ファンド・不動産・その他

世界7カ国10都市・優良投資案件探訪2015年最新『海外投資』戦略セミナー

世界7カ国10都市・優良投資案件探訪2015年最新『海外投資』戦略セミナー



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

世界7カ国10都市・優良投資案件探訪 2015年最新『海外投資』戦略セミナー

■商品詳細:

最新の世界情勢を海外投資の第一人者から聞き
海外投資をする上で外せない黄金律を学ぶ。
更にはそれぞれの資産規模に応じたこの時点での
最適な投資手法と戦略を魅力的な案件とともに一気にご紹介しております。

■商品内容:

世界7カ国10都市・優良投資案件探訪 2015年最新『海外投資』戦略セミナー動画(約3時間)

■ジャンル:

ファンド・不動産・その他

■販売価格:

3800円

■販売者名:

Global Investment Academy
★ファンド・不動産・その他☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

世界7カ国10都市・優良投資案件探訪 2015年最新『海外投資』戦略セミナー
世界7カ国10都市・優良投資案件探訪 2015年最新『海外投資』戦略セミナー|Global Investment Academy
海外資産の申告
最近チャンスを見出している新しい投資
日本国内にも様々なチャンスがある
最近の世界情勢から考えること
何のための海外投資か?
世界的な金余りから起こる次の流れ
海外投資のメリット
海外投資のリスク
海外投資のリスクマネジメント
海外投資のポートフォリオ
海外投資の基本エリア戦略
グローバルとしての海外戦略
海外投資の難しさ・リスク
グローバルの強さ
海外投資はもう遅い!?
2015年海外投資戦略
2015年注目エリア
資産別お勧め投資プランA
資産別お勧め投資プランB
資産別お勧め投資プランC
資産別お勧め投資プランD
こんにちは。Global Investment Academyの両角です。
皆さんは、世界三大投資家と呼ばれ、
さらには、バイクで2度世界一周をした『ジム・ロジャーズ』という
冒険投資家の事をご存知でしょうか?
5年以上前の話になりますが、彼の世界一周をした時の冒険記録である
『冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行』を読み、
非常に興奮し、彼のようになりたい・・・と憧れの念をいだきました。
彼は私が欲している全てを持っているのです。
・投資で大成功を収めて世界の大投資家と呼ばれるまで至った『資金力』
・その資金力を背景に世界一周ができる『時間的余裕』
・世界一周をしながら、未知の経験を幾重にも体験する『濃厚な人生』
とにかく彼は自由なのです。
成功し、限りある時間の中で人生を最大限に楽しむ力を持っているのです。
憧れをいただきながらも、彼の足元にも及びませんが、、、
日々「自由」を得るために様々な努力を私もしております。
ところで、ジム・ロジャーズ氏の書籍をお読みの方はご存知かと思いますが、
彼はただ単に世界一周をしたわけでありません。彼は『投資家』なのです。
世界一周をしながら、『現地』に入り込み、『徹底した現場主義』を貫き、
現地での情報にもとづいて、投資判断を下しています。
『徹底した現場主義』・・・この考え方も私の心を打ちました。
様々なニュースに惑わされるのではなく、実際に現地に行き、
自分で『肌』で感じた情報を便りに、投資判断を下していく。
現場こそ真実なのです。
ジム・ロジャーズは、若い内に成功を収め、資金的余裕があったため、
このような『現場主義』を貫く事が出来ました。
しかし、私も含めて多くの方は、この現場主義の大切さを
分かっていたとしても、実際に現地に赴く事は難しいです。。
日々の仕事もあります。
奥さんを説得して、投資視察に赴くのも一苦労です(笑)
でかけたとしても、収穫がないという事も十分にあるでしょう・・・
そこで・・・というわけではありませんが、
世界を周る時間がない『あなた』に代わって、あなたの『目』となるべく、
我々Globalグループが、海外投資の第一人者として、
世界7カ国10都市の最新情報を収集し、
『2015年の最新投資戦略』をお伝えする事にいたしました!!
私個人の力では、なかなか世界各地を周る事はできませんが、
Globalグループのチェアマンであるチャーリーをはじめ、
組織で情報を集め、コンテンツ化し、
皆様に分かりやすい形で『現地最新情報』をお伝えする用意ができました!!
なお、私両角がまだ行った事ない街は、カナダ・バンクーバーを残すのみ・・・
