による視力低下の進行を止められずに、
歯痒い思いをされている親御さんは多いと思います。
進行を止め、改善させるためには早期治療が必要です。
目が悪くなると、まずメガネを購入しませんか?
コンタクトレンズも同様ですね。
しかし、安易にそういったものを使い続ける事には、リスクも伴っています。
年間10万人を超える人が実践しているレーシック。
しかしレーシックは歴史が浅く、
長期的な安全性は未だに解明されていないないのです。
私が長年の研究結果によって導き出した
トレーニング方法を全てご紹介します。
是非健康のためにご家族みんなで実践して下さい。
目の周りのアプローチだけでは、根源を全て解決できません。
体全体の不調を整えながら、視力を回復させていきましょう。
長時間パソコンを見ていたり、長時間運転をするなど、
私たちの目は常に、疲れています。
その疲れを、疲れたときにすぐに取除いてあげれば視力は低下しません。
血流障害を改善するためには、体全体を整える事も大切です。
毎日出来るトレーニングから始めていただき、視力回復効果を高めましょう。
呼吸によって、あなたは酸素を全身に取り込んでいます。
その呼吸法一つで取り入れられる酸素量は変わってきます。
健康の為に正しい呼吸法を覚えましょう。
以上のことを知れば、あなたの視界は驚くほど鮮明になり、
とても幸せに満ち溢れる事でしょう。
もう、メガネをかける必要も、レーシックをしようかと悩む必要もありません。
コンタクトを毎日洗浄する手間からも開放され、映画の字幕もよく見えるようになります。
近視になる人とならない人。
その違いは、上でお伝えした方法を知っているか、知らないか。
それだけの違いだったのです。
自然とそのような生活を送っている人は、
視界が曇る事も、酷い近視で悩まされる事もありません。
つまり、知識さえあれば、
どんなに視力が低下してしまった人でも、改善していく事が出来るのです。
近視が改善されると、あなたの人生が変わりますよ。
現在までにこの方法を試していただいた方は3万人以上にのぼり、
多くの方に「視力は回復する!」という事実を
実感していただいております。
その効果の高さから、以前マキノ出版様主催で開かれたセミナーで、
私が視力回復のトレーニングを伝える機会がありました。
セミナーは大好評で、何と88.8%の方が、
たった1回の実践で、その場で視力が向上しました。
現在でも、日本全国から患者様が訪れるというのが、私への評価だと思っております。
視力回復と聞くと、
何か高額な道具が必要だったり、専門知識が必要に思われますが、
私のお伝えするエクササイズには、道具は必要ありません。
また、セミナーに参加された方の中には、
下は6歳から上は88歳の方までいらっしゃり、
効果を実感していただけています。
最近では、視力回復トレーニングという文字が書かれた
書籍も見かけます。
確かに、目の疲れを取除いたり、
ピントの収縮トレーニングなどをするには効果的ですが、
結局視力は向上しません。
それは、根本的な原因を解決していないからに過ぎません。
例え、あなたが現在までに様々な視力回復トレーニングを試し、
何の効果がなかったとしても、ご安心下さい。
私のお伝えするエクササイズやトレーニングは、
効果がある事が実証された方法で、どこにも出回っていないものです。
「そんな貴重なDVD高そう…」
確かに、今まで私は研究に研究を重ね、
眼科医に是非治療に取り入れて欲しい!と相談に行った事さえありました。
しかし眼科医の答えは「手間がかかるし、儲からない」だったのです。
そんな眼科医の元であなたが視力を回復する方法はレーシック。
手術費用は10万円から50万円。
ですが、私が確立させた方法は、
費用がかからず、安全で、効果的な方法だと自負しております。
現在までに数多くの方のご協力と、私が10年かけようやく見つけ出した方法です。
そのため膨大な開発費を考慮して、当初は、
「最低でも、19,800円にさせていただきたい。」
と考えておりました…。
しかし、あなたには、金銭的にストレスのない、
良い精神状態で実践していただきたいと強く願っております。
そこで、今回は、金銭的ストレスを失くした価格として…
お値段は9,800円(税込・送料込)とさせていただきます。
このDVDは「今すぐ近視を改善したい」あなたにお勧めです。
DVD片面一層・2枚組(49分+25分) 配送版販売価格:9,800円(税込・送料込)
当商品は全ての方に効果があることを保証するものではありません。
病気には様々な症状・病状があり、効果には個人差があります。
お支払い方法は以下の通りとなります。
銀行・郵便振替、コンビニ決済の手数料は、お客様ご負担となります。
商品の発送は、決済完了後、5営業日以内に行わせて頂きます。
特定商取引法 お問い合わせ
DVDをご覧いただき、ご不明な点などございましたら、
専用のメールサポートフォームよりお問い合わせ下さい。
目の美容室 今野 清志が、あなたの疑問や不安を解消します。
20年の研究・実践から得た情報を特別にお伝え致します!
