ツール・その他

診断ジェネレータ作成プラグインPRO

診断ジェネレータ作成プラグインPRO



↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

商材詳細

■商品名:

診断ジェネレータ作成プラグインPRO

■商品詳細:

WordPressで診断サイト(診断ページ、占いページ、クイズ)を作成できるプラグインです。
ショートコードを張り付ければ、好きな場所に診断フォームを表示することができます。

■商品内容:

WordPressプラグイン、マニュアルPDF(3ページ)

■ジャンル:

ツール・その他

■販売価格:

21600円

■販売者名:

新田 鉄平
★ツール・その他☆

↓↓↓販売先ページに移動します。↓↓↓↑↑↑最新情報を確認してから、申し込みできます↑↑↑

診断ジェネレータ作成プラグインPRO
診断ジェネレータ作成プラグインPRO版のご紹介 – WordPressプラグイン販売 –
Home
診断ジェネレータ作成プラグインPROとは?
診断ジェネレータ作成プラグインPROの魅力
商品の詳細情報
特商法の表示
WordPress(ワードプレス)で診断・占いフォームが作成できる–>
診断ジェネレータ作成プラグインPRO
WordPress(ワードプレス)で診断・占いフォームが作成できる
診断コンテンツで競合と差別化が狙えます
診断コンテンツを用意することでSNSで拡散されやすくなります
利用者の診断結果をDBに保存するのでユーザの傾向がわかります
デモサイト
いますぐ購入
診断ジェネレータ作成プラグインPROとは?
WordPressで診断サイト(診断ページ、占いページ、クイズ)を作成できるプラグインです。
ショートコードを張り付ければ、好きな場所に診断フォームを表示することができます。
診断ジェネレータ作成プラグインの実績
通常版PRO版をあわせ、診断ジェネレータ作成プラグインは300サイト以上で利用されている実績があります。
PRO版は、ユーザの診断結果やユーザ詳細の保存、CSV出力、Twitter&Facebookでの共有ボタン機能などがついています。
–>
診断ジェネレータ作成プラグインPROの魅力
–>
ブランディング
診断フォームは、コンテンツとして魅力的です。
ユーザにマッチする内容であれば、SNSに拡散されやすく、アクセスアップが望めます。
診断フォームは複数設置できるので、専門性のあるフォームを作成していけば、ユーザや検索エンジンの評価も高まることでしょう。
導入の3ステップ
短縮URLプラグインは、
WordPressサイトにアップロード
インストール(有効化)
ショートコード埋込
以上の3ステップで簡単に導入できますので、HTMLやPHPなどの知識は必要ありません。
WordPressの基本操作ができる方であれば、問題なく使用できます。
細かい設定
2種類の方法で診断ができます。名前で自動判断する「名前式」と、クイズ形式で点数から判断する「設問式」です。
診断フォーム専用のテーマ機能があり、フォームの表示を変えることができます。オリジナルのテーマも作成できます。
診断フォームを利用できるユーザを制限できるので、会員制サイトにも有効です。
商品の詳細情報
商品名診断ジェネレータ作成プラグインPRO
バージョン1.3.01
動作環境WordPress3.2以上、PHP5.2.4以上、MySQL5.0以上、jQuery1.7以上が動作すること
支払い方法銀行振込、クレジットカード
販売価格21,600円 (税込)
販売内容
ダウンロード販売のみ。WordPressプラグイン、マニュアルPDF(3ページ)
購入する
ご注文後、WordPressプラグイン、マニュアルPDF(4ページ)を格納した圧縮ファイルをマイページよりダウンロードしてください。
特定商取引に関する法律に基づく表示
販売者名
サイト
診断ジェネレータ作成プラグインPRO販売サイト
所在地
電話番号
お問合せ
商品の名称
WordPressプラグイン・診断ジェネレータ作成プラグインPRO
販売価格
21,600円 (税込)
支払い方法
クレジットカード、銀行振込
支払い期限
クレジットカード決済 : 各クレジットカード会社の規約に基づく銀行振込 : お申込み後14日以内
引き渡し時期
ダウンロード版の場合 : 代金決済完了後、14日以内にinfotopユーザーマイページよりダウンロード。
返品・交換について
注文確定後は原則として返品・交換できません
返金
商品が提供されず決済のみ発生している場合は承ります。返金の際は、上記お問合せのメールアドレスでご連絡ください。お客様都合の途中解約による返金は承っておりません。
表現、及び商品に関する注意書き
本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。必ず動作環境をご確認の上、ご利用ください。
2016 c OLIVESYSTEM. All Rights Reserved.
Back to Top
診断ジェネレータ作成プラグインPRO
ユーザー車検について本日、ユーザー車検に来ました。初めてなもんで要領が分からず、印紙を買うのもウロウロしてしまいました。そんなこんなで、用紙も購入し記入も終えて受付に並んだのですが、「点検整備記録簿」を白紙で提出すると、前検ですね?と聞かれました。何ですかそれは?と聞くと、後で点検するんですよね?って言われたので、とりあえず「はい」と答えると「前検」のスタンプを押してもらい、手続き完了で今検査待ちの列に並んでますが、この「点検」は車検後、何処で受けたらいいのですか?教えて下さいm(__)m