7カ国10都市・・・
それぞれ、2015年の今、『投資のチャンス』が訪れてる都市を選び、
皆さんにその投資のチャンスの内容と最新投資手法をお届けいたします!
それぞれの都市に、『投資のチャンス』が存在するという事は、
当然、それぞれの都市に、未来に向けて『成長するエンジン』があるという事です。
そしてその成長するエンジンを活かして、
皆さんの資産形成にも『良い未来』を描いて頂き、
『経済的な自由』を得て、人生を謳歌して頂ければと思います!
なお冒頭にも書きましたが、
投資の選択肢はバラエティ豊かで、数万円程度から参加できる案件もございます!
お気軽にご参加ください^^
そして・・・
ジム・ロジャーズの『世界紀行』までとはいきませんが、
世界7カ国10都市の現地の、最新の、バラエティに飛んだ、
異国の情報を聞ける3時間!
一緒に3時間の世界投資紀行に旅立ちませんか??
今から皆さんが動画を見てワクワクした顔になる事を楽しみにしております^^
料金と海外投資のプロフェッショナルである講師陣は、以下の通りです^^
34歳で会社倒産、自己破産を経験。その後、資産0から再スタートし、独自の海外投資手法により、わずか5年で10億円の資産を築き上げる。類稀なるマーケティング能力を発揮し、不動産投資、物販、メイド育成事業等、多くのビジネスを生み続けている。
グローバルグループの中で「お金の教育」部門を受け持ち、海外投資の魅力を伝える活動をする一方、海外投資の真の学びの実践の場として、本物の海外投資家を育成する「Clubチャーリー」を立ち上げ、これまでに約1,500名がこの門を叩く。
1,000人以上の人の資産コンサルを行ってきたお金のプロ、ファイナンシャルプランナー。2015年になって既に足を運んだ場所はセブ、マニラ、マカオ、ジュハイ、香港、ジョホールバル、シンガポール、バンコク、アユタヤと多岐に渡る。
ダウンロード版:2ページ、動画・音声約180分→ご注文後、入金が確定しましたら購入者マイページから商品をダウンロードしてください。※お支払いはクレジットカード払いのみとなっております。
※お支払いはPayPal決済にてお願い致します。
※費用のお支払い情報はお申込しみ後、自動返信メールにてご案内いたします。
【投資に係るリスクおよび手数料について】
当商品は、講師と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
海外不動産取引は為替変動リスクやマーケットリスク、(プレビルドの場合) 物件が完成しないリスク、
空室リスクなどを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。
海外不動産取引には取引業者の売買手数料がかかります。
昨今のルーブル暴落の際、
「あれだけルーブルが落ちたら、今仕込めばチャンスでは?」
と思った人も少なくないでしょう。。。
原油価格が戻ると同時にルーブルも価格を戻すと予想される中、、、
安値水準のルーブルを買いつつ、
それを更に『年利12%』でルーブルを増やす
まさに『今が旬』のルーブル暴落を最大限に活かすおすすめの手法!
メルマガ講座でもご紹介しましたが、中国マネーが大量に流れる
カンボジア・プノンペンの成長を活かす期待の新不動産案件!
想定賃貸利回りネットで14%!+キャピタル・ゲイン狙い!
東南アジアの成長を資産形成に活かしたい人にはうってつけ!
詐欺案件が増えているカンボジアの中で、
真に成長する正しい不動産投資を探ります!
世界で最も日本人が住みやすいと感じるほど
日本文化が浸透したタイ・バンコク。
ただ、その中心地ではついに億ションが出現するほど不動産価格が高騰し、
不動産利回りは数パーセントと、
今から不動産投資をすると確実にヤケドをする・・・・
しかし、、、このバンコクの、
さらに絶好のロケーションに年利7%程度をはじき出す
お宝不動産があると知ったら、あなたはどうしますか?
【投資に係るリスクおよび手数料について】
当商品は、講師と同じような利益が出ることを保証するものではありません。
海外不動産取引は為替変動リスクやマーケットリスク、(プレビルドの場合) 物件が完成しないリスク、
空室リスクなどを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。
海外不動産取引には取引業者の売買手数料がかかります。
<セミナーに関するお問合わせ>
お問い合わせはこちら
特定商取引法に基づく表記
Copyright© Global Investment Academy. All Rights Reserved.
世界7カ国10都市・優良投資案件探訪 2015年最新『海外投資』戦略セミナー