なお、ご購入者様が殺到した場合は
サポートを告知なく打ち切らせていただく場合がございますので、
予めご了承下さい。
※詳細は、パッケージ内中紙に記載いたしております。
DVDの内容を分かりやすく、テキストにまとめたものを
無料でダウンロードいただけます。
何度もDVDを見直す必要もなく、出かけ先などでも
テキストにて内容をご確認いただけますので、是非ご利用下さい。
※PDFファイル 全93ページ
※詳細は、パッケージ内中紙に記載いたしております。
あなたが安心して取り組めるように返金保証をご用意させて頂きました。
あなたがこの方法を毎日実践したのにも関わらず、
6ヶ月経過しても近視が全く改善されなかった場合は、
ご購入時のDVD料金を全額返金させていただます。
以下の手順でメールにて、申請いただければ、効果未発現を確認後、15日以内に指定口座に全額振込みいたします。
尚、DVD、特典などはお返し頂かなくて結構です。
1. ご購入後1ヶ月以内に、眼科等で検査を受け、視力証明書を発行してもらってください。(検査に係る費用は、ご購入者様負担)
2. DVDを繰り返しご覧になっていただき、半年間毎日実践してください。
3. 最低3回はメールサポートを受けてください。
4. ご購入六ヶ月後に、再び眼科等で検査を受け、視力証明書を発行してもらってください。(検査に係る費用は、ご購入者様負担)
5. 「六ヶ月間実践レポート」(ワード形式)をご作成ください。〈ワードフォーマットは、ご購入後、必要に応じてメールにてお送りいたします。内容としましては、a)返金手続きに必要なデータ記載(ご購入時の氏名、決済日、お申込みメールアドレス、振込先銀行口座情報)、 b) ご自身の半年間の実践記録、 c) メールサポート3回分のメール内容のコピー貼り付け、 d) ご購入直後と半年後の視力証明書の画像の貼り付け の4点となります。〉
6. ご購入半年後より1ヶ月以内(例:2015年8月31日にご購入の場合、2016年3月1日 より2016年3月31日までの期間)に、
メールにて、「六ヶ月実践レポート(実践前と実践六ヶ月後の視力証明書の画像貼り付け必須)」を添付する形式で、お送りください。
<返金請求アドレス:info@info-feliz.com(インフォ・フェリスの江連まで。)「@」を半角の「@」に変更してご利用ください。>
(ワードのファイルが読み書きできるコンピュータの動作環境が必要です。Windowsの場合、XP 以降のバージョンで、ワード2003,2007,2010で動作確認が取れています。
Machintoshの場合、Office 2004以降のバージョンで動作確認が取れています。)
ここまで読まれても、まだ、自分の近視も改善するのか不安かと思います。
確かに、今までずっと近視で悩んできたのに、突然視力が良くなるなんて、
想像も出来ないし、イメージも沸きませんよね。
しかし、先ほどもお伝えしましたが、あなたの近視が改善される3つの理由があります。
一つ目は、
現在までに3万人以上の視力を回復させ、
88.8%の人がその場で視力回復した事が証明されているという事。
二つ目は、
この方法は費用がかからず、6歳のお子様でも手軽に出来るという事。
三つ目は、
今までの視力回復方法とは、全く異なる今野 清志が独自で考案した方法だという事。
以上の三つの理由が、あなたの近視も改善出来る証拠です。
近視になる人とならない人。
その違いは、上でお伝えした方法を知っているか、知らないか。
それだけの違いだったのです。
近視が改善されると、あなたの人生が変わります。
是非、一度、お試しになられて下さい。
Q:先生の視力回復方法の成功率を教えて下さい。
A:目に関しては、3万人以上の方に施術し、
  独自の視力回復法で、殆どの患者さんの期待に応えてきました。
  数字としては90%を超えていますが、正確に実証されたのは2時間のセミナーで
  その場で視力向上という条件下で88.8%でした。
Q:近視のほかにも効果があるのでしょうか?
