ファンド・不動産・その他

中国経済解体新書

中国経済解体新書



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

中国経済解体新書

■商品詳細:

■□━━━━━━━━━━━━━□■
対策しておかなきゃヤバイ?
中国経済崩壊の足音が…
■□━━━━━━━━━━━━━□■

中国経済が崩壊した場合
リーマンショック以上の
大きな波紋を呼ぶことになる
と言われています。

そして多くの複雑な問題を抱えており
そのバランスはいつどこから崩れるか分かりません。

というか
現状すでにどこから崩れても
おかしくないのです。

知れば知るほどこれはマズい。。。

油断している場合ではない
ということに気づくと思います。

2016年世界4大ショックで
「ABCDショック」というものがありましたが、

ショックとしては
最大規模となるであろう
C:チャイナショックの足音が
いよいよ聞こえてきているように思います。

こちらに対しては
皆さん個人個人が
その実態を正しく理解し
何かしら対策を打っておかないと
そうなってしまった時に大きな損失を
被ってしまうことは間違いありません。

しかし
世界第2位のGDPを誇る
社会主義国家の経済は非常に複雑です。

その複雑さゆえ
情報全てを把握することは難しく

メディアで
「中国経済崩壊」
などというワードをよく目にしますので
表面的に中国ヤバイ!バブル崩壊!
などと思われている方も
多かったりするのではないかと思います。

ですので
実態を把握し、理解頂く。

そして今後の
投資活動にお役立て頂くために

本当のところどうなのか?
と言うのを紐解いて
動画でまとめて解説いたしました。

中国経済について
いくつもの本や論文が出ていますが
フラットな目線でお届けしております。

『中国経済の解体新書』
と名付けた今回のコンテンツ。

目次は以下の通りです。

第1章 中国GDPの謎
第2章 中国経済が抱える様々な問題点
第3章 中国最大のリスクとは?
第4章 今後の対策について

どうぞこちらからご覧ください!

■商品内容:

動画約1時間

■ジャンル:

ファンド・不動産・その他

■販売価格:

1000円

■販売者名:

Global Investment Academy
★ファンド・不動産・その他☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