トランプ不況でも韓国は経済成長する?ジム・ロジャーズ"韓国は北朝鮮開放時に世界経済低迷の打撃が少ないだろう????"???????????????????"(朝鮮日報2018.07.02)2日、ジム・ロジャーズはソウル汝矣島(ヨイド)のコンラッドホテルで開催された懇談会で「スイスで成長し外部の世界を知っている金正恩は明らかに開放を望んでいる」と述べた。この日の懇談会は、サムスン証券主催の顧客企業のための講演会前に記者を対象に行われた。彼は北朝鮮が開放を熱望しているものと分析している。ロジャースは「中国経由のDVDなどを介して10年以上の海外の文化が北朝鮮に流れ込み、北朝鮮の住民が外の世界がどうなるかを知っている」とし「北朝鮮の住民たちも、現在の生活のまま暮らしたくはない」と説明した。続いて「中国の改革開放による変化が朝鮮半島でも起これば、韓国が最大の恩恵を受けるだろう」と予想した。特に「東ドイツが西ドイツに統一されたときには(東独)周辺に豊かな国がなかったが北朝鮮は、投資する余力が十分ある韓国とロシアのような隣国がある」とし「北朝鮮は外部条件が許せば早く開放したいはず」と強調した。ロジャースは「韓国は今後10?20年間で世界で最もエキサイティングな(exciting)国家になる」とし「世界が今後数年以内に困難を経験することになるだろうが、韓国は北朝鮮の開放と北朝鮮の経済発展に応じてあまり影響を受けないと思う」と語った。米中貿易戦争が激化している状況について、彼は「貿易戦争は誰の得にもならない」とし「ドナルド・トランプ米大統領は歴史をよく知らないようで、貿易戦争について間違っていると思う。残念で心配だ」と懸念した。それと共に「世界の株式市場が低迷することになり、経済的な困難に襲われて、いまより貿易戦争がさらに厳しくなることになる」と述べた。———北朝鮮が経済開放しても国民の移動が自由にならない限り中国様の一人勝ちなのでは?
まず大前提として、キタの完全核廃絶まで、何年かかるか判りません。それまで米国は制裁解除はしないとしています。「中国の改革開放による変化が朝鮮半島でも起これば」これが難しい。人民中国のように改革開放すれば、「西側」からモノと人と共に、確実に情報が流れ込みます。情報が流れ込んで人民が真実を知れば、かならずや残酷な金王朝打倒に立ち上がります。それを恐れているからこそ、金王朝は過酷な統制を続けています。江戸幕府も開港から15年で崩壊しました。今はもっと早いでしょう。キタは韓国その他から経済支援だけを受け続け、開放はしないと予想しています。また米中の経済戦争はいよいよ本格化します。これはなにもトランプの思いつき、身勝手ではありません。共和党右派政権の背後にいる、ヘリテージ財団や国際戦略問題研究所、ハドソン研究所などの提言に基づく、予定のシナリオでしょう。多少はアメリカが経済的に傷ついても、貿易戦争で「共産圏」を押しつぶす方が犠牲も遥かに少ないのです。人民中国のバブル景気、何十超ドルともされる国家&企業の負債をいっきに崩壊させるために、経済成長の息の根を止めようとしているようにみられます。米国は「本気」です。自分たちの地位を脅かすもの、西欧キリスト教文明の作り上げた世界秩序をふみにじるものを、トランプ政権は許さないでしょう。それが彼の熱心な支持者たる、米国福音派の意志でもあるはずです。貿易戦争は経済政策としては間違っていても、代理戦争としては「正しい」し、勝算があるのでしょう。だからしかけている。貿易戦争の司令官は、マティス長官ではなくピーター・ナヴァロ教授でしょう。貿易性向の少ない日本も、やはり被害を受ける者の耐えられます。しかしGDPの半分が貿易と言う大韓民国は、米中貿易戦争の最大の被害者となる可能性が高そうです。ジム・ロジャーズは投資家です。投資家が言うことは、「反対」に聞いておく方がいいでしょう。A株が下がる!と煽って本当に下がった時に、ゴッソリ買い占めます。B株が上がる!と煽っておいて、上がったところで大量放出します。世間を騙して裏をかき、ごっそり儲けるのが投資家です。
ジム・ロジャーズは、「株価は3月8日から10日にかけて大暴落する」と言っていますが、本当に大暴落しますか?昨年末~2月中旬までの下げで十分暴落してのではないですか?http://www.mag2.com/p/money/7403/5また、「この予測は、株価のチャートのテクニカルな分析によって導かれた」とあります。株価のチャートのテクニカルな分析の根拠はどこにありますか?補足今年、2016年の話ですので、念のため。