A:私がお伝えする方法は、近視の他に、
  遠視・乱視・弱視・斜視・ドライアイ・眼精疲労・飛蚊症、
  白内障予防・緑内症予防・老眼なども改善させる事が期待されています。
Q:効果が出るまでどの程度の時間がかかりますか?
A:効果の出方は、個人の症状によって違います。
  早い方だと5日から1週間で出ます。
  お子さんの場合は、既往歴も少なく、効果は、早く現れ、期待できます。
  その場合でも、腹部の硬化している場合は、少し遅れます。
  大人の場合は、仕事での目の酷使度やストレス・生活習慣の乱れた人では、
  回復スピードが違ってきます。
  胃腸の硬化で自律神経が乱れている人や、睡眠時無呼吸症候群の人、薬の常用者や
  パソコンの使用時間が長時間の人は、目の周囲の眼筋を鍛えるのに少し時間がかかります。
  また、運動の取り入れ・縄跳び・エア縄跳びなどを毎日していただくと
  時間が少しかかっても、回復が期待できます。
  2週間以上毎日継続して下されば、効果が現れてきます。
  諦めずに続けることです。
  また、軸性近視は屈折性近視より少し時間がかかります。
Q:効果が期待できないのは、どのような方でしょうか?
A:毎日実践できない人は、効果は直ぐ期待できません。
Q:この方法を見つけ出すまでの失敗談はありますか?
A:初めは、目の周辺の手当てに重点を置いていましたが、
  回復スピードが遅く、困っていました。
  改善スピードを上げるため、いろいろな施術を試みました。
  結局、目は肝経が支配し、他の内臓とも大きく関わっていることで、
  全身から手当てし、血流促進法を取り入れることに成功しました。
Q:この方法を発見できて嬉しかった体験は何ですか?
A:数箇所の眼科を渡り歩き、全て回復せず、
  どうしても子供にだけは眼鏡を掛けさせたくないと母親の執念で、日本リバースを探し当て、
  来院して、みごと回復させ、親子の喜びの笑顔を見た時です。
  また、全国から来院して、運動の指導や血流促進法や回復法をまじめに実践してくれ、
  効果がでましたと、お礼の電話が入った時です。
Q:この理論を確立させるまでにどのくらいの期間がかかりましたか?
A:当初は中医学14経絡療法や骨格調整などが主流でしたが、
  あまりにも目に対しての患者さんの嘆きや諦めている方が多かったので
  本格的に研究して、視力回復法やアイトレーナー器の開発に10年かかりました。
Q:この方法はどのような方にお勧めですか?
A:近視、乱視・遠視・弱視・斜視・ドライアイ・眼精疲労・緑内障と予防・白内障と予防・
  老眼・飛蚊症などを発症している人、レーシックの手術を検討している人
  術前、術後にも最適、眼鏡・コンタクト使用の人、目の酷使をしている人
  パソコンを長時間使用・精密機器の扱い、
  パイロット・眼科医・歯科医・飛行機の整備士など、集中力の必要な人。
Q:美容効果はありますか?
A:美容では、目の周囲のくま、しわ、たるみ、化粧のノリが悪い、肌のくすみ・活性化、
  小顔を望む人・むくみのある人、目が開かない人、美眼から美顔になりますよ。
Q:この方法のデメリットを教えて下さい。
A:デメリットはありません。
  自力で自然治癒力を増すことで、回復できます。
  体全体の血流促進にもなるので、健康維持ができます。
  また、美容にも最適で、若返ります。
Q:この方法を実践した方はどのような反応をしますか?
A:実践すると、体がポカポカしてきて、血流が良くなっていることの実感が沸いてきます。
  体が楽になり、全身の体調が整ってきます。
  特に、目の周辺が楽になり、目が大きく開き、視界が明るく感じます。
  視力が向上してきます。
  また、ドライアイや眼精疲労など、目の周囲の環境が整ってくると改善されてきます。
  緑内障で眼圧が上がっている人も楽になってきます。
Q:先生は現在までに大体何名くらいのお客様を診てこられましたか?