ユーザー車検とは何か?から説明しますね昔は車検は整備工場がやるのが当たり前で、整備と検査がセットでした整備工場で24ヶ月法定点検をして、24ヶ月ごとの定期交換部品を交換しないと車検が出来ませんでした、ですので結構費用が掛かったのですその後、国の方針で、整備工場任せじゃなくユーザー自ら、点検や整備を自主的にやるような方向へ変わりましたそして、車検は必ず整備と同時にやらなくても良い決まりになりユーザー車検という物が出来ました前整備、後整備は、車検の前に整備をやるか、後に整備をやるかですここで勘違いしてほしくないのですが車なんてオイル交換だけしてい居れば故障しない整備なんかお金の無駄と勘違いして、ユーザー車検で通せば、後はほとんど整備をしないで乗り回している人がいます乗用車は毎年点検整備をすることが義務付けられていますし、適正な整備をしないと、故障したり、車の寿命が縮みますそこで、自分で工具などを買って、車の知識を付けて整備をするこれもちゃんとした整備なので、出来る人はそれをやれば良い工具や知識、やる場所も無い人は、整備工場へ持って行ってやってもらえば良いそういう事ですユーザー車検なんて適当に記録簿書いておけばOKなどという、意見や、知恵袋での回答が有りますが、あなたの車が故障して事故になっても誰も責任を取ってくれません自分の車をどう使うかは自分自身でよく考えて下さい
クラウンユーザーの若返りをするのに必要な事は何なのでしょうか?ユーザーの平均年齢が60代を超えているようです。若々しいデザインにすれば良いのでしょうか?セダンとミニバンどちらかを選択するとしたらミニバンを選ぶのでしょうか?アルファードとヴェルファイアを選ぶユーザーが多いのでしょうか?
クラウンユーザーの高齢層は、買い替えでダウンサイジング傾向にあると思います。IT長者などの若年リッチ層はレクサスか外国車を買うと思います。ではnewクラウンは?中国市場を意識したデザインとここの書き込みなどで見ました。正直ガッカリですね(差別はいけませんが)市場規模を優先し、あちら好みにデザインされたクラウンはクラウンと言えるのか?トヨタを含め日本の企業は世界規模になっています。日本発祥でも、日本市場のマーケットに力を入れないのが近年の傾向ですね。今の若い世代(20~30代前半)のかっこいいと感じる車はフェラーリではなくプリウスのような環境に優しい車です。この書き込み後、わたしはトヨタ株主の意見を検索してみようと思います。
ユーザー名とパスワード・・・パソコンを使っていてソフトを立ち上げたりするとき必ずアカウントの制御「続行するには管理者のユーザー名とパスワードを入力してください」が表示されます例えば「GlaryUtilities」とかですが入力すれば問題はありませんがめんどくさいのでこの表示をなくすにはどうしたらよろしいでしょうか教えてくださいよろしくお願いします
カテゴリマスターコントロールパネル→ユーザーアカウント→ユーザーアカウントの制御設定の変更のレベルを一番下まで下げれば出ませんと思ったけどユーザーは管理者権限持ってますか?そもそもそのソフトはパソコンにインストールされているものですか?サーバーとかに保存されているものですか?
ユーザー車検について質問です。継続でのユーザー車検は何度か経験あるんですが、今回新規で受けることになりました。新規でユーザー車検を受ける場合、継続車検で受ける場合との違いはあるのでしょうか?また必要な書類は抹消書類以外になどあるのでしょうか?よろしくお願い致します補足すいません、誤字でした。抹消書類以外にあるのでしょうか?の間違いです
必要書類抹消の車検証、譲渡証(あなた名義で一時抹消していない場合です。)あなたが用意する印鑑証明、実印、車庫証明。陸運局で用意できる重量税納付書、自賠責保険、検査記録票、手数料納付書、自動車税申告書、OCRマークシート、これらは陸運局で購入できます。実質OCRマークシートの25円であとは貰えます。自賠責保険は加入ですので、当然別ですよ笑。継続と同じようにコースを通すだけですが、前に新規コースに行き、寸法等を計測する場合があります。その辺は管轄陸運局で微妙に異なります。検査が終わったら登録手続きにすすみますが、継続と違って、車検更新の提出窓口ではなく、書類登録窓口に提出しその後交付になります。交付されたら、税事務所にて自動車税申告書を交付された車検証と一緒に提出し、ナンバー発行書が貰えるので、車検証と一緒に提出し、ナンバーを購入し取り付け、封印してもらい、車検証をもらって終わりです。
ユーザー車検派ですか?もうかれこれ7回目のユーザー車検ですが年々チェックが厳しくなっているように思えました。今日、朝一番に行ってきましたが、せいぜい20分で終了と思ったのですが実際は1時間掛かりました。時間が掛かったのは「エンジン(原動機)型式番号」の確認でした。最近のは簡単に見ることが出来ず、エンジンフードやらエアフィルターホースやらあちこち外して(自分で)やっと見つけることが出来ましたが、なんとシリンダーブロック下壁面に打刻がありました(赤で囲んだ部分)。過去6回目ではこの打刻番号などチェックしてなかったように思えましたが、変わったのでしょうかね?情報共有化になるかどうかは???ですがご参考になれば幸いです。
私も名古屋の陸運局にはよく行きました。当時は嫁のも合わせると車3台、バイク3台ありましたからディーラーに車検を依頼するとけっこう馬鹿にならない出費ですからあの車検レーンを通過する前に検査員がボンネットを開けてエンジンルームをのぞき込みますね。検査員によっては金属プレートの型式番号票だけを見て判断してる人もいたようです。最近のエンジンルームは「エンジンカバー」などが大袈裟に飾り付けされていてクランクケースまでのぞき込むなんて不可能に近い構造になってきました。たぶん?認識が困難になってきて不正にエンジンを乗せ換える輩もいることから検査も厳しくなったのかもしれません?しかし検査そのものはたかが5分~10分程度で済んでしまいますしそのスピードで行わないと数をこなせないのでしょう。現場の検査員にすれば厳格な検査よりも現場での「処理」のほうが優先されるはずでしょうが、クランクケースまでのぞき込まないといけない事情が起きているのでしょうね?
おすすめの情報