中国経済解体新書
中国経済解体新書 チャイナショックは来るのか? 中国経済を読み解く!|Global Investment Academy
特定商取引法に基づく表記
【動画配信について】
収録時間 約60分
お支払い後すぐに、メールにてお送りさせていただきます。
不動産バブル
シャドーバンキング問題
異常な債務残高
不良債権額の急増
新シルクロード構想の行き詰まり
過剰生産
ゾンビ企業
外貨準備高の急減
人口減少
etc…
様々な問題を抱え、さらにはそれぞれが深刻だとされ、崩壊説が出回っていますが、なかなか潰れない。。。
なんだかんだ言っても、世界第二位の経済大国で14億の人口を抱えている中国。
そう簡単には潰れません。
2009年、100年に1度と言われたリーマンショックの時も4兆元もの資金を投じて世界経済を支えました。
そんな背景もあり、中国経済はやはり強いのでは?
そう思われている方も少なくないかもしれません。
中国経済については、出てくるデータの信憑性が疑われるような国ですし、抱えている問題も山積み、かつ複雑ですので、実態が分かりづらい。。。
ということで、「中国崩壊」と言うフレーズをよく聞くのでなんとなく危機的状態なのではないか?という状態の方も多いのが実情です。
その複雑さの背景には、中国で度々大きな問題が表面化し、指摘されているにも関わらず、確実に年6%以上の経済成長を遂げていたり、経済や軍事的な外交においても、アメリカやその他の国に対しても強気な態度があったりと言う状態があるのではないかと思います。
この矛盾した状態の原因として、中国が社会主義国家であるにもかかわらず、一部で資本主義が取り入れている、本来真逆の体制が一国の中に存在しているからだと考えられます。
そして現政権の中国では、このバランスがいよいよ成り立たなくなって来ているのです。
胡錦濤政権時代、保八(バオバー)と言って、経済成長率8%を死守しなければ国内に大きな混乱が生じるとされていましたが、現政権下では新常態(ニューノーマル)として、6%台の安定的な成長で良しとされるようになりました。
それは、今までのような高度成長ではなく、安定的な成長期に入ったから。とされていますが、実際はどうなのか??
あらゆるデータを照合してみると…
専門家の間では、経済成長率やGDPは、公表されている数字の1/○とも、1/□とも言われており、実際のところ、かなり危険な状態であることが分かるのです。。。
中国が崩壊した場合、リーマンショックの時とは比べものにならないほどの規模で大きな影響があるとされています。
世界第二位の経済大国である中国。抱えている問題が深刻である上、山積みで、さらには複雑に絡み合っています。
先ほどもあげましたが、
不動産バブル
シャドーバンキング問題
異常な債務残高
不良債権額の急増
新シルクロード構想の行き詰まり
過剰生産
ゾンビ企業
外貨準備高の急減
人口減少
etc…
これらの一つでも崩れようものならば、連鎖的に大きなショックが起きることは容易に想像できますよね。
しかも今は、リーマンショック時のように、経済が落ち込んでしまった場合に引っ張ってくれる国も見当たりません。
アメリカは好調ですが、トランプ政権の下、保護主義体制で助けてくれることは考え難いです。
つまり、、、誰も助けてくれないのです。。。
一人一人がこのことに対し危機感を持ち、いざという時のために準備しておくことが非常に重要なのです。
今、然るべき時のために備えておく、そのタイミングに来ているのだと思います。
「マネーショート」という映画をご存知でしょうか?
簡単にお伝えすると、
リーマンショック前に市場の異変に気付き、いち早く暴落に備え、結果として世界中が危機に陥った時に大勝利を納めた人々の映画です。
サブプライムローンの仕組みやその当時の市場の様子がよく分かりますので、勉強のためにぜひ見て頂きたいと思います。
さて、この「マネーショート」。異変に気付きいち早く行動した人たちはどんな人達だったのでしょうか?
暴落前、多勢が好景気に湧く中、市場の実態を調査し、その状態を「異常である」と判断でき、そこをチャンスと捉え行動できた人々です。
暴落するまでの間、周りから揶揄されましたが、結果としてリーマンショック時、世間がその状態に呆然としている間、彼らは大勝利を納めたのです。
そこでブラットピット演じる伝説のトレーダーが「喜ぶんじゃない。自分たちの勝利の背景には、多くの人の敗北があるんだ」と言って注意していたのが渋かったです(笑)
確かにそうですよね。。本当にそう思います。
ただ、ここで言えることは、いち早く状況を調査して理解し、行動した。
と言うことが肝なのです。
ぜひあなたも、中国経済について、今どのような状況なのか?深く理解して頂き、さらには行動をして頂きたいと思います。
今回「中国経済解体新書」ということで、中国経済について約一時間の講義を用意いたしました。
内容は下記の通りです。
第1章 中国GDPの謎
第2章 中国経済が抱える様々な問題点
第3章 中国最大のリスクとは?
第4章 今後の対策について
中国経済についていくつもの本や論文が出ていますが、フラットな目線でお届けしております。
ご受講頂いた方からは
H.Y.様 ★★★★★
お蔭をいただきチャイナリスクに関して、広域に、詳細に、理解することができました。ありがとうございました!
N.K.様 ★★★★★
大変わかりやすく中国の現状が理解できました。分散投資の大切さがわかりました。
Y.H.様 ★★★★★
中国はリスクが高い国だけだとこれまで思い、今でもそれは重要視するべきとは思います。
T.K.様 ★★★★★
中国経済をよく分析されていると思います。一度だけでなく、何度か視聴し見直せたらと思います。