A:現在開業して、約20年余りですが、一時期は治療院を5箇所開院し駆け足で回り、
  今でも、毎年恒例の年末から正月の3日までの4日間、
  ホテルニューオータニで開業しています。
  年間の休みは、祝祭日のみ、正月は除いて働いています。
  体全身の施術や目の視力回復や耳の難聴改善に、約10万人以上診てきています。
  目は、3万人以上を診て、施術しています。
  今は、テレビ・雑誌やDVDなどで全国に紹介され、
  北海道から九州・四国などからも大勢の人に来院して頂いています。
最近、近視は病気扱いしない眼科医が増えてきています。
しかし今までは正常なのに、次第に視力が低下したり、
ピントが合わなくなったりしてくるのには、何か必ず原因があるのです。
皆さんの中には、眼科や視力回復センターなどに行って、
手遅れとか、もう回復しないとか、諦めなさいとか、手術も出来ませんとか、
コンタクトも出来ませんとか、色々な絶望的な話を聞いてしまい納得してしまう方や、
また、本人自身も、近視の回復や視力回復を諦めている方が多くいます。
また、安易にレーシック手術をして失敗し、
レーシック難民になり、途方にくれている方もいます。
しかし、決して諦める必要はないのです。
人間には、自然治癒力という、人間自身が持っている最高の調整機能があるのです。
近視や視力低下の最大の原因は、血流障害です。
今、目に負担をかけている流れを知り、それを解消すれば良いのです。
もし、胃腸の硬化や蠕動運動が働かないで血流が悪い場合は、
それを改善すれば良いのです。
酸素不足や血流量が足りなければ、補えば良いのです。
この療法は、誰でも、簡単に、場所を問わず、実践出来ます。
EYEの手のシェイク法やタッピング法、生活習慣を変えるだけで、
視力は回復出来ます。
毎日こつこつ継続することで、自然治癒力が増し、
回復・改善が期待できるのです。
欧米では、小児の視力低下が脳の発達に影響があるとして、
真剣に家族一丸となって対処しています。
家庭でのアイドクターが、母親や父親なのです。
家族揃って、楽しみながら実践して、健康と美容を取り戻し、
明日の確かな光を取り戻しましょう。
目は一生大事な、視るための視産です。
決して諦めないで、頑張りましょう。
特定商取引法に基づく表記 お問い合わせ
|Copyright©2015. 自宅で出来る今野式近視改善エクササイズ. All Rights Reserved
自宅で出来る今野式近視改善エクササイズ
レーシック以外に近視を治す方法はありますか?
・メガネ・コンタクトレンズ・ICL(有水晶体眼内レンズ・後房型フェイキックIOL)・オルソケラトロジー
コンタクトレンズ-8.00はレーシック受けられますか?
医師向けのレーシックガイドラインでは、コントクトやメガネでも矯正不能な人に限るとした上で、ー6D以下と制限しています。貴方は適応外です。それでも、悪質な眼科専門医が多いレーシック医院に行けば、ガイドライン違反手術でも、喜んで手術してくれます。具体的には、集団訴訟中の品川近視や神戸神奈川、新宿近視等の美容外科系の大手医院に行くと、安心安全と偽って手術します。それでも手術したいなら、その様な医院に行くと良いでしょう。確かに、レーシックですから角膜を深く削りさえすればどんな強度近視でも、手術は出来ます。しかし、手術後の健康を保証している訳では有りませんので、騙されない様に注意する必要があります。こうした悪質なレーシック医師の特徴として、「残留角膜厚だけ有れば手術出来る」と言って手術しますがこれは不正確です。角膜突出症のエクタジアという合併症の1つの防衛の1つに過ぎません。他の合併症の発症リスクは高いです。又、もし手術が上手くいったとしても、強度近視者程、数年で近視戻りするのが良く知られています。近視戻りするとコンタクトが装着はできないのでメガネしか選択肢が有りません。それではメガネが嫌という手術目的と合致しません。集団集団中の品川近視の元副医院の冨田実医師は、故意に遠視にする過矯正手術を先導して多くのレーシック被害者を発生させた事で有名です。品川近視の眼科医療の責任者でしたが、訴訟前に医院をやめて、国民を犠牲にして儲けた資金でレーシック医院を開業しています。自分で名医と宣伝する商売上手な医師です。