カテゴリマスター外人さんは、時々、変な予想を流布します。ロジャーズさん、聞いたことのありそうな有名人らしいですが、一切、無視することです。3月10日、11日と言えば、ECBの金融理事会が開催され、金融緩和を決定する。結果が発表されるのは11日です。恐らく金融緩和が決定されるでしょう。今回は反対派のドイツが参加していないので間違いなく緩和されると思います。これが緩和でなかった場合は、市場は大変、驚きます。株価は大暴落するかも知れませんね。私はそうなるとは、考えていません。私が考えているチャートによれば、明日からこの時期までは、上昇すると思います。変なロジャーズ・チャートとは、一体、どんなチャートでしょうか?
ジムロジャースってどんな人?冒険投資家って、聞きますが、そんなに冒険するの?
冒険投資家ジム・ロジャーズ世界バイク紀行ジョージ・ソロスと二人でクォンタム・ファンドを立ちあげたウォール街の伝説の投資家が、バイクで世界六大陸を旅する大冒険!投資のチャンスはどこにあるのか。中国、ロシアからアフリカ、オーストラリア、中南米まで、世界各国を走りながら、鋭い視点と洞察力で分析する。著者略歴(「BOOK著者紹介情報」より)ロジャーズジム1942年生まれ。イェール大学卒業後、オックスフォード大学ベリオル・カレッジ修了。米陸軍に従事した後、ウォール街で働く。ジョージ・ソロスと共同で国際投資会社クォンタム・ファンドを設立。10年で4000%を超える驚異的なリターンを実現(同時期のS&P500株価指数は50%)し、天才投資家としてその名を轟かせた。37歳で引退し、世界中を旅して回る
3月10日暴落説が叫ばれていますが!だいたい前もって言われている事で起こった試が無い!あったとしても一寸下がった程度で暴落と呼べるものじゃない!逆に買われて大きく値上がりする時の合図であったりするんじゃないでしょうか?詳しい方ベテランの方コメントお願いします。補足3月10日に絶対株式市場は暴落しませんね!
ジムロジャーズ氏の、日経3月10日暴落説ですね。つまりこうです。「俺は3月10日日本株売るから、皆ショートで追随して来いよ!」という、ジムのポジショントークです。でも、ジムは世界的に有名な金持ちのなので、そのショート玉は結構バカに出来ない?かもしれません。で、皆が付いてきて上手い事日本株が下げてくれれば、今度は良い所でロングを仕込もうという魂胆でしょう。今年冒頭のソロスのドル円暴落説もそうですが、有名人が何か言う場合は、ポジショントークだと思った方が良いでしょう。最初は自分が仕掛けるにしても、その後で皆が安くしてくれたら、美味しい所を他人の金で仕込めるわけですから。買うためにまず売る(安くしたい)って事かも。
ジム・ロジャーズの意見を否定できてしまう三橋貴明さんは天才ですよね?ロジャーズは、日本の財務状態は1、子供を増やすか。2、移民を受け入れるか。3、生活レベルを落とすこといずれかが必要としています。さて、三橋先生は3は明確に否定していますね。さらに公共事業をしてお金を使おうっていうんですから。2も無理でしょうね。韓国・中国大嫌いですから。実際、私も2はいやです。しかし、日本は財務状態をよくしないといけません。ロジャーズの意見を否定できてしまう三橋さんは世界的な評論家になる日も近いですよね。みなさんはどうおもいますか?
まあ、実際のところ、1。はもうかなり厳しいと思います。実際、子供が大人になるまで時間がかかりますし、新人ではなく会社の主力にするにはもっと時間がかかるでしょう。2030年ごろに高齢者の財政負担が増えます。だから、今から少子化対策を行って子どもを増やしても2030年ごろには間に合わないでしょうね。まあ、2050年の方にはぎりぎり間に合うかなとも思いますが・・・・・。ただ、2030年に間に合わないものが2050年に間に合うか、疑問です。2.実際のところ、このままだとオーストラリアのパターンに陥りそうな気がします。オーストラリアは労働人口減少で国が成り立たなくなりそうになっていましたが白豪主義で白人の移民しか受け入れないという姿勢をとっていました。でも、結局、白人は来ず(まあ、当たり前ですね、ヨーロッパから遠いし、移民に対する教育政策その他もしていないなら、アメリカとかイギリスとかあるのにわざわざオーストラリア行きませんよ)東南アジアの方々を受け入れて、今は人口増加の半分が移民です。日本も中国、韓国以外の英語圏やフランス語圏の人はあまり来てませんし、軽く出稼ぎではなく本格的に定期的に日本で働いてくれる人はなかなか難しいですね。やはり、言語の差でアメリカやイギリス、オーストラリア等に取られてしまっています。個人的には子供を育てるのにも費用がかかるし、外国人の移民に対する日本語教育の補助などを行った方がよいと思いますけどね。3.これはなかなかできませんね。資本主義の世の中ですし。オーストラリアのような差別主義の国ですら受け入れしたんですから日本も受け入れか子供を増やすかでしょう。
おすすめの情報