S.D.様 ★★★★
実データを元に分かりやすく解説いただいて、とても参考になりました。特に、人口の倍以上の戸数が既に供給されているというデータは、初耳で大変インパクトがある貴重な情報でした。ご案内いただいた案件はすべて把握してますので、また新たな案件があればご相談させてください。今後ともよろしくお願いいたします。
Y.O.様 ★★★★
大変勉強になりましたした。海外投資は出口も考えて取り組みをしたいと思います。
K.N.様 ★★★
中国経済の今後を考えた時のリスクについて、裏側にある根深さを気付かせていただきました。少し難しい点もありましたので、時間を見て再度視聴し直して理解を深めたいと思いました。
M.K.様 ★★★★
中国の情勢に関して、多方面からまとめての情報を得られたのがよかった。色んなことを聞きかじっていたのが繋がったようで、納得がいきました。
Y.K.様 ★★★★★
なかなか日本に住んでいては知ることがない事ばかりで中国に対する経済の危うさを知ることが出来ました。私も投資する上でチャイナリスクをしっかり考えて行きたいと思います。ありがとうございました。
といったご感想を頂いております。
ぜひ下記より学んで頂き、今後の投資活動にお役立てください。
お名前
メールアドレス
※携帯電話のメールは届かない場合がありますので、
 PCのメールアドレスをご登録お願いします。
GIA通信への登録
希望する
弊社からのご案内をお送りします(購読無料)
(チェックを外された場合はGIA通信読者様特典が受けれず980円になります。)
特定商取引法に基づく表記
【動画配信について】
収録時間 約60分
お支払い後すぐに、メールにてお送りさせていただきます。
私たちグローバル インベストメント アカデミーは、
海外不動産販売実績2,000件以上、海外口座開設サポート500件以上、
セミナー参加者様、延べ10,000人以上、メルマガ会員30,000人以上の
日本人への海外投資案件実績最大級の日本国外に拠点を持つ企業です。
会社概要
お問い合わせ
所在地
Rm. 501A, Ocean Centre, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong
事業内容
資産運用コンサルティング、出版事業、投資教育関連事業
TEL/FAX
+852-2380-9234 (+852-2324-5545)
E-MAIL
info@academy-global-investment.com
WEB
http://academy-global-investment.com/
–>
海外投資の知恵袋
プライバシーポリシー
特定商取引法に基づく表記
Copyright © GLOBAL INVESTMENT ACADEMY All rights reserved.
中国経済解体新書
中国の経済成長がすごいといいますが中国全土にあった富を、都市部に集中させ、資産運用したからですか?農村や田舎では数十年前と変わらないか、むしろ悪くなっているように見えます
カテゴリマスター多分それは全くそういうことですよ資産運用してその成果を、都市部にばらまき、それをまた運用して、ってことですね
中国の経済力が米国を抜いた時、尖閣と沖縄は中国の領土となり、日本経済は中国に飲み込まれますか?個人的には反日沖縄など中国の自治区になり、沖縄人は痛い目を見ればいいと思うが。
中国はもう終わって残された借金は3700兆円~、日本の国会予算の20~40年分の借金があります。今上海のホテルや観光ショップ、工場はガラカラになっていってます。中国は自殺者、数100万人とかになり内乱を防ぐためやむを得ず、外国と戦争を起こす可能性があります。
中国の経済上の資本主義化は、膨大な開発エネルギーを生じています。工業化が列国の最後に回って来たこと、短期間に世界の工場とまで言われるようになったことを考えると、その開発がどれだけ急速で、広域であったかは推測するまでも有りません。今後も一帯一路の政策の元に自然破壊にも繋がる開発が急ピッチで、西と南に伸びつつ有ります。中国の政府に、地球環境への自国の影響に関する意識は有ると思われますか?現在の地球温暖化と気象異常の多くの部分の責任を中国は負っていると思うのです。
中国政府の負う第一の責任とは、中国人民の生命と財産を守ることです。一帯一路による中国主導の開発により周辺国に環境破壊が起これば、その責任は、中国ではなく、その周辺国自身にあります。自国の国民と領土を守るのはその国自身の責任です。中国に課されるものではありません。
中国が経済発展したのは一体何故でしょうか。
カテゴリマスター共産主義でも、貧乏が嫌だったからだと思います。今は、中国は多少お金持ちになりましたけど、まだまだです。旅行に行くと、北京でもやはりまだ日本より貧乏かもと思います。20年前よりは、良くなったことは事実です。韓国や台湾は貧乏だとは感じないので、中国もそれぐらい発展できれば、良いんじゃないでしょうか。香港は逆に、何となく日本の方が少し貧しいかも?状態になります。
中国経済と中国サッカーの成長率はどちらの方が良いですか?(笑)数十年前の中国サッカーは、人口や経済成長などの潜在性を見込まれ「将来、強大な強豪国になる。」と予想されていたみたいですが、蓋を開けてみるとアジア人という括りからは抜けられず今だにアジアの弱小国という地位に留まっています。一方の中国経済も数十年前は、潜在性を見込まれ「世界の経済大国」になるとまで言われていましたが蓋を開けてみると市場の限界値が思いの他に低く経済成長に悩み失速してきています。
経済ですねサッカーは少林サッカー止まりですわな。
おすすめの情報