この医師の数少ない論文を検証すると、ー7Dの患者にレーシックをしてコントラスト低下が発症した事の記載が有ります。レーシック被害者の中にコントラスト低下を訴える人が多いのも当然と言えます。こうした悪意の有る患者の健康を顧みない悪質医療によって、多くの無知な国民が被害者にされているのは残念な事です。日本眼科学会は、無知な医師や悪質な医師を指導する為、レーシックガイドラインを設定しています。ガイドラインでは、単にメガネやコンタクトで矯正出来る人への手術も禁じています。ところが日本では、レーシック大手の錦糸眼科の矢作徹医師や元品川錦近視の冨田実医師等の様に、ガイドライン無視のー6D以上の強度近視者にも安心安全と偽って、自己の手術代稼ぎの為に手術を行う悪質なレーシック医師が多いです。ガイドライン違反手術が、多くの医院で散見され常態化しています。彼らに共通しているのは、レーシックで一時的な視力回復さえすれば手術成功とする点です。これ以上、健康な国民の身体を金儲けの道具にするのは止めてほしいものだ。術後の患者の健康を考慮しない危険な医師です。中には、品川近視の様に、故意に過矯正の遠視に手術する悪質な医院もあります。多くの貴方の様な将来の有る若者や、純粋な国民が被害にあっています。手術説明は医師でもないのに専門の女がデタラメな説明で勧誘します。手術説明承諾書のサインさえ貰えば、ガイドライン違反手術をやっても良いと考える非常に悪質な危険な医師集団です。品川近視は、母体の品川美容外科や品川スキンクリニックも集団訴訟されている集団訴訟されているという状況です。一方、錦糸眼科は患者を残して倒産しています。日本は、自由診療で悪どい医療を行なっても、レーシックガイドライン違反手術をしても、医師は守られており処分されません。厚労省も、自由診療なので管轄外として放置しているのでやりたい放題です。日本眼科学会も、学会が認定した眼科専門医が違反手術する悪質医師だらけなので、内部に甘く自浄能力が全く有りません。現在、消費者庁や日本眼科医会が国民向けに注意喚起しています。熟読して騙されない様に注意しましょう。レーシックで近視戻りした人も多く、近視戻りするとコンタクトが使用出来ない角膜形状にされている事も理解しておくべきでしょう。レーシックは、一時の1/9以下に激減しています。最近、貴方の様な強度近視者に対してICL等の眼内レンズを入れるレーシック医師が増えています。白内障や緑内障にかかりやすいとされています。緑内障は治し様のない失明の可能性が高いので、安易に手術すべきものでは有りません。ヤフーニュースhttp://news.yahoo.co.jp/feature/502レーシックガイドラインhttp://www.nichigan.or.jp/member/guideline/excimer.pdf消費者庁http://www.caa.go.jp/safety/pdf/131204kouhyou_1.pdf
レーシックなどの視力矯正手術なしで、近視が改善されるコンタクトレンズがあるみたいなんですが、本当に近視が改善されるのですか?
コンタクトレンズなしで近視を治せる場合があります。近視は長時間視点を動かさない事により、起こる症状で、(例外生まれつきの眼球の変型異常典型例のび太の目)視点変更の際に焦点を動かすため、眼球のレンズを動かす筋肉が働かなくなり、筋肉が太り、さらにレンズを動かしづらくなる病気です。そして、遠くのものが見えなくなる病気です。効果的な対処法は運動する事です。(サッカー、野球など目を激しく動かすスポーツ)しかし、忙しい場合は近くと遠くを交互に見ることです。(机と黒板などをはっきりするまで見た後、一気に視点変更する。←超大事!)そうする事により、筋肉に負担をかけ、痩せさせることができ、視力が場合によってはかなり回復します。脂肪は1日2日では全く取れないように、筋肉も痩せません。気長に目を動かすことが大切です。頑張ってください。
近視の手術についてです私は今はコンタクトをして両目Aですが、とても度が強いです裸眼だと0.02ですコンタクトやメガネは本当に邪魔です見えない状態でプールに入らなければならないのが嫌で、何回もはぐれてしまい、困ったことがありますレーシック手術を調べると18以上だったのでむりでしたちなみに私は高3で17歳ですこの年齢でも受けられる手術はあるんでしょうか?
オルソケラトロジーは、ー4D以下までが、ガイドラインでの規制値ですので、それ以上は効果がありません。又、、レーシックは、18歳以下のー6D以下がレーシックガイドラインで規制されています。合併症だらけのレーシックは、日本眼科学会は医師にメガネやコンタクトで矯正出来る人への手術を禁じています。プールには、コンタクトしてゴーグルをつけて入りらないのですか?塩素消毒プールの中を、裸眼で、外して泳ぐ方が異常。そんなにコンタクトが面倒ならメガネが便利です。レーシックは、合併症が多くて、被害者が後遺症を治せないので不人気です。一時のピークの1/9以下に廃れており、レーシック医院の廃業が増えています。代わって、もっと危険なフェイキックなどの眼内レンズを勧める悪質医師が多い。しかし、将来、緑内障を発症して失明する可能性が高いのでこれだけは、絶対にやめるべきです。レーシック同様、デメリットを隠して手術不適合者にも手術したがる悪質レーシック医師が多いので、注意すべきです。眼科専門医だからといっても、屈折矯正学会の眼科専門医には、健康な人間の身体で金儲けする悪質眼科専門医も多いです。特に医師は個人事業主だから、教師と違って先生と言われても、とんでもない医師も多いです。iClは、手術医師の腕も要求されるので、マシン任せで腕の悪い医師でも手術出来るレーシック医院の広告に安易に飛びつくと、若いのに一生を台無しにしてしまいます。これは、お金があまっていてもやるべき手術ではないです。だから、レーシック以上にフェイキックなどの手術を、眼科医自身や家族に手術する医師は殆どいない。ICL手術で失敗しましたby北沢(指原莉乃さんが受けた神戸神奈川での悪質医療の実態:ブログより)http://blog.livedoor.jp/maetel_m-icl/archives/4800721.htmlレーシック訴訟事件http://news.livedoor.com/lite/article_detail/10215437/消費者庁:http://www.caa.go.jp/safety/pdf/131204kouhyou_1.pdf
目の手術を考えています。酷い近視と乱視て、普段はコンタクトレンズです。多少ドライアイ気味です。30代前半、兼業主婦です。年々目が悪くなり、コンタクトレンズを外すと、ボヤ~とした世界です。しかし、レーッシクは高額、リスクもある。そこで、目の手術を受けた方、または受けた方が回りにいた、という方、どの手術を受けたか、費用、術後はどうなのか、教えて頂きたいです。お願い致します。
どのレーシックもリスクがあり、消費者庁が注意喚起しています。削るのは、どんなマシンでも貴方の生身の眼です。最近、レーシックは一時のピークの1/9以下と廃れています。近視戻りもするし、コンタクトも使えなくなる。これじゃ、人気がないにも当然です。それでも自分だけは大丈夫と思うなら、手術しても良いでしょう。でもね、AKBの指原莉乃さんが神戸神奈川で手術したICLだけは、白内障や緑内障になって失明するリスクが有るから、絶対にやってはいけない手術です。治療法が緑内障は、有りませんから。どうしても手術したければ、美容外科系の集団訴訟中の品川近視やガイドライン違反手術をする神戸神奈川や、SBC新宿近視などがに行くと良いでしょう。あなたが手術不適合者でも、こっそりと手術してくれます。又、出身医師の開業院でも悪質医療をやってくれます。でも、貴方も、品川近視で集団訴訟に参加している未来が有るかもしれない。予算はまともな医院で30万円程度は予定した方が良いです。レーシックをすると、目の神経も削るので、手術後は、涙量が一般に数割ダウンします。全員、数ヶ月は、ドライアイ治療をします。勿論、ドライアイの人は必ず、悪化します。重症の人は毎月、数万円の血清療法をしても、医師が治せません。ドライアイは、レーシックの代表的な合併症ですので。でもレーシック医師は、詐欺師の様な眼科専門医が多いので、真逆の話をして手術したがります。これが、実態です。リスクが有ると知らないで、騙されて手術していたのは、数年前までです。リスクが有ると分かっていて、手術する人は、いないと思っていたけど、貴方は、大丈夫だと良いですね。ご幸運を祈ります。言い忘れました。レーシックをすると、メガネやコンタクトで治せない不正乱視も出ます。大体、レーシックで乱視は治せません。ICL手術で失敗しましたby北沢(指原莉乃さんが受けた神戸神奈川での医療事故例:ブログより)http://blog.livedoor.jp/maetel_m-icl/archives/4800721.html近視戻りの芸能人http://www.sanctio.jp/archives/8596消費者庁http://www.caa.go.jp/safety/pdf/131204kouhyou_1.pdf